Screen Shot 2016-08-06 at 21.00.46

加湿器を使って湿度調節することは花粉症対策に効果的です!
湿度調節によって花粉症が緩和される仕組みや適切な湿度について解説します!
会話

花粉症は花粉アレルゲンが喉や鼻の粘膜に付着することで、

体内で過剰にヒスタミンが分泌されてしまうことで

炎症が起きてしまうことが原因なんだよ!

花粉はとても微小な粉塵のため

室内で少しでも体を動かしたり 歩くだけで、

室内に舞い込んだ花粉が巻き上げられてしまいます。

 

加湿器によって室内の湿度を適切に調節することで、

花粉が巻き上げられにくくなったりと、

さまざまな効果が期待できます。

 

花粉症対策には加湿器による室内の湿度調節が効果的!

室内の湿度を加湿器で調節することで花粉の粘膜への付着を防ぐことができ、
室内での花粉症の症状を緩和・予防することができます!
会話

花粉症は鼻や喉の粘膜に花粉アレルゲンが付着して

ヒスタミンが過剰に分泌されてしまうことが原因だから、

 

室内の湿度を高めて火粉の飛散を防いだり

粘膜の潤いを保つといった工夫をすることで、

 

室内であれば大幅に

花粉症の症状を軽減させることができるよ!☆

花粉やハウスダストに水分を吸着させて室内での飛散を防ぐ

花粉はとても微小な粉塵ですが 加湿器で室内の湿度を高めることで、
花粉に水分を吸着させて空気中に浮遊することを防ぐことができます!

花粉はとても細かい粒子のような物体なので、

ちょっと人が動いた際の風圧やくしゃみなどによって

部屋に入り込んでしまった花粉が巻き上がってしまいます。

 

しかし、視野の湿度を高く保つことで

花粉だけでなくハウスダスト等の細かいホコリにも

水分を吸着させて部屋で巻き上がるのを抑制させることができます。

 

さらに、花粉症と同じ時期には

有害物質『PM2.5』の吸引にも注意しなければなりませんが、

加湿することによって『PM2.5』の飛散も防いでいくことができます!

 

『PM2.5』とはハウスダストのような

とても細かい粉塵なのですが、

 

大気中を浮遊し続けていく過程で

汚染ガスなどの有害物質を吸着させていくことで

身体にとって大変有害な物質となっています。

 

さらに、『PM2.5』は吸引してしまっても

人の嗅覚では感じ取ることのできないものなので、

感覚的に避けていくことがとても難しいものなのです。

 

こうした『PM2.5』も加湿器を使うことで、

花粉症対策のついでに吸引を予防することができます。

 

喉や鼻の粘膜の乾燥を防いで炎症を抑える

喉や鼻の粘膜が花粉アレルゲンによって炎症を起こしてしまっても
粘膜の潤いを保つことで自然治癒を早めることができます!

喉や鼻の粘膜は水分を保つことで病原菌を排除したり、

呼吸を円滑に行っていくことができています。

 

しかしながら、花粉症の時期や冬の乾燥している時期になると

体から水分が抜けてしまった結果 粘膜の水分量も減っていきます。

 

粘膜が完走した状態になると、

適切に病原菌を粘液でとり込んだりすることができずに、

粘膜にウイルスや病原菌が留まって繁殖してしまうリスクがあります。

 

一方で、粘膜の水分量を高く保ち続けることができれば

粘膜が粘液によって保護されることで、

 

家文章に寄って炎症が起きてしまった部分も

比較的早めに炎症を抑えていくことができます。

 

室内の湿度調節でインフルエンザなどの感染症予防にも役立つ

加湿器で室内の湿度を高めることで冬の乾燥している時期でも、
粘膜の潤いを保つことで病気や風邪を予防することにも役立ちます!

鼻や喉の粘膜には『線毛』というとても小さな毛が無数に生えています。

この繊毛が絶え間なく動くことを『繊毛運動』というのですが、

 

『繊毛運動』が十分に行われていると、

鼻や喉からウイルスや病原菌が侵入してきた際にも

つばとして飲み込んだり タンとして体外に排出することができます。

 

しかしながら、乾燥した環境に身を置き続けると

体中の水分が不足して粘膜の水分も失われてしまい、

『繊毛運動』が適切に機能しなくなっていくことになります。

 

その結果、鼻や喉から侵入したウイルスや病原菌などが

粘膜に長い間留まって増殖することで病気や風邪の原因となります。

 

そのため、冬などの空気が乾燥している時期には

加湿器で室内の湿度を高めて粘膜を常に潤わせることで、

インフルエンザなどの感染症を防いでいくことができます!

 

花粉症を本格的に対策するなら加湿空気清浄機がオススメ!

本格的に花粉症対策をしたいのであれば、
花粉に水分を吸着させて空気中に浮遊することを防ぐだけでなく
空気中に舞っていたり 床に落ちている花粉を全て除去することが理想です!

本格的に花粉症対策をしていきたい場合であれば、

室内に舞い込んできた花粉に水分を吸着させて

巻き上がるのを防ぐだけでは不十分です。

 

空気中に浮遊している花粉と

床やタイルに落ちている花粉まで吸塵することで、

室内での花粉症の症状を抑えたり予防していくことができます。

 

加湿器では室内の湿度を高めて、

空気中を浮遊している花粉に水分を吸着させて

部屋の中で花粉が巻き上がりにくくすることができます。

 

しかし、花粉はとても軽く微小なものなので、

部屋を歩き回ったり少しくしゃみをしただけでも

かなりの量の花粉がその度に巻き上がってしまいます。

 

これでは、いくら室内の湿度を高めて花粉の飛散を防いでいても

室内で体を動かす度に花粉に注意しなければならず、

ストレスが溜まってしまいやすくなります。

 

こうした問題を防ぐために、

可能であれば空気清浄・加湿の機能を搭載した

加湿空気清浄機を購入しておくようにしましょう!

 

加湿空気清浄機を使っていれば

空気中に浮遊している花粉をそのまま吸塵できますし、

 

室内の湿度を高めていくことで、

吸塵し切れなかった花粉の室内での飛散も防止できます。

 

このように、加湿空気清浄機であれば

花粉症の原因となる花粉を除去できますし、

完走した時期の感染症の予防もすることができます。

 

一方で、花粉症の対策のみに特化したいのであれば、

空気清浄機を購入するといった選択肢もあります。

 

加湿空気清浄機と空気清浄機は

加湿機能の有無だけでなく、

 

他にも細かい部分が異なっており、

それぞれにメリット・デメリットが有ります。

 

会話

空気清浄機と加湿空気清浄機の

詳しい違いについてはこちらの記事を読んでみてね!☆

花粉症を抑えるための加湿器の推奨設定湿度

花粉症を抑えるための推奨設定湿度は40%〜60%となっています!
会話

室内の湿度が40%以下になってしまうと

粘膜が乾燥して花粉症の炎症を悪化させやすくなってしまうし、

インフルエンザなどの観戦料にも罹患する確立が高くなってしまうよ!

 

その一方で、室内の湿度が60%以上になってしまうと、

室内の有害物質の繁殖が促されてしまって、

 

花粉症や感染症とは

また異なる問題が発生してしまうから要注意だね。

湿度が高まりすぎると室内の有害物質が繁殖する

室内湿度が60%以上になるとダニ・カビなどの繁殖が活発になってしまいます!

室内湿度が50%以上に保たれていれば、

インフルエンザの発症率は大きく低下する傾向にありますが、

 

60%以上のように過剰に室内の湿度が高まると

部屋の中でのカビやダニの繁殖が活発になる傾向にあります。

 

加湿器を使う際には部屋の天井などに結露ができない程度に

適切な湿度を維持することを意識しながら適宜活用していきましょう!

 

『加湿器で花粉症対策効果はあり?
推奨設定湿度は何%?』のまとめ

加湿器で室内湿度を高めることで花粉症の症状を抑えることができます!

しかし、過剰に室内の湿度を高めてしまうとダニ・カビといった
有害物質の繁殖も活性化してしまうためバランスを考えて活用しましょう!

会話

他にも、花粉症の時期には『PM2.5』といった有害物質も

国外から飛散してくるんだけど、

 

花粉症対策として加湿器を使っていれば、

ついでにハウスダストや『PM2.5』といったものの

室内での飛散を抑えて、吸引を予防することができるよ!

会話

また、コチラのブログ記事では2017年の

全種類の花粉飛散予想やピーク時期についてまとめています。