Screen Shot 2016-08-07 at 08.45.03

ザイザルは花粉症薬の中でも特に強烈な効果がある一方で、
副作用で強めの眠気を感じることもあります!

また、ザイザルのジェネリックには『レポリッド』や『クレプロス』といったものがあり、
ザイザルと比べると薬価は半額ほどになりますが 日本では認可されていません。

会話

ザイザルはもともと花粉症薬の中でも

強力な『ジルテック』という薬の効果を弱めて、

副作用による眠気を抑えるように改良された処方薬です。

 

花粉症に対する効果が強力ということもあり、

ドラッグストアーなどでの購入はできませんが

医薬品専門の通販サイトなどであれば購入することができます。

花粉症対策の薬『ザイザル』とは?

もともと効き目が強かったものの 副作用による眠気も強かったジルテックの
薬の効き目と副作用を抑えるように加療された薬がザイザルです。

海外医薬品メーカー『グラスコー・スミスクライン』が
製造・販売している花粉症対策のための薬になります。

会話

ザイザルの主成分は『レポセチリジン塩酸塩』というものになっていて、

『第二世代抗ヒスタミン薬』というものであり、

 

体内でのヒスタミンの過剰な生成を抑制することで、

花粉症の症状を改善・予防する効果があります。

花粉症はそもそも、花粉アレルゲンが

鼻や目、喉などの粘膜に付着することに対して、

 

免疫が過剰反応して、

大量のヒスタミンが分泌されることが原因となっています。

 

ヒスタミンはもともと人間の細胞内に存在する物質ですが、

過剰に分泌されると細胞外に放出されて粘膜で炎症を起こすようになります。

 

ザイザルの花粉症の症状に対する効果

ザイザルは花粉症の症状の中でも、
アレルギー性鼻炎(鼻水・鼻づまり・くしゃみ)の症状に対して即効性があります。

花粉症全般の症状を

改善する効果が期待できますが、

 

蕁麻疹や皮膚炎といった広範な症状であっても

ヒスタミンの過剰分泌が原因になっているものであれば、

ザイザルの服用によってすぐに治療することが可能です。

 

ザイザルは花粉症対策の薬の中では、

かなり効き目が強力であり副作用による眠気も相当なものです。

 

そのため、以下で列挙している条件で1つでも当てはまれば、

ザイザルの服用はさけるようにしましょう。

ザイザルの服用は避けるべき3つの条件
  • 自動車を運転する予定がある
  • 危険性の高い機械を操作する予定がある
  • 高所で作業する予定がある

いくら緊張を感じるような状況下であっても

ザイザルの副作用による眠気は相当なもののため、

眠気を感じると命の危険になりかねない状況では服用しないようにしましょう。

 

ザイザルは花粉症の症状に対して強力な効き目が期待できますが、

あまりにも眠気を感じすぎると支障があるという場合には、

アレグラやクラリチンといった薬で代用しましょう。

 

アレグラやクラリチンであれば、

花粉症の症状は軽く押さえる程度の効き目しかありませんが、」

副作用による眠気はほとんど無く、クラリチンの場合は全くありません。

 

その一方で、ザイザルよりも強力な花粉症対策薬を服用して、

副作用があってもいいから症状を迅速に治療したいという場合は、

ジルテックやアレロックといった花粉症対策薬がおすすめです。

 

ザイザルよりもより強力な眠気といった副作用がありますが、

服用した直後から症状の改善が実感できるはずです。

 

ザイザルとジェネリック医薬品との薬価比較

ザイザルは花粉症対策に非常に効果的な薬になりますが、
ジェネリック医薬品であれば半分の薬価で手に入ってしまいます!

まず初めに覚えておいて欲しいことは、

日本で認可されている薬には

ザイザルのジェネリック医薬品は存在しないということです。

 

ザイザルのジェネリック医薬品である

『レポリッド(Levorid)』や『クレプロス(Crebros)』などであれば、

ジェネリック医薬品の個人輸入サイト経由で購入することが可能です。

 

日本で認可されていない薬を服用することは、

私的な利用目的であれば法的には問題ありません。

 

しかしながら、もし万が一 日本で認可されていない薬を服用することで、

健康被害などの問題に直面したとしても医療費の給付などが受けられません。

 

こうしたリスクを踏まえた上で、

個人輸入サイトを活用してザイザルのジェネリック医薬品を

購入して服用することは自己責任となっています。

 

具体的にどの程度薬価が安くなるのか

ザイザルとジェネリック医薬品の薬価を比較してみました。

ザイザルとジェネリック薬品の薬価比較

ザイザル   : 120円以上/錠

ジェネリック薬: 60〜80円前後/錠

ザイザルのジェネリック医薬品である

『レポリッド(Levorit)』や『クレプロス(Crebros)』であれば、

一度に購入する個数によって1錠あたりの価格が多少前後していきます。

 

しかしながら、私の個人的な意見としては、

健康に対する投資はコストカットすべきではないと考えています。

 

ザイザルであれば すでに多くの日本人の方々が

服用してきた実績がありますが、

 

『レポリッド(Levorit)』や『クレプロス(Crebros)』は

海外では既に認可されて使われていますが,

 

まだまだ日本人が服用してきた症例は少ないですし、

万が一体質に合わずに健康被害を受けてしまうと

取り返しの付かないことになってしまいます。

 

会話

日本で認可されていないジェネリック医薬品を

個人輸入代行サービスを活用して購入するリスクについては、

こちらのブログ記事で詳しく解説しているので参考にして下さい。

『花粉症に対するザイザルの効果と副作用!
ジェネリックの薬価は?』の最後に

ザイザルは花粉症対策薬のなかでも特に効き目が強いといったメリットがある一方、
副作用によってかなり強めの眠気を感じてしまうといったデメリットもあります。

ザイザルの副作用による眠気には十分注意する必要があり、
以下のような条件に当てはまる場合にはザイザルの服用は厳禁です!

ザイザルの服用に注意すべきタイミング
  • 自動車を運転する予定がある
  • 危険性の高い機器を取り扱う予定がある
  • 高所で作業する予定がある

ザイザルほどの強力な効き目は要らないから

眠気といった副作用を心配せずに服用したいといった場合であれば、

 

『アレグラ』や『クラリチン』といった

他の花粉症対策薬を服用するようにしましょう。

 

特に『クラリチン』に至っては

副作用による眠気を全く感じないことで有名です。

 

または、花粉症によって粘膜が

炎症で大きく腫れてしまったという理由で、

 

今すぐにでも花粉症の症状を抑えて

粘膜の炎症を治療したいといった場合であれば、

 

ザイザルよりも強力な花粉症薬としては

『ジルテック』や『アレロック』などがあります。

会話

アレロックの花粉症に対する効果や副作用については

こちらのブログ記事で詳しく解説しているので参考にしてください。

今回のブログ記事の内容はこれで以上になります。

花粉症の症状に対する悩みに少しでもお役に立てれば幸いです。

会話

また、コチラのブログ記事では2017年の

全種類の花粉飛散予想やピーク時期についてまとめています。