Screen Shot 2016-08-07 at 10.53.14

『新ビオフェルミンS錠』を服用することで期待できる効果や
妊婦さんや授乳中の女性が気になる副作用などの危険性について調べてまとめてみました。
会話

『新ビオフェルミンS錠』は

家庭の常備薬として有名で、

 

日頃から継続的に

服用することで腸内環境を整えたり、

 

便秘や下痢などの腸の不調を

予防・改善する効果が期待できます。

『新ビオフェルミンS錠』は整腸作用のある

多種多様な善玉菌が配合されて錠剤化されたものです。

 

善玉菌によって腸内環境を整えることの重要性について

『ヘルスケア大学』の公式ホームページでも以下のように書かれています。

腸内に存在し、健康な体を保つために役立っている善玉菌。腸内には善玉菌のほかに、体に悪い影響を与える悪玉菌も存在しており、善玉菌よりも悪玉菌の方が多くなると、便秘やさまざまな病気が引き起こされます。腸内環境を整えて健康を保つために、善玉菌を増やすことが大切です。

出典:腸を健康にする善玉菌の増やし方 | ヘルスケア大学
引用元URL:http://www.skincare-univ.com/article/007469/

ただ、このブログ記事をご覧になられているということは、

『新ビオフェルミンS錠』を実際に使った方々の

生の口コミや副作用について求められていると思います。

 

そこで、今回は『新ビオフェルミンS錠』の

公式販売ページで掲載されている情報を元にしながら、

便秘解消の効果副作用の症状などについてご紹介していきます。

『新ビオフェルミンS錠』の効能

『新ビオフェルミンS錠』を日頃から継続的に服用することで、
便秘解消以外にもストレス・不安感の抑制などの効能も期待することができます。
会話

『新ビオフェルミンS錠』は

善玉菌によって成長することで、

 

薬剤による対症療法ではなく

腸内環境を根本的に改善することで、

便秘を解消・予防していく仕組みになっています。

そして、配合されている成分便秘解消の仕組みによって

便秘解消以外の効果が期待できたり、できなかったりします。

 

『新ビオフェルミンS錠』を服用すると、

便秘解消以外にもさまざまな効能が期待できます。

<『新ビオフェルミンS錠』で期待できる効果>
  • 脳腸相関による『不安感やストレスの抑制・解消』
  • 日頃腸内環境を整えることによる『免疫力の向上』

不安感・ストレスの抑制

腸内環境と脳は互いに影響を与え合っている関係性にあり、
腸内環境を整えるだけでも脳の働きが活性化・正常化する効果が期待できます。

仕事や勉強などのさまざまな原因によって脳にストレスがたまると、

その影響が胃腸にまで及んで便秘や下痢になったりします。

 

このように、脳と腸には強い相互作用があることは

『脳腸相関』と呼ばれています。

 

その反対に、腸内環境を整えることによっても

脳のストレスや不安感を軽減することもできると言われています。

 

脳腸相関について詳しい内容については

『ヤクルト中央研究所』でも以下のように書かれています。

脳腸相関とは、生物にとって重要な器官である脳と腸がお互いに密接に影響を及ぼしあうことを示す言葉です。例えば多くの動物では、ストレスを感じるとお腹が痛くなり、便意をもよおします。これは脳が自律神経を介して、腸にストレスの刺激を伝えるからです。逆に、腸に病原菌が感染すると、脳で不安感が増すとの報告があります。

出典:脳腸相関 | ヤクルト中央研究所
引用元URL:http://institute.yakult.co.jp/dictionary/word_3611.php

免疫力の向上

体内に存在している免疫細胞の60パーセント以上は腸内に存在しており、腸内環境を整えるだけでも目年気力の飛躍的な向上が期待できると言われています。

免疫細胞にはさまざまな種類があり、

それぞれの免疫細胞が正常に働くことで

カラダ全体の免疫力を形成するようになっています。

 

そして、免疫細胞を最も効率的に活性化させる方法が

腸内環境を整えることだとも言われています。

 

腸内には体内に存在している

免疫細胞の過半数が集中しているため、

 

腸内環境が整えられるだけでも

数多くの免疫細胞に働きかけることが期待できます。

 

それでは続いて、『新ビオフェルミンS錠』の

整腸作用の仕組みについて解説していきます。

便秘解消効果の仕組み・副作用

『新ビオフェルミンS錠』にはビフィズス菌やフェカリス菌などの善玉菌が豊富に配合されており、腸内環境を効果的に整えられると言われています。
会話

『新ビオフェルミンS錠』には

どういった種類の善玉菌が配合されていて、

 

腸内環境を整える上でどのような働きをするのか

それぞれ詳しくご紹介していこうと思います。

ビフィズス菌

『新ビオフェルミンS錠』に最も配合されている善玉菌の1つが『ビフィズス菌』になります。腸内での殺菌作用による悪玉菌の減少といった効果が期待できます。

乳酸菌は腸内で食物を発酵させながら

善玉菌の栄養素となる乳酸を産出させていって、

 

善玉菌の成長・増殖をサポートすることによって

悪玉菌を間接的に減らしていく効果があると言われています。

 

その一方で、ビフィズス菌は食物を発酵させる過程で、

乳酸に加えて殺菌作用のある酢酸を産出していきます。

 

酢酸の殺菌作用によって悪玉菌を直接的に撃退して、

より効率的に悪玉菌を減らしていくことが期待できます。

 

ビフィズス菌が産出する酢酸の殺菌作用によって

悪玉菌が減少して腸内環境が整えられる効果については、

 

『森永 ビフィズス菌研究所』の

公式ホームページでも以下のように書かれています。

ビフィズス菌は乳酸や酢酸といった有機酸を生成し、悪玉菌の増殖を防いで腸内環境を整えさまざまな生理機能を発揮します。特にビフィズス菌が生成する酢酸には強い殺菌力があり、悪玉菌の繁殖を抑制すると考えられています。

出典:ビフィズス菌の働き | 森永 ビフィズス菌研究所
引用元URL:http://bb536.jp/basic/basic04.html

それでは続いて、『新ビオフェルミンS錠』に配合されている

『フェカリス菌』という種類の乳酸菌の効果についてご紹介します。

フェカリス菌

フェカリス菌はもともと腸内に存在している乳酸菌であり、摂取された後に腸内に定着して長期的に整腸作用を発揮するということが期待されています。

人の腸内にはそれぞれ異なった腸内細菌が住み着いており、

菌の種類や割合は大きく異なっています。

 

そして、その状況によって腸内に求められている乳酸菌や

効果を最大限に発揮できる乳酸菌が変わってきます。

 

そのため、乳酸菌によって整腸効果を得るためには、

人それぞれの『腸内フローラ(腸内細菌叢)』に最適な

乳酸菌を選択的に摂取していくことが大切です。

 

『腸内フローラ(腸内細菌叢)』について分からない方のために、

基本的な情報について簡単に解説しておきます。

 

『光英科学研究所』の公式ホームページでは、

以下のように『腸内フローラ(腸内細菌叢)』について書かれています。

私たちの腸内にはたくさんの細菌がすみついています。これら腸内にすんでいる細菌は、腸内細菌といい、その数は100種類以上、個数は約100兆個にもなります。

特に回腸(かいちょう/小腸の終わり)から大腸にかけては、これら多種多様な腸内細菌が種類ごとにまとまりをつくってびっしりと腸内に壁面を作って生息している状態です。

この様相は、まるで植物が種類ごとに集団を作って群れている花畑の様子ともたとえられ、「腸内フローラ」(腸内細菌叢/ちょうないさいきんそう)と呼ばれています。

出典:腸内フローラとは何か? | 光英科学研究所
引用元URL:http://www.koei-science.com/gut-flora.html

そして、『新ビオフェルミンS錠』に

配合されている『フェカリス菌』は、

 

日本人の『腸内フローラ(腸内細菌叢)』と

相性が良い乳酸菌として注目されています。

 

腸内フローラと相性の良い乳酸菌を継続的に摂取することで、

便秘の解消のみならず大腸がんの予防や免疫力の向上

といった効能も期待できます。

 

『腸内フローラ(腸内細菌叢)』を整えることの重要性についても

『光英科学研究所』の公式ホームページでも以下のように書かれています。

腸内細菌学の研究は、戦後に始まり、未だ途上ですが、がんや糖尿病、うつ病などの医療の分野から、お肌のコンディションなどの美容の分野まで、人々の生活に深くかかわってゆく分野として、今後ますます研究が進められています。

出典:腸内フローラとは何か? | 光英科学研究所
引用元URL:http://www.koei-science.com/gut-flora.html

それでは続いて、『新ビオフェルミンS錠』を服用することによる

副作用や使用上の注意点などについて解説していきます。

副作用などの注意点

『新ビオフェルミンS錠』は善玉菌を脳出させて製剤化したもののため、
5歳児でも服用することができるほど安全性が高いと言われています。

『新ビオフェルミンS錠』は他の便秘薬とは異なって、

腸の健康維持のために每日服用していくことも可能です。

 

妊娠していたり、授乳中の女性ですと、

『新ビオフェルミンS錠』を服用することによる

カラダへの副作用を心配されている方もいらっしゃいますが、

 

『新ビオフェルミンS錠』の公式販売ページでも、

以下のように、安全性は高い基準で満たされていることが書かれています。

新ビオフェルミンSの主成分である乳酸菌は、もともと健康なヒトの腸内にすむ善玉菌を製剤化したものなので、習慣性になることはありません。乳酸菌は、一度摂っても時間が経つと減ることがあるので、定期的に摂りつづけていくことが大切です。

新ビオフェルミンSは、もともと健康なヒトの腸内にすむ乳酸菌を製剤化したものですので妊娠中、授乳中にも服用いただけます。

出典:おくすりQ&A | 新ビオフェルミンS
引用元URL:http://www.biofermin.co.jp/products/biofermin_s/qa/

また、服用する際の注意点としては、

錠剤は水またはぬるま湯によって服用するようにして下さい。

 

あまりにも熱いお湯で服用すると、

『新ビオフェルミンS錠』に配合されている

ビフィズス菌や乳酸菌が死滅してしまう可能性があります。

 

『新ビオフェルミンS錠の<効果や危険な副作用>
妊婦には使える?』の最後に

『新ビオフェルミンS錠』には腸内環境を整えるビフィズス菌やフェカリス菌などの善玉菌が豊富に配合されており、常備薬として活用することもできます。
会話

『新ビオフェルミンS錠』による副作用はなく、

5歳以上であれば每日服用しても問題ありません。

 

服用する際には、水やぬるま湯によって服用すること

といったこと以外には特に注意点もありません。

今回のブログ記事では、『新ビオフェルミンS錠』の

便秘解消効果に関する口コミ、副作用の危険祭などについてまとめました。

 

便秘薬には、対症療法的に便を柔らかくして排便を促すものや

腸内環境を整えて根本的に原因を解決するものがあります。

 

あなたの便秘の状況目的に合わせて、

最適な便秘薬を活用していくようにしましょう。

<参考サイト>

出典:腸を健康にする善玉菌の増やし方 | ヘルスケア大学
引用元URL:http://www.skincare-univ.com/article/007469/

出典:腸内フローラとは何か? | 光英科学研究所
引用元URL:http://www.koei-science.com/gut-flora.html

出典:ビフィズス菌の働き | 森永 ビフィズス菌研究所
引用元URL:http://bb536.jp/basic/basic04.html