Screen Shot 2016-08-07 at 10.38.59

2017年におけるススキ花粉が飛散するピーク時期やススキ花粉症と同時期に心配される放射能に関する情報についても分かりやすくまとめました。

会話

ススキはイネ科植物の中でも

特に生命力が強く、頑丈に育つ植物です。

 

道端や土手など基本的にそこでも生育しますし、

栄養が少ない痩せた土地でも1メートルほどにまで伸びます。

また、ススキ花粉症の症状自体には

これといった特徴はありませんが、

 

ススキ花粉症を発症させてしまうと、

他のイネ科植物の花粉症も併発する危険性があります。

ススキ花粉症のピーク時期・症状

十五夜のお月見に欠かせないすすきの存在ですが、
ススキの花粉は7月から10月にかけて飛散しています。

会話

痩せた土地であっても

1メートル以上にも成長するススキは、

 

一年中温暖な気候が続く沖縄では

3メートル以上にもなるものも見られます。

ススキはとても頑丈で枯れた後でも茎が頑丈なため、

昔の日本家屋では屋根の建材としても使われていました。

 

そんため、本来日本人にとっては

常に身近に使われていた植物であり、

 

ススキ花粉症が発症したとしても、

そこまで重症化する心配はないと考えられています。

 

ススキ花粉のピーク時期

ススキ花粉が飛散する時期:7月〜10月頃

ススキは道端や土手など栄養がそれほど多くない痩せた土地であっても、
1メートル以上にまで成長し、花粉も比較的広範囲に広がる傾向があります。

ススキの花粉は早ければ7月頃から

少しずつ発散される世になっていって、

 

花粉の飛散が徐々に増加していき、

8月から9月頃でピークに達するという傾向があります。

<ススキ花粉の飛散ピーク時期>
月〜9月 

ススキはイネ科植物の中でも

特に生命力が強い植物ということもあり、

 

日本各地で植生が見られ、

公園や空き地などでもたくさん生えています。

 

そのため、ススキ花粉の時期になれば、

外出すれば基本的に花粉と接触することになるため、

 

外出する際にはいつでも花粉症対策グッズを持ち歩く

ということに注意しておくことがとても重要になります。

主な症状・注意点

ススキ花粉による花粉症であれば、
症状は一般的なものに限られています。イネ科植物の花粉症によって粘膜が敏感になってしまうと、
他の花粉症も併発させてしまう恐れがあります。

ススキ花粉症に気をつけるべき時期は

長引いても10月後半頃までですが、

 

それ以降も花粉症の症状が続いているようであれば、

他の花粉症も併発させてしまっている可能性が高いです。

<ススキ花粉症による主な症状>

  • くしゃみ
  • 鼻水
  • 鼻づまり
  • 目の充血

それでは続いて、ススキ花粉症のための

対策方法についてご紹介していきます。

ススキ花粉症への対策

ススキやアシなどのイネ科植物は
基本的に日本ならどこにでも生えているため、

イネ科植物の花粉症に悩まされているのであれば、
外出する際には毎回シッカリと花粉症対策をしていくことが大切です。

 

会話

病院から処方される内服薬を

あらかじめ服用しておくことによっても、

花粉症の症状を大幅に抑制する効果が期待できますが、

 

今回のブログ記事では 副作用の心配がない

花粉症対策グッズをいくつかご紹介していきます。

挿入型マスク

『挿入型マスク』は鼻の穴を完全に塞いで花粉の吸引を防ぐことができる
鼻専用のものになっており、花粉症による鼻炎の対策に効果的です。

同じ花粉症にかかっている人でも

体質などによって特に鼻の症状が酷いなどの個人差があります。

 

『挿入型マスク』を装着して外出すれば、

どれだけ花粉が飛散している時期であっても

 

鼻からの花粉の吸引を

99パーセント以上シャットアウトできる

といった効果があると言われています。

 

『挿入型マスク』には使いきりタイプと

洗えばなんどでも使える再利用可能なものの2種類が存在します。

 

花粉症に悩まさられるシーズンを通して使うことを考えれば、

再利用可能な『挿入型マスク』の購入がオススメです。

会話

花粉症対策の『挿入型マスク(鼻栓)』についての

詳しい情報についてはコチラの記事を参考にして下さい。

『ワセリン』や『花粉 鼻でブロック』などの塗り薬

『挿入型マスク』では

花粉症による鼻炎しか対策できませんが、

 

塗り薬を活用することで『喉の腫れ』『目の充血』

といった症状も緩和させる効果が期待できます。

 

花粉を吸着する油性クリームとしては、

『ワセリン』や『花粉 鼻でブロック』などの市販薬があります。

 

ただし、ワセリンを使う際に精製度が低いものを使ってしまうと、

酸化作用によって肌が焼けてしまう副作用があります。

 

肌焼けが嫌な場合には、

精製度の高いワセリンを購入するようにしましょう。

 

会話

ワセリンなどの塗り薬に関する詳しい情報については

以下のブログ記事で詳しくご紹介しています。

花粉症対策メガネ

花粉症による『目の充血』を防ぐためには、
『花粉症対策メガネ』というものを活用することもオススメです。

最近では視力矯正以外の用途でも、

さまざまな種類のメガネが開発・販売されるようになりました。

 

『花粉症対策メガネ』は

高機能メガネというものに分類されるのですが、

 

他にもパソコン作業による目の疲れを緩和させたりする

『PCメガネ』などというものも販売されています。

 

花粉症対策メガネはさまざまな企業で製造・販売されており、

基本的に眼球への花粉の付着は90パーセント以上

防ぐことができると言われています。

 

花粉症対策メガネを製造・販売している会社には

Zoffというものがありますが、

会話

花粉症対策メガネに関してより詳しく知りたい場合には、

コチラの記事をぜひ読んでみてください。

『<ススキ花粉症の2017年>飛散予想!
ピークはいつ?放射能情報も』のまとめ

ススキ花粉症による症状は一般的なものにとどまり、
かつ症状もそれほど悪化することはほとんどありません。

しかしながら、ススキ花粉症を発症させてしまうと、
他のイネ科植物の花粉症も併発させてしまう恐れがあるので注意しましょう。

会話

ススキは栄養の無い痩せた土地でも

グングン成長する生命力があり、

 

大きければ3メートルにまで達するものもあるため、

花粉が飛散する範囲はとても広いと考えられます。

 

すすきの花粉が飛散するピーク時期は

8月から9月となっているので注意して下さい。

今回のブログ記事がススキ花粉症や他のイネ科花粉症で

悩まれている方々のお役に立てたのであれば幸いです。

 

それでは、今回の内容はこれで以上になります。

最後までお読み下さり誠にありがとうございました!