Screen Shot 2016-08-06 at 21.13.33

花粉症の症状に効き目があるヒスタグロビン注射ですが、
ヒスタグロビン注射の副作用や治療費用もまとめてご紹介します!
会話

注射治療にはヒスタグロビン注射以外にも下記のようなものがあるよ!

目的や症状に合わせてあなたにベストな注射療法を選ぼう!

  • ステロイド注射
  • アレルゲン注射

ヒスタグロビン注射(=ヒスタミン注射)が
花粉症に効果的な理由・メカニズム

ヒスタグロビン注射を打つことで、
花粉症の原因物質であるヒスタミンへの抗体を作ることができます。

抗体を身体であらかじめ作っておけば
花粉症の症状を大幅抑えることができます!

会話

ヒスタミンは細胞に含まれている成分ではあるんだけど、

アレルギーによって刺激されなければ、

 

基本的には細胞内に留まっていて

粘膜で炎症をおこすようなことはないの。

 

でも、花粉などのアレルギー物質からの刺激を受けると

過剰に分泌されて細胞外に放出されることで、

花粉症などの炎症を起こしちゃうの。

ヒスタグロビン注射(=ヒスタミン注射)による副作用

ヒスタグロビン注射を受けることによる副作用は心配しなくて大丈夫!
副作用はちょっとした眠気や患部が一時的に腫れる程度です!

ヒスタグロビン駐車による

副作用はほとんど考えられません。

 

同じ注射治療である『ステロイド注射』の場合であれば、

効果に即効性がある分 副作用の症状にも注意が必要ですが、

 

ヒスタグロビン注射はアレルギー物質に対しての

抗体を徐々につけていくための予防接種のようなものです。

 

ヒスタグロビン注射(=ヒスタミン注射)を受ける費用

ヒスタグロビン注射によってヒスタミンの抗体を作っていくためには、
複数回の施術を受けていく必要があります。

目安としては週2回の頻度で合計6回以上受けておきましょう。

ヒスタミンに対する抵抗力をつけていくためには、

1周間に2度位の頻度で合計回数が6回以上に

なるように施術を受けていきましょう!

 

6回以上も施術を受けないといけないということで

施術費用が心配になるかもしれませんが、

 

ヒスタグロビン注射は保険が適用されるため、

一度の施術費用は500円から1000円前後しかかかりません。

 

ヒスタグロビン注射以外の花粉症対策に効果的な注射治療

花粉症対策の注射治療には、
ヒスタグロビン注射意外にも下記のようなものがあります!

  • ステロイド注射
  • アレルゲン注射
会話

ステロイド注射は花粉症に対して即効性が期待できますが、

深刻な副作用を受けるリスクがあるよ。

 

その一方で、アレルゲン注射は

3年ほどの間施術を受ける必要があるけど、

体質を改善して根本的に花粉症を治療することができるの!☆

ステロイド注射

  • 処置費用: 1000円〜10000円
  • 効果持続期間:1ヶ月〜3ヶ月
  • 副作用:深刻な場合がある
  • 回数:1回~3回

ステロイド注射は花粉症対策の

注射治療の中で唯一保険対象外となっています。

 

そのため、施術費用も

7000円から1万円ほどかかってしまいます。

 

花粉症による症状は施術を受けた直後から

大幅な改善が期待できますが、

 

身体に本来備わっている

免疫力が著しく低下してしまったり、

 

ホルモン異常を起こして

皮膚・肌質の劣化といった副作用も見られます。

 

つまり、ステロイド注射は

花粉症に対して大きな効果を上げるが、

 

副作用による影響もかなり大きい

ハイリスク・ハイリターンな施術ということができます。

 

日本耳鼻科学会・日本アレルギー学会の中には

『ステロイド注射』に対して懐疑的

意見を持たれている方が数多く存在しています。

 

花粉症を根本的に治す根治治療:アレルゲン注射

花粉症を対症療法で治療するよりも、
根本的に治療することに興味があればアレルゲン注射がオススメです!

会話

アレルゲン注射の特徴は下記を参考にしてください。

アレルゲン注射の特徴
  • 処置費用: 500円〜1000円
  • 副作用:ほとんどみられない
  • 頻度・回数:1ヶ月に1度・40回前後

花粉症を根本的に治療する方法として、

注射療法の『アレルゲン注射』というものがあります。

 

アレルゲン注射は花粉アレルギーの原因となる物質を

継続的に身体に注入していくことで、

 

アレルギー物質に対しての免疫力を

時間を掛けて強化していく治療法になります。

 

アレルゲン注射の効果がみられるまでには個人差がありますが、

少なくとも3年以上は注射治療を継続する必要があります。

 

また、注射を打つ頻度としては

1ヶ月に1回程度といったものが一般的です。

 

アレルゲン駐車による大きな副作用はありませんが、

通年で注射治療を行っていくため、

 

本来であれば花粉症の症状が出ない時期であっても、

アレルゲン注射によって多少のくしゃみや鼻水が出ることはあります。

 

アレルゲン注射はヒスタグロビン注射と同様に保険が適用されるので、

1回あたり500円から1000円前後で施術を受けられます。

 

花粉症対策の注射治療には何科を受診すべき?

花粉症の症状を緩和させたい場合であれば、
基本的にどの診療科で受けても問題ありません!
会話

花粉症の症状には個人差があるので、

基本的には 特に症状が重い部位の診療科を受けようね!

 

もし、近くの病院に花粉症外来があれば

花粉症を専門に扱っている診療科だからオススメだよ☆

保険が使えるため何科を受診しても同じ料金

花粉症のために病院を受診する人の中には、

どの診療科が最もお得に受診できるか

といったことを調べている方がいますが、

 

花粉症の薬や治療は基本的に保険が適用されるため、

診療科が変わっても費用には違いがありません。

 

注射治療以外にもレーザー治療でも花粉症対策が可能!

花粉症対策の中には注射治療の他にもレーザー治療というものが存在します!
会話

レーザー治療の場合は 花粉症の症状の中でも特に、

鼻の粘膜が炎症を起こすことによる鼻炎に効果があります。

花粉症の症状を軽減するにはレーザー治療が効果的!

花粉症をレーザー治療で改善していく場合には、
2つの種類から選んで受けていく必要があります!
会話

花粉症による鼻炎は鼻内部の粘膜が

花粉によって過剰に刺激させることが原因で起こるの。

 

レーザーによって過剰反応している粘膜を焼き切ることで、

それ以上炎症を起こすことを防ぐことができるの!☆

花粉症対策にレーザー治療を用いる際には、
レーザーの照射強度によって異なる2つの種類から選びましょう。

花粉症対策のレーザー治療
  • 光破壊型レーザー治療
  • 光融合型レーザー治療

光破壊型レーザー治療

会話

光破壊型レーザー治療は

従来から行われていた手法になるよ!☆

鼻内部の炎症を起こしている粘膜を

高出力のレーザーによって焼ききってしまいます。

 

焼き切られた粘膜は正常に機能することができなくなり、

結果的に花粉に対して過敏反応しなくなります。

 

また、レーザーによってできた鼻内部の傷は

1ヶ月程度時間をかけることで自然治癒していきます。

 

光融合型レーザー治療

会話

光融合型レーザーは従来のレーザー治療よりも

レーザーの出力を大きく下げて照射していくよ!☆

鼻の内側にある粘膜にレーザーを照射して

焼ききるのではなくやけど状態を作ります。

 

粘膜は焼き切られることなく、

軽いやけど状態になるだけなので

1週間ほどあれば毛が早自然に治癒していきます。

 

レーザー治療によって期待できる花粉症への効果

花粉症の中でも『くしゃみ・鼻水・鼻づまり』といった
鼻炎の症状を軽減させる上でレーザー治療は大変効果的です!

レーザー治療は炎症を引き起こしている

粘膜そのものにアプローチしていくため、

 

花粉症の中でも鼻炎の症状であれば、

すぐに抑えることができますが、

 

根本的な治療ではなく、

効果は持って数年と言われています。

 

レーザー治療による花粉症対策について

詳しく知りたい場合にはコチラの記事を参考にして下さい!