ハワイ,マンゴー花粉症,時期,ピーク情報

  • ハワイではマンゴー花粉症に注意?
  • マンゴー花粉の時期やピーク情報は?
  • 注意すべき点や対策はしておくべき?

ハワイには日本のように杉やヒノキが生えていないため花粉症とは無縁だと言われていますが、杉や檜の代わりにマンゴーの木がたくさん生えています。

マンゴーはウルシ科の植物ですから 一度花粉症を発症してしまうと、比較的症状が悪化しやすくなっていますから注意が必要です。

今回のブログ記事では、ハワイでのマンゴー花粉症ピーク時期や対策、注意点などについてご紹介していきます。

会話

日本のスーパーマーケットなどでもドライマンゴーなどが売られていて、マンゴーに親近感をわく人も多いかもしれませんが、ハワイ旅行の際にはマンゴーの木に注意しましょう!

マンゴーの花粉が最も飛散する時期は3月から4月となっていますから、春先にハワイ旅行を検討しているのであれば花粉症対策をしっかりしていきましょう。

また、アメリカであれば日本では処方されないと手に入れられない花粉症薬もドラックストアーなどで簡単に購入することができます。

たとえば、クラリチンなどは花粉症の症状を抑えつつ眠気を感じない特徴がありますからハワイ旅行中にはもってこいだと思います。

他にも、日本国内に入る際にも毎回使っている花粉症薬やマスクなどがあれば、ハワイ旅行の際にも持っていくようにしましょう。

以下のブログ記事ではハワイ旅行をする際にマンゴー花粉症に罹らないための注意点や対策方法、そしてマンゴー花粉症の症状などについてもより詳しく解説していきます。

マンゴー花粉症の症状

会話

それではまず、マンゴー花粉症・マンゴーアレルギーの症状についてご紹介していきます。

ハワイで発症するマンゴー花粉症は 名前の通り花粉を吸い込むことによって発症するわけですが、 一度に大量のマンゴーを食べてしまってもマンゴーアレルギーを発症するリスクが高まるので注意してください。

マンゴー花粉症の症状としては、ヒノキ花粉症やスギ花粉症の書状と似たようなものになっています。

また、マンゴーアレルギーの場合には以下のような症状が出ますから、症状を自覚した場合にはできる限りマンゴーを口にしないようにしてください。

マンゴーアレルギーの症状
  • 口・唇にしびれを感じる
  • 顔がむくんでくる
  • 喉が腫れて痛みを感じる

マンゴーアレルギーの可能性があると、上記のような症状がマンゴーを食べてから15分程度で見られるようになるので要注意です。

さらに、重症科してしまうと蕁麻疹(じんましん)が出てしまったり、呼吸困難の原因にもなります。

万が一を考えた対策が大切!

会話

日本では花粉症になったことがないから。。。スギ花粉症やヒノキ花粉症とは別でしょ。。。と油断しているとマンゴー花粉症は急に発症します。

一度マンゴー花粉症を発症してしまうと、それ以降の人生においても好きなときに好きなだけマンゴーを食べられない体質にもなってしまいかねません。

ですから、特に春先にハワイ旅行に怒られる場合には、これまでの花粉症の経験にかかわらずに最低限の花粉症対策グッズは持参していくことを強くお勧めします。

花粉症薬にはそれぞれ効き目の強さや聞き方に特徴がありますが、基本的にどういった種類の花粉症であっても炎症が起きる原因は似通っていますから効果があります。

対策方法・注意点

マンゴーの木には近づかない!

会話

マンゴーの木は日本では生えていませんから、見かけるとついつい木下で記念写真を撮りたくなってしまうかもしれません。

しかしながら、もちろんですがマンゴーの木下にはマンゴー花粉が溢れかえってますから、一瞬で花粉症を発症してしまいかねないリスクがあることはあらかじめ把握しておきましょう。

マンゴーの木下で記念写真を撮ったら、そのあとから顔がどんどんむくんできたという経験をした人がかなり多いです。

喘息や果物アレルギーを持っている方は特に注意!

会話

スギ花粉症やヒノキ花粉症に悩まされている方はもちろんですが、他にも野菜や果物アレルギーなどを発症している方は高い確率でマンゴー花粉症も発症してしまいます。

もともと花粉症を発症してしまっていた場合には、あなたにとって最適な花粉症薬を把握しているはずですから 毎回使っている花粉症薬を携帯して、マンゴーにはできる限り接触しないように心がけておけば大丈夫です。

最後に

今回のブログ記事では、ハワイならではのマンゴー花粉症の症状や対策方法についてご紹介していきました。

会話

マンゴーは日本スーパーマーケットで売っていたりと安心してしまいがちですが、花粉症やアレルギーの原因にもなります。

マンゴーアレルギーが心配な場合には、まず少しだけマンゴーを食べてみて体に異変がないかをチェックしてみると安心ですね。

また、マンゴー花粉症はハワイだけではなくシンガポールなどの熱帯地域の国では共通して見られる花粉症です。

一度でもマンゴー花粉症を発症した自覚がある場合には、熱帯地域に海外旅行へ出かける際には細心の注意をするようにしてください。

今回はハワイ旅行の際の花粉症の注意点についてご紹介してきましたが、以下のブログ記事では韓国へ旅行する際の花粉症対策についても書いています。

これから韓国へ旅行しようと考えている場合には、ぜひ参考にしてください。