Screen Shot 2016-08-06 at 21.58.21

今回の記事では花粉症が親から子供へ遺伝する可能性

妊婦や赤ちゃんが花粉症の症状で悩まされている際

対策・対処法などについて書いています。

会話

  • 花粉症は親から子へ遺伝するのか?
  • 花粉症には遺伝性があるのか?

といった疑問が解決できるからぜひ参考にしてね☆

花粉症は子供に遺伝するのか?

花粉症の症状がある両親から生まれた子供も花粉症を発症させる傾向があります!
会話

子供は両親の体質や生活習慣に大きな影響を受けるから
その結果、花粉症を発症させる確率も高い傾向にあるわ☆

花粉症とはそもそも花粉というアレルギー物質に対して免疫が過剰に反応して

ヒスタミンという物質が分泌されることで炎症が起きることを指しています。

 

また、子供は親から体質や免疫といったものも遺伝するため、

花粉症に悩まされている両親から生まれてくる子供には

花粉症の発症率が高い傾向にあります。

 

花粉症劣性遺伝

花粉症には遺伝性がある!親から子供へ遺伝する確率とは?

両親が花粉症の場合には子供の花粉症発症率は2倍以上!
会話

さて、親から子供へ花粉症が遺伝してしまうってことは分かったけど、気になるのは花粉症が親から子供へ遺伝する確率よね!☆

親から子供への花粉症の遺伝確率を

そのまま数字で確認することはできませんでしたが、

 

花粉症を発症していない両親から生まれてきた子供が

花粉症を発症させる確率は10%前後の一方で、

 

両親ともに花粉症の症状が見られる場合には

子供が花粉症を発症させる確率は40%以上にもなるようです。

 

また、体質などの遺伝だけではなくて

生活環境や食生活などの生活習慣によっても

花粉症が発症することになる場合もありますが、

 

基本的には大学へ進学して上京したり

就職するなどして一人暮らしを始めるまでは、

 

両親と子供は一緒に生活することになるので

子供は生活習慣も両親から大きな影響を受けることになります。

参考⇒ いきなり私が花粉症に?花粉症が突然発症する原因とメカニズムまとめ

妊婦や赤ちゃんのための花粉症対策

妊婦や赤ちゃんには薬を服用させたくないけど花粉症にはどう対応すればいいの?
会話

妊婦さんや赤ちゃんが花粉症で苦しんでいる場合は、

基本的にはお茶や冷たいお水を飲ませて症状を落ち着かせてね☆

 

もしどうしても症状がひどすぎて、

夜に寝付けないような時だけお薬を飲ませてあげて!

続いては、花粉症に悩まされている妊婦や赤ちゃんのための

花粉症対策についてご紹介していきます!

 

妊婦さんや赤ちゃんには身体への影響を考えると

できるだけ薬を飲ませたくないため、

 

花粉症の症状で苦しんでいる時にもどういった

対策・対処をすべきなのか悩んでしまう方もとても多いです。

 

ぜひ、こうした悩みを持たれている方には

記事の内容を参考にしていただきたいと思います。

 

花粉症アレルギーを持つ赤ちゃんの症状

花粉症を発症すると『くしゃみ・鼻水・鼻づまり・咳』といった

大人と変わらない症状が赤ちゃんや子供にも見られるようになります。

 

また、赤ちゃんによっても花粉症を発症する年齢は個人差があり、

3歳頃から発症する赤ちゃんもいれば7歳頃から発症する子供もいます。

 

そのため、5歳くらいまでは花粉症に悩んでいなかったからといって

花粉アレルギーがないとは言い切れないので、

 

もし花粉症の症状と思われるような様子が見られた場合には

花粉症が依頼などの診療科がある病院へ診察に連れて行ってあげましょう。

 

また、花粉症対策の薬を処方してもらいたい場合には

花粉症が依頼を受診することが最善ではありますが、

 

花粉症の症状に合わせて耳鼻科や眼科などの診療科を受診しても

花粉症の症状に効果的な薬を処方してもらうことができます。

 

詳しい内容については、

コチラの記事で解説しているので是非参考にしてもらえたら嬉しいです!

妊婦さんや赤ちゃんの花粉症への対策・対処法

妊婦さんにはこれから生まれてくる大切な赤ちゃんがいますし、

赤ちゃんはまだ身体が弱いので薬の副作用も怖いです。

 

そのため、妊婦さんや赤ちゃんには基本的にお薬を使わずに

体に負担をかけない方法で花粉症の症状を和らげたり、

花粉症の発症を防ぐことを意識していきます。

 

お茶を飲ませて花粉アレルギーに対する免疫を高める

お茶を飲むことを習慣化させることで

花粉症の症状を緩和・予防することができます!

 

お茶には抗ヒスタミン作用の成分が含まれたものがあるので、

お茶を飲むことを習慣化させれば花粉の刺激によって

身体のヒスタミン分泌を抑制させることができます。

 

お茶にも様々な種類があり、

抗ヒスタミン作用の成分が含まれないものもあります。

 

そのため、茶葉を購入する際には

ドラッグストア等で店員さんに聞いてみるといいです。

 

お茶には抗ヒスタミン作用だけではなく

他にもさまざまな健康成分が含まれているので、

あなたのニーズに合ったお茶をぜひ選んで下さい!

 

花粉症が酷い時には冷たい水を飲んで落ち着ける

花粉症は花粉の刺激に対して

免疫がヒスタミンという物質を分泌させることが主な原因です。

 

そして、人間の自律神経には交感神経と副交感神経の2つがあり、

副交感神経が活性すると免疫機能が活発に働くようになります。

 

副交感神経は寝ている時などのリラックスしている状態で活性するので

夜間などに特に花粉症の症状が悪化する場合があります。

 

こうした場合には冷たい水を飲むことで

交感神経を活性化させて副交感神経の働きを抑えることでも

花粉症の症状を抑制させることができます。

 

しかしながら、冷たい水をあ多く飲み過ぎると

体を冷やしてしまうので バランスを考えながら実践してみてください。

 

まとめ

花粉症には遺伝性があり、
両親が花粉症の場合だと子供の発症率は2倍以上に増加します!

また、妊婦さんや赤ちゃんが花粉症に苦しんでいる場合には
薬の代わりにお茶や冷たい水を飲ませて症状を落ち着かせましょう!

今回の記事では親から子供への花粉症の遺伝についての知識と

妊婦さんや赤ちゃんといった体に負担を掛けたくない方々のための

花粉症予防・対策についてご紹介させて頂きました!

 

花粉症の両親から生まれてきた子供の場合は

花粉症を発症していない両親から生まれてきた子供と比べて

およそ2倍以上も花粉症の発症率が高いことがわかっています。

 

原因は体質や免疫なども遺伝が主ではありますが、

食生活や生活リズムなどの生活習慣からの影響もあります。

 

また、妊婦さんや赤ちゃんが花粉症の症状で苦しんでいる場合には

特に症状がひどい場合の緊急処置以外では薬を使わずに、

 

基本的にはお茶や冷たいお水によって

根本的に花粉アレルギーに対する抵抗力をつけたり、

副交感神経を活性化させないといった工夫をしていきましょう。

参考⇒ 花粉症は一度発症したら一生治らないってホント?