Screen Shot 2016-08-07 at 08.48.24

アレロックは副作用が弱い花粉症対策薬で、
服用によって感じる眠気の強さもかなり弱いと言われています!

しかしながら、体質によってはアレロックを服用し始めてから
体調が思わしくないと感じて副作用を心配している方もいるため、
今回はアレロックの服用によって発現しうる副作用等についてまとめてみました!

会話

アレロックは『第二世代抗ヒスタミン薬』といって、

高い抗ヒスタミン作用を持ちながら副作用もほとんどないため、

 

花粉症外来などを受診した際にも、

アレグラのように頻繁に処方される人気の薬となっています。

アレロックの花粉症に対する効能や副作用

アレロックは『オロパタジン塩酸塩』というものを主成分として含んでおり、
ヒスタミンの体内での分泌を抑える上でとても効果的だと言われています!

『オロパタジン塩酸塩』を摂取すれば

花粉症の症状の緩和に即効性が期待できますが、

 

十分に効果を実感するためには、

長ければ数日間はかかるとも言われています。

 

そのため、アレロックを

花粉症のシーズンに服用している方は、

 

花粉が飛散し始める2週間ほど前から

アレロックを服用し始めておけば、

 

火粉の飛散がピークに達する時期であっても

そこまで花粉症の症状に悩まされる心配もなくなります。

アレロック服用することによる花粉症への効果・効能

アレロックは『オロパタジン塩酸塩』というものを主に含んでおり、
花粉症の症状以外にも皮膚実感や蕁麻疹などにも効果的に働きかけます!
会話

アレロックは花粉症の症状の中でも

特にアレルギー性鼻炎の症状を抑えることに効果的ですし、

 

皮膚疾患全般も抑えることができ、

抗炎症作用がとても高く評価されています。

アレロックによる効果・効能をまとめると下記のようになります。

アレロックの効果・効能一覧
  • アレルギー性鼻炎の予防・抑制(花粉症による症状)
  • 蕁麻疹の抑制・改善
  • 皮膚疾患の改善(湿疹、皮膚炎など)

アレルギー性鼻炎の予防・抑制(花粉症による症状)

アレロックは花粉症の症状でも
『アレルギー性鼻炎』の症状の緩和に効果的です!

例えば、花粉アレルゲンが鼻の粘膜に付着してしまうことによる

『くしゃみ・鼻水・鼻づまり』などの症状を和らげることができますし、

 

花粉が飛散し始める時期よりも2,3週間前から

アレロックを事前に服用しておけば症状の発症を

予防することもできると言われています。

 

蕁麻疹の抑制・改善

花粉症と同じように何らかの刺激によって過剰に分泌されたヒスタミンによって
欠陥や神経に炎症が起きてしまうことが『蕁麻疹』の原因です!

人によってはストレスを感じることなどによっても、

ヒスタミンが過剰に分泌されることがあり蕁麻疹を発症させてしまいます。

 

アレロックの主成分である『オロパタジン塩酸塩』には、

『抗ヒスタミン作用』があるため花粉症だけでなく蕁麻疹の症状も軽減させられます!

 

皮膚疾患の改善(湿疹、皮膚炎など)

痒みをともなう湿疹や皮膚の炎症の原因はさまざまですが、
場合によってはヒスタミンの過剰分泌が関わっていることもあります!

湿疹や皮膚炎の症状が観られた際には、

さまざま原因が考えられるのでまずは病院で診断を受けることが前提ですが、

 

皮膚疾患の症状を治療するためにも

アレロックが病院から処方されることもあります。

 

ただし、注意点としては湿疹や皮膚炎が

ヒスタミンの分泌が原因ではない場合もあり、

そうした原因による湿疹や皮膚の炎症にはアレロックは効果がありません。

 

そのため、アレロックがあるからといって安易に服用するのではなく、

お医者さんからの判断に従うことを再優先していきましょう。

 

アレロックを服用することで起こりうる副作用

アレロックは『第二世代抗ヒスタミン薬』というもので、
抗ヒスタミン作用を高めながら、副作用の症状が抑えられたものになっています。

しかしながら、人によっては若干の眠気を感じたり
口の渇きや倦怠感を感じたりといった副作用が発現することもあります。

アレロックは花粉症対策薬の中では 特に効能が強めのものではなく、

副作用の心配もほとんど必要ないバランスの取れた薬だと言われています。

 

しかし、体質によっては 副作用による眠気や倦怠感などを感じてしまったり、

他にも 以下のような副作用が極稀に見受けられる場合もあります。

アレロックにより見受けられる副作用
  • 口の渇き
  • 白血球の増加(子供の場合)
  • ALT(GPT)値の上昇
  • AST(GOT)値の上昇

アレロックは15歳未満の子供の服用は制限されていますが、

15歳以上の子供がアレロックを服用した場合でも

『白血球の増加』などの副作用が見られることもあります。

 

また、『ALT(GPT)値』や『AST(GOT)値』については

詳しく知らない方も多いと思うので若干補足しようと思います。

 

『ALT(GPT)値』や『AST(GOT)値』は肝炎などの

肝臓に関する病気や疾患を調べる際にチェックされる数値になります。

 

『ALT(GPT)値』や『AST(GOT)値』の数値が上昇すると、

それだけ肝機能や肝臓に対して身体が負担をかけていることを示します。

 

アレロックの副作用に注意が必要な場合

アレロックは『第二世代抗ヒスタミン薬』ということで、
身体への副作用や負担は限りなく軽いと考えられていますが、ある特定の体質の方などは、
お医者さんとの相談の上で服用を検討していきましょう!

アレロックと相性が悪い体質だと考えられる方には、

以下のような特徴があります。

アレロックと相性が悪いと考えられる方
  • 肝機能が低下している方
  • 高齢の方
  • 肝機能に障害のある方
  • 以前にアレロックを服用して副作用を発現した方

以上の中から、1つでも思い当たる点があれば

市販薬を購入して自己判断で服用することはせずに、

まずは病院で担当医の判断に従うようにしましょう!

 

『花粉症に対するアレロックの副作用!
眠気や強さはどれくらい?』の最後に

今回のブログ記事では 花粉症対策の薬として、
病院でもよく処方されている『アレロック』の副作用や
アレロックを自己判断で服用すべきではない人の特徴についてご紹介しました!

アレロックのジェネリック版の医薬品なども

個人輸入代理店などを通して購入することも可能です。

 

しかしながら、湿疹や皮膚炎であっても

さまざまな原因が考えられますし、

 

症状による自己判断ではそもそも、

アレロックの成分が治療に効果的かどうか判断できないですし、

 

個人輸入で手に入るジェネリック薬には

日本では認可されていない成分や薬品が含まれているものもあります。

 

薬品を個人輸入して私的な目的で利用する上では、

法律的には問題ありませんが、

 

万が一、日本では認可されていない薬を服用して

健康被害に苦しんでしまったとしても、

 

国からの医療費の給付などを

受けることができないといったリスクも有ります。

 

アレロックやアレグラなどのジェネリック薬は

個人輸入代理店でもとても人気の高い商品となっていますが、

健康に対する投資は節約すべきポイントではないと考えています。

 

ジェネリック薬を個人輸入して服用する上でのリスクについては

こちらのブログ記事で詳しく解説しているので参考にして下さい。

アレロックの副作用について疑問を抱いていた方々に

少しでもお役に立てたのであれば幸いです!

会話

また、コチラのブログ記事では2017年の

全種類の花粉飛散予想やピーク時期についてまとめています。