Screen Shot 2016-08-06 at 22.01.30

子供の花粉症対策と治療方法について今回の記事ではご紹介します。

  • 子供に花粉症の症状が見られる場合は病院では何科を受診すればいいのか?
  • 花粉症を抑えるために子供に市販薬を与えても大丈夫なのか?

といった質問にも応えられるように記事を書いています!

子供用の花粉症対策グッズは数多く発売されています!
会話

花粉症防止グッズにはマスクや花粉防止スプレーといったものもあるし、子供用の花粉症対策メガネといったものも発売されているよ☆

マスクや花粉防止スプレーといったものは認知度がある程度高いと思われますので、こんかいは対策グッズの中でも花粉症対策メガネをご紹介したいと思います。

子供の目のかゆみには花粉症対策メガネが有効!

花粉症の原因となる花粉や子供の体質によっても花粉症の症状はそれぞれ若干異なりますが、

その中でも目が痒くて充血してしまう子供もいます。これも花粉が目の粘膜に触れて炎症を起こしているためなので、花粉対策メガネを着用することで花粉症による目のかゆみを防ぐことができます。

子供にお茶を飲ませて花粉症対策

お茶を飲むことでアレルギーに対して根本的に強くなろう!
会話

お茶に含まれる成分には抗アレルギー作用のものが含まれるからお茶を子供に飲ませればアレルギーに対する免疫をつけられるよ☆

子供にお茶を飲ませる効果

花粉症対策グッズや病院から処方される薬を与えることでも

一時的に症状を抑えることはできますが、

 

花粉症とはアレルギーに対する炎症であり、

根本的に治療することはできません。

 

お茶に含まれる成分には ヒスタミンの抑制や抗アレルギー作用といった効果があり、

子供のアレルギーに対する根本的な治療に役立ちます。

 

お茶による花粉症対策のメリット

お茶にはカフェインが含まれているのではないか?という理由で

まだ幼い子供には飲ませたがらない親御さんもいるかもしれませんが、

 

お茶の種類をじっくりと選べば、

ノンカフェインかつ花粉症予防に役立つお茶はいくらでも見つけられます。

 

また、茶葉は安価で大量に購入することができるので、

金銭的にも負担が少なくコストパフォーマンスが高いといえます。

 

お茶による花粉症対策のデメリット

お茶に含まれる成分によって子供の体質を改善させることで

徐々にアレルギーに対して免疫をつけることができますが、

 

病院で処方されている薬や市販薬と比べると

効果に即効性がありません。

 

また、処方された薬は水に溶かして飲ませるだけで済みますが、

お茶は淹れる手間もかかってしまいます。

 

とは言うものの、毎日かかさずにいんちゃの習慣を続けることで

毎年花粉症の症状が緩和されていくことが実感できるはずです。

 

子供が花粉症になったら病院の何科を受診すべき?

子供に花粉症のような症状が見られた際には耳鼻科を受診しましょう!
会話

耳鼻科であれば鼻や耳の奥までしっかり診察してもらえるし、血液検査でアレルギー反応も検査してもらえるから安心だよ☆

花粉症の症状のみであれば『耳鼻科』

子供を病院に連れて行く際には

ほとんどの場合は小児科で済みますが、

 

おそらく花粉症による症状だと考えられる場合には、

子供を連れて耳鼻科を診察するようにしましょう。

 

小児科では問診と触診が主なので、

花粉症で炎症が起きている肝心な鼻や喉はあっさりとしか診られません。

 

一方で耳鼻科であれば、鼻や喉の奥まで見てもらえますし、

必要であれば血液検査でアレルギー反応も調べてもらうことができます。

 

花粉症で鼻や喉で炎症が起きている場合には、

しっかりと奥の方まで丁寧に診察してもらわ必要がありますし、

 

何よりも血液検査によって

現在の症状がアレルギーによるものなのか否かを確実に判断することができます。

 

花粉症だけでなくウイルス性の症状もある場合

花粉症の症状だと確信できる場合には 耳鼻科での受診をオススメします。

しかしながら、高熱が出ていたり鼻水が黄色くて粘っこいものが出ている場合には

ウイルス性の風邪を引いている可能性があるので小児科を受診するようにしましょう。

 

花粉症以外の症状も見られる場合には、

素人目ではどうしても適切な判断が難しいので

子供の体調をトータルで判断できる小児科が望ましいです。

 

花粉症に苦しむ子供には市販薬を与えても大丈夫?

花粉症の症状がひどくて寝付けなかったり、生活に支障をきたしているような場合に限って市販薬を与えましょう!
会話

市販薬も処方薬と同様に 花粉症の症状に対して即効性があるけど、同時に子供に対して副作用も与えてしまうからいざという時だけに使おうね☆

市販薬が花粉症の症状を抑える一時的な使用に留める

花粉症の症状を抑えるために子供に市販薬を与える際の心構えとしては、

花粉症のせいで夜いつまでも寝付けなかったりといったように

生活に支障をきたすような場合のみ与えましょう。

 

病院でもらえる処方薬のように即効性が高く

その場では子供の花粉症の症状を抑えることができますが、

 

いつでも薬に頼ってしまっていると

子供自身のアレルギーに対する免疫力が

ドンドン下がっていってしまいます。

 

そして最終的には、薬を使わないと

以前よりも花粉症の症状がより悪化してしまうリスクがあります。

 

処方薬や市販薬を子供に与える際には、

しっかりと上記のリスクを把握した上で適宜使用していくようにしましょう。

 

花粉症をあらかじめ予防する工夫が大切

処方薬や市販薬を子供に与えることも場合によっては必要ですが、

基本的には根本的な免疫力を高めさせたり、

 

日頃の生活を送っていく上で

花粉を可能な限り除去するといった工夫をしていきましょう。

 

こうすることで 子供の免疫力が

薬によって下げられることが無くなりますし、

 

徐々に花粉などのアレルギー物質に対する免疫力が高まっていって

花粉症の症状を緩和させていくことができます。

 

参考⇒ 加湿器で花粉症対策効果はあり?推奨設定湿度は何%?

子供の花粉症の対策と治療!
何科を受診するべき?市販薬もOK?のまとめ

子供用の花粉症対策グッズが数多く販売されているので、

子供の症状に合わせて適宜対策グッズを購入するようにしましょう。

 

また、病院を受診する際には  花粉症だけの場合は耳鼻科がおすすめですが、

花粉症の症状以外の高熱といったものも診られる場合には小児科を受診します。

 

そして、花粉症の症状のせいでなかなか夜寝付けなかったりといった

生活に支障をきたしているような場合であれば、

 

即効性の高い処方薬や市販薬を子供に与えて

花粉症の症状を一時的に抑えることも有効です。

 

しかしながら、基本的な考え方としては

出来る限り薬には頼らずに お茶を飲ませるなどして

アレルギー物質に対する子供の免疫力を高めさせる工夫が大切です。

 

子供は自分自身では花粉症に対して適切に対応することができません。

その分しっかりと体調を見守ってあげながら対応していきましょう。

参考⇒ 空気清浄機の効果を最大限にする置き場所はどこ?花粉症に効果あり?