Screen Shot 2016-08-07 at 08.34.17

ブタクサの花粉は7月頃から徐々に飛散し始めて、
8月から10月頃にブタクサ花粉症の症状がピークになります!
会話

ブタクサ花粉症は穀物類が発する花粉だけじゃなくて

穀類によって生産されている食べ物によっても影響を受けるから、

 

しっかりとブタクサ花粉症の症状が出ている

原因を突き止めることが大事だよ!☆

日常的に摂取している食べ物や飲み物の中にも

ブタクサ花粉症の原因となるアレルギー物質が含まれています。

 

また、季節の変化によっていつもの行動圏内であったとしても

花粉の影響で花粉症を発症してしまうこともあります。

 

ブタクサ花粉症の時期はいつまで続くのか?

ブタクサの花粉が飛散する時期は5月〜8月がピークです!
会話

ブタクサ花粉症は秋の収穫の時期に生じる

稲の籾殻や脱穀をする際に生じる粉塵なども

アレルギー反応の原因となっているから注意してね!

『ブタクサ花粉症』の特徴

『ブタクサ花粉症』には他の花粉と比較すると、
以下のように大きく2つの特徴があります!

  • 他の花粉の粒子と比較するとブタクサ花粉の粒子は極めて微小
  • ブタクサ花粉は飛散する時期になっても他の花粉と比べると飛散量が少なめ
会話

ブタクサ花粉は他のスギ花粉やイネ科の花粉などと比べると

飛散する時期になっても花粉の飛散量がそれほど多くないの。

 

だから、ブタクサ花粉が発生する場所を

あらかじめ把握して対策をとっておけば、

比較的簡単に防げる花粉症だよ!☆

ブタクサ花粉による花粉症は予防しやすいけど症状に注意!

ブタクサ花粉は他の花粉と比べると粒子がとても小さいため、
喉や鼻の奥にまで花粉が入り込んでしまい症状が重症化する傾向があります!

ブタクサ花粉による花粉症の症状は

一般的に見られるものとほとんど変わりません。

 

例えば、くしゃみや鼻水、鼻づまり、咳といった

日常的に見られる症状が主な花粉症の症状になります。

 

しかしながら、ブタクサ花粉の場合には

他の花粉粒子と比べるとサイズがとても小さくできているため、

 

喉や鼻などの器官の奥にまで花粉が入り込んでしまう

といったリスクが高いという傾向があります。

 

もちろん、人によって症状の程度には差がありますが、

花粉症の症状がもともとひどい方の場合には、

 

アナフィラキシーショックを起こしてしまう危険性もあるので、

ブタクサ花粉症の自覚がある場合には直ぐに病院を受診しましょう!

 

ブタクサ花粉は飛散量が少ないから予防が簡単!

ブタクサの花粉は他のイネ科植物やスギが飛散させる花粉よりも
花粉の量が少ない傾向があり、比較的予防をすることが簡単です!

ブタクサ花粉症を一度発症してしまうと、

鼻や喉の奥にまで入り込みやすいという性質上

花粉症の症状が重症化してしまうという傾向がありますが、

 

ブタクサ花粉症であれば、

そもそも飛散している花粉の量が少ないので、

 

外から帰宅した際にはうがい・手洗いをするといった

基本的な花粉症予防をしていれば 簡単に予防することができます。

 

また、ブタクサ花粉が飛散している地域は

花粉症の時期の前にしっかりと把握しておいて、

必要以上に近寄らないように注意することも重要です!

 

ブタクサ花粉症の症状を緩和させる市販薬ランキング

※ランキングは管理人の独断と偏見で付けています。

ブタクサ花粉症の主な症状は 一般的な花粉症と類似しています。
そのため、ここでは花粉症全般に効く市販薬をご紹介していきます!

会話

市販されている目薬でも効果的に

花粉症による目の痒みや充血を抑えることができるよ!

 

花粉症対策の目薬を購入する際には、

効能の強さだけではなく点眼した際の清涼感など、

点眼した際の眼への負担なども考えて選ぶようにしようね☆

1位:ザジテンAL点眼薬

目のかゆみを抑える効果:最強

特徴:病院でも処方薬として使われている

ザジテンAL点眼薬は市販されている目薬の中では

目の痒み・充血を抑える上ではピカイチの効果を発揮します!

 

病院の花粉症外来でも患者さんたちに対して

処方薬としても使われています。

 

特に、花粉症対策の目薬に対してこだわりや

体質が合わないといった理由がなければ、

ザジテンAL点眼薬を使ってみましょう!

 

2位:アルガードクリアブロックEX

目のかゆみを抑える効果:強

特徴:花粉症による目のかゆみで悩んでいる人々の間で大人気!

アルガードクリアブロックEXはザジテンAL点眼薬のように

病院で処方されているほどの薬ではありませんが、

 

市販されている目薬の中では、

ザジテンAL点眼薬に次いで炎症を鎮静させる効果を持っています。

 

アルガードクリアブロックEXも花粉症による

目の痒みが辛い方の間ではとても人気な市販薬となっています。

 

3位:アイリスAGガード

目のかゆみを抑える効果:中

特徴:点眼した時に『清涼感』が感じれられてすっきりする!

アイリスAGガードの一番大きな特徴は、

他の目薬にはない『点眼した際の清涼感』です。

 

人によっては目薬を点眼した際に清涼感が感じられないと

目薬を点眼した気がしないといった人もいるので、

そういった方にはオススメの目薬になります。

 

4位:アルガードコンタクトa

目のかゆみを抑える効果:弱

特徴:コンタクトをつけながらでも点眼できて便利!

コンタクトを装着したままでは、

基本的に目薬を点眼することはできません。

 

何故かと言うと、容器に入れられている目薬には

菌の繁殖を防ぐための防腐剤が含まれていて、

それがコンタクトレンズに付着してしまうからです。

 

しかしながら、アルガードコンタクトa であれば、

コンタクトレンズを眼につけたまま点眼することができます!

 

目薬を点眼する度にコンタクトレンズを

外すことが嫌いな方にはとてもオススメな目薬となっています。

 

5位:アイフリーコーワAL

目のかゆみを抑える効果:弱

特徴:点眼した際にソフトで、目に染みるタイプが苦手な人におすすめ!

花粉症によって

目の痒みや充血の症状が出ていても、

 

目薬を点眼する際に目に染みるのが苦手で

なかなか目薬を使えない人もいらっしゃいますが、

 

アイフリーコーワAL であれば、

眼に点眼した際の刺激がなくマイルドな感覚になっています。

 

点眼による眼球への刺激を

気にしている方にはオススメの目薬と言えます。

 

ブタクサ花粉症の症状を
緩和させる市販の飲み薬BEST5!

※ランキングは管理人の独断と偏見で付けています。

こちらでも花粉症全般に効く
市販されている内服薬の中からオススメをご紹介します!

1位:ザイザル

目のかゆみを抑える効果:強  服用回数:1日1回

効果持続時間:24時間    副作用:少しだけ

ザイザルは市販されている花粉症対策の

内服薬の中ではトップクラスの効能があります。

 

1日1錠服用するだけで、

花粉症のあらゆる症状を24時間抑えることができます。

 

効能の強さと比べては副作用は弱めですが、

それでも若干の眠気は感じることがあると言われています。

 

2位:アレグラ

目のかゆみを抑える効果:中  服用回数:1日1回

効果持続時間:24時間    副作用:ほとんどない

アレグラは花粉症対策の内服薬として

日本で最も処方されているものになります。

 

ザイザルのような強烈な効能はなく、

花粉症の『くしゃみ・鼻水』といった症状を適度に抑える効果があり、

 

アレグラを服用することによる、

副作用の心配もほとんどありません。

 

花粉症の症状を緩和させる効能と副作用のバランスが取れた薬ということで

日本では花粉症対策の処方薬としてメジャーになっています。

 

3位:ジルテック

目のかゆみを抑える効果:強  服用回数:1日1回(就寝前)

効果持続時間:24時間    副作用:強い眠気

ジルテックは花粉症の症状の中でも特に、

『くしゃみ・鼻水・鼻づまり』といった鼻炎に関する

症状を抑える上で圧倒的な効果があります。

 

その一方で、1錠内服しただけで

強烈な眠気に襲われるという副作用もあるため、

服用する際には眠気に注意するようにしましょう!

 

4位:アレジオン

目のかゆみを抑える効果:中  服用回数:1日1回

効果持続時間:24時間    副作用:ほとんどない

アレジオンも鼻水・鼻づまりといった鼻に関係する

花粉症の症状を抑える上で大変効果的な内服薬になります。

 

ジルテックほどの即効性や強力な効能はありませんが、

眠気といった副作用もほとんどないため日中に支障をきたしません。

 

5位:クラリチン

目のかゆみを抑える効果:弱  服用回数:1日1回

効果持続時間:24時間    副作用:眠気の作用がない

クラリチンは副作用がほとんど無い

花粉症対策の内服薬と言われています。

 

そのため、日中に仕事や予定があって、

眠気などの副作用を心配して内服薬を服用できない方におすすめです。

 

また、副作用の心配がない分

クラリチンによる花粉症の症状改善の効果も

他の内服薬と比べると弱いと考えられます。

 

『2017年版ブタクサ花粉症のピーク時期到来!
症状を市販薬で対策!』の最後に

ブタクサ花粉症は5月から8月にピークになりますが、
ドラッグストアで取り扱われている市販薬でも十分に対策できます!

他の花粉症との違いとしては、
ブタクサ植物が使われている食べ物を食べることで症状の悪化や
アナフィラキシーショックのリスクが高いということを抑えておきましょう!

会話

今回紹介した目薬や飲み薬は全て市販薬だから、

ドラッグストアで購入することができるよ!

 

病院を受診する時間が

なかなか取れない方のお役に立てれば幸いです☆

もし、市販薬を購入するよりも

病院で受診して薬を処方してもらいたい場合には、

コチラの記事が参考になると思います。

会話

また、コチラのブログ記事では2017年の

全種類の花粉飛散予想やピーク時期についてまとめています。