Screen Shot 2016-08-07 at 10.46.25

『佐藤製薬』が販売している『サトラックス』の便秘に対する効果の口コミや
妊婦さんやダイエット目的ではNGなのか?といった疑問を解決する情報をまとめました。
会話

『サトラックス』には植物由来の天然成分である

『センノサイドカルシウム』や食物繊維が配合されています。

 

腸内環境を根本的に整える効能から

腸の動きを活性化させる即効性も期待できます。

『センノサイドカルシウム』は

薬用植物センナから抽出されるもので、

 

腸を刺激してぜん動運動を

活性化させる効果が期待できます。

 

薬用植物センナはヨーロッパでは

古来から便秘薬として活用されている成分で、

腸のぜん動運動を活性化させて排便を促す効果が期待できます。

 

『ヘルスケア大学』の公式ホームページ上でも

『ぜん動運動』の便秘解消における有効性について書かれています。

腹筋を使っていきむことで腹圧が上がり、大腸が刺激されます。そうすると蠕動(ぜんどう)運動が促進され、便が腸から肛門へと押し出されます。

また、普段の生活でも、腹筋など腸周りの筋肉を使うことで腸が刺激され、動きが活発になります。

腹筋が衰えると、このメカニズムが機能しなくなってしまい、腸の動きが鈍るため、便秘に繋がるのです。

出典:便秘の原因(2)運動不足  | ヘルスケア大学
引用元URL:http://www.skincare-univ.com/article/001756/

ただ、このブログ記事を読まれているということは、

『サトラックス』を使用した方々からの生の口コミや

 

ダイエットに使用した際の

危険な副作用などの情報を求められていると思います。

 

『サトラックス』に関する口コミや注意すべき副作用については

以下の文章で詳しく解説していきます。

『サトラックス』の便秘解消以外の効果

『サトラックス』には腸の筋収縮で便秘を解消させる効果以外にも、
腸内環境を整えることによってカラダに対するさまざまな効能が期待されています。
会話

腸内環境を整えることができれば、

免疫力の向上やアレルギー症状を緩和する

といったメリットもあると言われていますが、

 

今回は『肌荒れの改善』と『お腹のハリの解消』

という2つのポイントについてご紹介していきます。

『サトラックス』に含まれている

『プレバイオティクス』の働きによって整腸されると、

 

腸内の悪玉菌が減少することで

カラダにさまざまな良い影響があると言われています。

 

肌荒れ・ニキビの改善

善玉菌の成長・増殖が促進されて腸内環境が整えられると、
腸の栄養吸収力が高まって肌の新陳代謝が促されるようになります。

腸内には悪玉菌や善玉菌が存在しており、

それぞれ腸内に存在している栄養素によって増殖していきます。

 

悪玉菌は肌の新陳代謝に必要不可欠な

必須アミノ酸ビタミン群を栄養素として増殖するため、

 

悪玉菌が増えれば増えるほど

肌の新陳代謝が滞って肌荒れの原因になります。

 

必須アミノ酸が美畑を保つために重要であることについては

『スキンケア大学』の公式ホームページ上でも以下のように書かれています。

必須アミノ酸は、イソロイシン、ロイシン、バリン、リジン、スレオニン、トリプトファン、メチオニン、フェニルアラニン、ヒスチジンの9種類。これらは全種類をバランスよく摂取することで、初めて有効にはたらきます。

アミノ酸は、健康面でも必須な栄養素であることはもちろん、美肌面でもとても重要な効果を発揮します。

出典:美容に絶対欠かせない”アミノ酸” | スキンケア大学
引用元URL:http://www.skincare-univ.com/daily/column/002680/

その一方で、善玉菌は肌の新陳代謝に関係のない食物繊維などの

『プレバイオティクス』を栄養源として増えていき、

悪玉菌を減少させる効果が期待できます。

 

『サトラックス』にはプランタゴ・オバタという食物繊維が含まれており、

腸内の善玉菌の成育をサポートすることができます。

 

下腹部膨張感(お腹のハリ)の緩和

下腹部膨張感の原因は腸内にガス溜まりができてしまっていることにあります。少量のガスであればおならとして排出できますが、悪玉菌が大量にガスを発生させるとハリを感じてしまう原因になります。

悪玉菌は腸内に運ばれてきた食物を分解する際に

有毒なガスを発生させます。

 

特に、食物繊維を分解した際に、

大量の有毒ガスを発生させると言われています。

 

『サトラックス』で排便リズムを整えて、

ガスを発生させる原因である悪玉菌を排泄することで

腸内に排出困難なほどガスが溜まる状況を防ぐことができます。

 

『サトラックス』の効能・副作用

『サトラックス』は腸内環境を整えつつ、
腸を刺激してぜん動運動を促すことで便秘を解消させる仕組みになっています。
会話

排便する際には腸に腹圧を掛ける必要がありますが、

腹筋力がない人だと十分に腹圧をかけられない場合があります。

 

こうした場合においても、『サトラックス』を服用すれば

自然と腹筋に力が入って排便ができるようになります。

センノサイドカルシウムの便秘解消効果

会話

『サトラックス』には薬用植物センナから抽出される

『センノサイドカルシウム』という成分が配合されています。

 

この成分には腸に刺激を与えて、

筋収縮を活性化させる効果が期待されています。

若い健常な方であれば運動やストレッチを行って

自然な刺激を腸に与えることができますが、

 

運動などの体を動かすことが難しい

お年寄り・赤ちゃんの場合には、

 

運動不足が便秘の原因だとわかっていても

なかなか対策をすることが難しいと思われます。

 

運動不足が便秘の原因になることについては

『ヘルスケア大学』の公式ホームページ上でも書かれています。

腹筋を使っていきむことで腹圧が上がり、大腸が刺激されます。そうすると蠕動(ぜんどう)運動が促進され、便が腸から肛門へと押し出されます。

また、普段の生活でも、腹筋など腸周りの筋肉を使うことで腸が刺激され、動きが活発になります。

腹筋が衰えると、このメカニズムが機能しなくなってしまい、腸の動きが鈍るため、便秘に繋がるのです。

出典:便秘の原因(2)運動不足 | ヘルスケア大学
引用元URL:http://www.skincare-univ.com/article/001756/

そこで、天然成分『センノサイドカルシウム』を

カラダに取り入れることによって、

 

成分の作用によって腸に刺激を与える

という方法が効果的だと言われています。

 

また、『サトラックス』は錠剤ではなく顆粒タイプのため、

ごく少量からでも服用することができるため、

胃腸に負担をかける心配がありません。

 

注意すべき副作用・ダイエットはNG

『サトラックス』に配合されているプランタゴ・オバタには吸水性があり、
腸内に水分を集めて便を柔らかくする効果があります。

『サトラックス』に配合されているプランタゴ・オバタの脱水効果を利用して

体重を落とそうとするダイエットが行われる場合があります。

 

しかし、『サトラックス』を便秘解消ではなく

ダイエットの目的のために長期的に使い続けると、

以下のような重大な副作用が生じてしまう危険性があります。

<『サトラックス』によって生じうる副作用>
  • 脱水症状による『カラダのむくみ』
  • 自力による排便の困難

便秘を解消する目的で短期的に腸に水分を集める程度であれば、

カラダ全体に負担がかかることはほとんどありません。

 

しかし、ダイエット目的で日常的に

『サトラックス』を服用し続けてしまうと、

 

慢性的にカラダが脱水症状に陥り、

体内の循環機能が低下してむくみの原因になります。

 

また、『サトラックス』の効能に排便を頼り続けていくと

腸内の水分調整能力も低下してしまい、

 

『サトラックス』を服用しなければ

排便ができないような状態にもなってしまいかねません。

 

『サトラックスの≪口コミ&危険な副作用≫
ダイエットに効果あり?』の最後に

『サトラックス』は天然由来の成分によって腸内環境を整えながら、
ぜん動運動を活性化させて排便を促す効能が期待できます。
会話

『サトラックス』に配合されている成分は

ほとんどが天然由来であるため刺激性が弱く、

服用した際の副作用の心配も比較的少ないです。

 

しかしながら、ダイエット目的で

過剰摂取すると深刻な副作用を招きかねません。

今回のブログ記事では『サトラックス』の

便秘解消効果に関する口コミ・副作用の危険性などについてご紹介しました。

 

他にも便秘解消に効果的な便秘薬や乳酸菌サプリなどについて

ご紹介しているので是非参考にしてみてください。

 

最後に、便秘薬を使用する際には1日の使用量と服用回数を守って

ダイエット目的では使わないということに注意して下さい。

会話

ダイエット目的で薬を服用した場合のリスクについては

コチラのブログ記事でも解説しています。

<参考サイト>

出典:美容に絶対欠かせない”アミノ酸” | スキンケア大学
引用元URL:http://www.skincare-univ.com/daily/column/002680/

出典:便秘の原因(2)運動不足 | ヘルスケア大学
引用元URL:http://www.skincare-univ.com/article/001756/