Screen Shot 2016-08-06 at 21.03.06

抗アレルギー薬は個人輸入によっても購入することができ、
病院で手に入る処方薬の代わりにジェネリック薬を代用している人が多いですが危険です!
会話

ジェネリック薬を個人輸入すれば

処方薬と比較して大分お金を節約することができるけど、

 

薬を個人輸入することに関してはメリット・デメリットがあるから

あらかじめそうした情報を把握しておくことが大切だよ!

最近は個人輸入代行サイトも数多く開設されていて、

英語が苦手な方であっても気軽にジェネリック薬を個人輸入することができます。

 

花粉症に悩んでいる人によっては通年で処方薬を服用している方もいて、

そうした場合には薬の費用だけでも相当な金額になってしまいます。

 

ジェネリック薬を個人輸入することで、

医療費を大幅に削減することができますが、

デメリットや危険性もあらかじめ把握しておきましょう!

 

ジェネリック薬を個人輸入するという選択

個人輸入することで海外で製造・販売されている薬を使うことができます。
個人的な利用であれば自由ということで、処方薬の代わりに使う人が多いです!
会話

個人輸入すれば病院を受診する

時間・費用を節約することができるし、

 

ジェネリック薬を購入すれば処方薬と比較して

薬にかかる費用を大幅に下げることもできるといったメリットがあるの。

花粉症対策の抗アレルギー薬に限らず、ED治療薬や

AGAによる薄毛対策薬、そして避妊薬、ダイエット薬などは、

 

日本で処方されている薬よりもジェネリックの方が圧倒的に安価であるため

個人輸入サイトを利用してジェネリック薬を使っている人が数多くいます。

 

もともと病院で特定の薬が処方されていて、

症状の改善に必要な成分などが把握できている場合であれば、

 

個人輸入するという方法も使い方によっては効果的ですが、

薬を個人輸入する上でのリスクも把握しておくことで、

より安全に個人輸入を活用していきましょう。

 

花粉症対策のジェネリック薬を個人輸入するメリット

花粉症対策のジェネリック薬を個人輸入するメリットはたくさんありますが、
専門的な知識がない状態で薬を服用することは危険です。。。

花粉症対策の薬を個人輸入しようと考えているひとが多いだけあり、

ジェネリック薬を個人輸入することには数多くの誘惑があります。

 

また、個人輸入した薬を私的な利用に限っていれば、

法的にも何の問題もないということも利用を促進しています。

 

ジェネリック薬なら処方薬と比較して安価

ジェネリック薬を個人輸入して使えば医療費用を節約できる。

花粉症対策の薬を個人輸入しようと考えている人々の

ほとんどの目的は『医療費用の節約』にあると考えられます。

 

比較する処方薬にもよりますが

海外からの送料を含めて考えても、

 

国内の処方薬と比べるとジェネリック薬は

『5分の1』から『10分の1 』程度の費用で手に入ります。

 

花粉症の原因となる花粉アレルゲンは

人によってさまざまですが、

 

特に症状が深刻な方の場合であれば、

一年中 花粉症対策の薬を服用していることもあります。

 

こうした人の場合は1ヶ月の処方薬の費用が3000円前後であれば、

通年で4万円近くを医療費用として支出しなければなりません。

 

ジェネリック薬を活用すれば、

医療費用の支出を5分の1程度に抑えること可能なので、

薬を服用する頻度が多ければ多いほど魅力的に感じるわけです。

 

花粉症対策の薬を自分で選ぶことができる

花粉症対策に必要な成分を把握できているのであれば、
わざわざ病院を受診しなくとも必要な薬を購入することができる。

花粉症に悩まされている人の場合は、

毎回服用する薬を把握することできているので、

 

人によっては花粉症対策の薬を手に入れるために

病院で担当医に診察して貰う必要が無いわけです。

 

しかしながら、日本国内の処方薬を入手するには

医師からの処方箋が必要なため、

 

処方薬を手に入れるために毎回必要のない受診費用を

支払うことに抵抗を感じている人も多いはずです。

 

個人輸入であれば、薬の成分や説明文を読むことで

花粉症の症状に合わせて自分で薬を選ぶことができるため、

病院を受診する費用や時間を大幅に節約することができます。

 

個人使用であれば個人輸入は自由に行える

ジェネリック薬の個人輸入は『個人利用』であれば法的には問題がない。

ジェネリック薬に限らず薬となると、

法律的に問題があるのではないかと心配してしまう人も多いですが、

 

薬を個人輸入しても『個人利用に限る』場合であれば、

法律上は全く問題ないと言われています。

 

もちろん、個人輸入して手に入れた薬による

副作用等に対しては自己責任となっています。

 

花粉症対策のジェネリック薬を個人輸入するデメリット

ジェネリック薬を個人輸入する上では医療費用・受診にかかる時間の節約など、
さまざまなメリットがある一方で、デメリットもあらかじめ把握しておきましょう!

薬を個人輸入して使っていく上では

表面的なメリットだけを見るのではなく、

 

個人輸入したジェネリック薬を使っていく上での

リスク、身体への危険性を考えるとお薦めはできません。

医薬品副作用被害救済制度が適用されない

日本国内で認可された薬以外によって健康被害が出てしまった場合には、
それに伴ってかかる医療費用が支給されないというリスクがあります!

日本で認可されている処方薬によって健康被害が出た場合には、

『医薬品副作用被害救済制度』というものを利用して

医療費を支給してもらうことができます。

 

しかしながら、個人輸入によって

日本国内では認可されていない薬を服用して健康被害が出た場合には、

自己責任ということで必要な医療費用を支給してもらうことができません。

 

不適切なジェネリック薬を服用してしまうリスク

ジェネリック薬を個人輸入する際には、
自分で選ぶ必要があり症状を改善しない薬を服用してしまうリスクがあります!

病院で受診すれば 症状を改善する薬を

医師に判断してもらうことができますが、

 

ジェネリック薬を個人輸入する場合は

自分で購入する薬を選ばなければならないので、

あらかじめ症状に効く成分を把握しておく必要があります。

 

長い間同じ薬を服用していた方であれば、

必要な成分や特定の薬のジェネリック薬を購入すればよいですが、

 

今までに薬を服用した経験がない症状の場合は、

まずは病院で医師に購入すべき薬について相談をしましょう!

 

花粉症対策で個人輸入できる
ジェネリック薬と国内処方薬の薬価比較

国内で処方される花粉症対策薬とそれらに対応した
個人輸入ができるジェネリック薬との薬価を比較してみました!
会話

ジェネリック薬の価格は個人輸入サイトで購入した際の

送料も含めた価格で計算してあるよ!☆

国内処方薬 価格 ジェネリック薬 価格
アレグラ 60円/錠 Fexadyne 10円前後/錠
アレロック 60円/錠 Olopatadine 10円/錠
クラリチン 100円/錠 Lorita  20円前後/錠

日本国内で処方されている主な内服薬と

それに対応したジェネリック薬の価格を比較して表にまとめてみました。

 

アレグラ・アレロックは花粉症対策の処方薬としては

最もメジャーなものですが、

 

それらに対応したジェネリック薬品である

FexadyneやOlopatadineは個人輸入にかかる送料・手数料を含めたとしても

処方薬の5分の1程度の金額しか掛かりません。

 

アレグラやアレロックなどを花粉症の症状が出た際に服用している方は

上記のようなジェネリック薬品を服用することで、

医療費を大幅に削減できると考えられます。

 

こうした理由から処方薬から

ジェネリック薬に乗り換える人が多いですが、

身体の健康に対する投資は節約すべきではないと考えています。

 

『花粉症ジェネリック薬の個人輸入はダメ!
国内処方薬の種類と薬価一覧』の最期に

花粉症対策の処方薬に対応したジェネリック薬を個人輸入すれば、
医療費用を大幅に節約することができます。

その一方で、国内不妊化の薬を服用した場合には
医療費用の支給がされないなどのリスクが有ることも把握しておきましょう!

会話

人によっては1年中花粉症に悩まされている人もいるから、

花粉症による医療費用も生活の負担になっている場合もあるよね。

 

ジェネリック薬による医療費用の節約は

かなり現実的な方法ではあるけど、

 

まずはいつもお世話になっている担当医に相談してみて、

個人輸入するのであればどの薬が効果的が教えてもらうようにしよう!

 

また、医師などの専門的な知識を持ってしても

ジェネリック薬による健康被害を受ける危険性はあり、

 

そうした状況に陥ったとしても医療費用の支給はされない

ということ心に留めておいて下さい。

今回の記事では花粉症対策のジェネリック薬を個人輸入する

メリット・デメリットや薬価比較などをしていきました。

もし、日本国内の市販薬の購入を検討されている場合には、

こちらの記事で詳しく解説しています!

会話

また、コチラのブログ記事では2017年の

全種類の花粉飛散予想やピーク時期についてまとめています。