Screen Shot 2016-08-07 at 11.35.54

『大柴胡湯』には便秘解消やダイエット効果があるとされていますが、効果・効能に関する口コミやダイエットする際の副作用の危険性などについてまとめました。
会話

『漢方のツムラ』でも取り扱われている『大柴胡湯』にはストレスによる過食を抑制させる効果があると言われていますが、便秘解消などの他の目的で作られた漢方薬によってダイエットをすると深刻な副作用が生じるリスクがあります。

漢方薬の場合には、服用を検討している方の体格症状によって処方される薬を判断していきます。

『大柴胡湯』には脂肪燃焼を促進させるといったダイエット効果が期待できる効能もありますが、体格がガッチリしていて体力のある人向きに作られた漢方薬のため、ダイエットしてほっそりしたカラダを目指したい方には根本的に不向きであると考えられます。

そこで、今回のブログ記事では『大柴胡湯』によるダイエット効果の口コミや副作用について情報をまとめたので、ぜひ今後の服用を検討されている方は参考にして下さい。

『大柴胡湯』の効果・効能

『大柴胡湯』は脂肪燃焼を促進させる効能以外にも、便秘解消や肩こり、疲労感の解消などさまざまな効能が期待できる漢方薬です。
会話

『大柴胡湯』にはカラダの熱を取り除いて、炎症を抑えながら排便を促す効能があります。

他にも血圧の上昇を抑える鎮静効果などいろいろなものがあるので以下にまとめておきます。

<大柴胡湯に期待できる効能一覧>
  • 便秘の解消
  • 脂肪燃焼の促進
  • 肝機能障害の改善
  • 胃炎の緩和
  • 高血圧の改善 など

以上のように、『大柴胡湯』を服用することで主に内臓の調子を改善させる効果が期待できますが、『大柴胡湯』を服用する際に注意していただきたいことは、体格がガッチリしていて体力や胃腸の強さに自信があるといった方のみが対象ということです。

便秘を解消させる漢方薬には『大柴胡湯』以外にも『乙字湯』などもありますが、『乙字湯』もカラダが丈夫で胃腸が強い人でないと副作用ばかりが顕著に現れて効果が期待できないばかりか、肝臓や肺に負担をかけて深刻な疾患をもたらす原因にもなります。

そこで、『大柴胡湯』を服用すべきではない人々の特徴やダイエット目的で『大柴胡湯』を服用する危険性についても解説します。

ダイエット目的で使用する際の副作用の危険性

『大柴胡湯』には脂肪燃焼を促進させる効果があり、『肥満症』を改善する際にも処方されることがあります。
しかし、単純なダイエット目的で使用すると副作用のリスクが有ります。

肥満症というのは特定の疾患に罹患しているわけではなく、体内に体脂肪が大量に蓄積している状態を示します。

肥満症であるかどうかはBMIを測定することで判断されるのですが、日本人女性でダイエットを考えている方々の中には、もともと細いのに さらに痩せたがっているといった方が多いように思います。

このように、カラダが細く虚弱体質気味な方が『大柴胡湯』を服用すると深刻な副作用が生じるリスクが高まります。

体質に合わない漢方薬を服用すると、以下のような副作用に悩まされることになってしまいます。

<漢方薬を服用することによる副作用>
  • 食欲の減退
  • 不眠
  • 高血圧
  • じんましん
  • 発熱
  • 動悸
  • むくみ

以上のような副作用であれば、漢方の服用を中止して数日間体を休めておけばすぐに改善されますが、極稀に深刻な副作用も発症します。

『大柴胡湯』によって生じうる深刻な副作用としては、以下の2つの疾患があると言われています。

<漢方薬による深刻な副作用>
  • 肝炎
  • 間質性肺炎

『大柴胡湯』は強力な漢方薬のため、服用すると肝臓に大きな負担をかけるようになります。

『大柴胡湯』が体質に合わない場合には、肝臓の負担が増大して肝炎を引き起こすことがあります。

また、肺に供給される空気をフィルターによって清浄化する機能のある間質組織という部分にも悪影響があり、間質組織が正常に機能しなくなってしまうと肺の中に直接病原菌が入り込むことでがでたり、肺が硬化してしまい呼吸が困難になってしまいます。

ダイエット効果はなくても良いから、副作用の心配をせずに便秘を解消したいと考えている方にはイチジク・コトブキ浣腸がおすすめです。

会話

イチジク浣腸に関する口コミや効果についてはこちらのブログ記事をお読み下さい。

会話

コトブキ浣腸のシリーズ一覧や口コミについてチェックしたい場合にはこちらの記事を参考にして下さい。

『大柴胡湯の≪口コミ&副作用≫ダイエットに効果あり?』の最後に

『大柴胡湯』には脂肪燃焼を促進させる効能がありますが、服用する方は体格がしっかりしていて移調の強い方に限られます。
会話

漢方薬では、体質や症状の状況に応じて同じ便秘などの症状であっても処方される薬が大きく変わります。

そのため、『大柴胡湯』などの漢方薬の服用を検討される場合には、必ず病院で医師からの判断を仰ぐようにして下さい。

漢方薬は自己判断で使用する際には大きな危険性が伴いますが、オンラインショッピングストアやドラッグストアなどで誰でも簡単に購入することができます。

そのため、自己判断で使用しても良いだろうと考えてしまう方も多いですが、漢方薬に対して専門的な知識を持っている方に相談してから服用することが安全に使う上では大切です。

会話

漢方薬による体質改善についてはコチラのブログ記事で詳しく解説しています。