Screen Shot 2016-08-07 at 08.41.27

コヌカグサは雑草に分類されるため花粉症ではなく『雑草アレルギー』に分類されます。
今回のブログ記事ではコヌカグサ花粉症のピーク時期や対策・市販薬について紹介します!
会話

コヌカグサは人々の生活圏にも数多く存在しているから、

コヌカグサ花粉症の時期になったら外出の際にはマスクを

常時携帯・着用するといった心がけがとても重要になってきます。

コヌカグサ花粉症とは?対策・効果的な市販薬のまとめ

コヌカグサ花粉症は『花粉症』という名称がついていますが、
コヌカグサは雑草のため、『雑草アレルギー』という分類になります。

アレルギーによる症状は一般的な花粉症に加えて、
『喉の痒み』や『湿疹』といった症状がみられます。

会話

5月から7月にかけてコヌカグサ花粉症の症状が出始めますが、

外出時の注意点やすぐに実践できる

花粉症対策などについてもご紹介していきます!

コヌカグサの特徴まとめ

コヌカグサは雑草なだけあって日本の至る所で植生が見られます!
また、コヌカグサの花粉は一般的な花粉と同じように、
日中に飛散量が多くなる傾向があります。
会話

コヌカグサは雑草ということもあり

植生は日本全域で確認できますし、

 

他の雑草とも見た目が似ているため、

無意識のうちに近づいてしまうこともあります。

コヌカグサの飛散量がピークに達する時期

コヌカグサ花粉は5月から7月の約3ヶ月間に渡って飛散し続けますが、
この期間の間でも 特に6月から7月の間が飛散量のピークになります!

コヌカグサ花粉症は5月から7月にかけて発症しますが、

同じ時期にも他の花粉症の原因となるさまざまな種類の花粉が飛散しています。

 

例えば、1月から6月の終わりまではヒノキの花粉も飛散していますし、

7月頃からはブタクサ花粉も量は少ないですが飛散し始めます。

 

このように、それぞれの花粉症が

発症する時期が若干重なることもあるため、

 

適切に花粉症対策ができるように、

一度アレルギー検査を受けることをオススメします。

 

花粉症外来などを受診すれば、

血液検査によってどの花粉に対して

アレルギー反応を示すのか確認しておけば、

 

毎回花粉症のシーズンになった際に、

心配する必要のない花粉症を気にしなくなり、

最低限の努力で花粉症の症状を抑えることができます。

 

コヌカグサ花粉は日本全国で飛散

コヌカグサの花粉は日本全国の至る所で飛散しています。
特に道端や公園の茂み、そして牧草地などの雑草が生えている所では注意しましょう!

花粉症で有名なスギやイネ科の植物などは

目で見ることですぐに判別がつくため、

 

花粉を吸い込まないように、

近寄らないように気をつけるといったことができます。

 

しかしながら、コヌカグサの場合には

雑草であるため他の雑草に紛れて判別がつかないこともあります。

 

このように、雑草のコヌカグサは視覚的に避けることが難しいため、

可能な限り花粉症対策のマスクを着用するといったことを心がけましょう。

 

コヌカグサ花粉症の対策方法

コヌカグサ花粉症の対策としては、
視覚的に認識していなくともあらかじめ
花粉を吸い込まないようにしておく工夫が大切です。
会話

ワセリンを口元や鼻の周りに塗っておいたり、

外出得する時間を少し変えるだけでも、

 

花粉を吸引してしまうリスクを

大幅に抑えることができます。

ワセリンを目元・口元・鼻の周りに塗って花粉症対策

ワセリンには粘性があるため目元や口元、そして鼻の周りに塗っておくことで
花粉アレルゲンがワセリンを塗った部分に触れた段階でキャッチすることができます!

花粉アレルゲンが鼻や眼球、喉の粘膜に付着することで

ヒスタミンによる炎症が起きることで花粉症が発生します。

 

ただ、花粉アレルゲンが粘膜に付着する前の段階で

何度か皮膚に当たっていることがほとんどです。

 

外出している間に花粉アレルゲンが何度か肌に

バウンドしていく過程で粘膜に付着することになります。

 

そのため、粘膜の周りの皮膚に

ワセリンをあらかじめ塗っておくことで、

 

粘膜に触れてしまいそうな花粉を

あらかじめキャッチしておくことができます。

 

ただし、花粉症対策としてワセリンを使っていく際には、

出来る限り『精製度』が高く不純物が含まれないワセリンを使うようにしましょう。

 

様々な不純物が含まれているワセリンを肌に塗ってしまうと、

場合によっては酸化が進んで日焼けしたように焼けてしまいます。

 

外出する際には『時間帯』や『天候』に注意する

花粉は日中に飛散する量が多くなり、
人の動きが少ない夜間には飛散量が減る傾向にあります。

また、雨天の日には花粉は全く飛散しませんが、
翌日晴れた場合には前日の分の花粉も飛散することになるので要注意です!

花粉の飛散量が多くなる傾向にある時間帯は、

午前中から午後の3時頃です。

 

この時間帯には通勤のために電車や自動車などの動きで

空気中に花粉が舞い上がりやすくなります。

 

その一方で、人の動きがほとんど見られない

深夜から早朝にかけての時間帯であれば、

花粉の飛散量も比較的少なくなります。

 

可能な限り花粉と接触しないように注意する上では、

『天候』もしっかりチェックすることが重要です。

 

湿度が80%以上になると花粉が飛散しなくなるため、

雨天の場合であれば花粉との接触の心配はありません。

 

しかし、翌日には前日に飛散しなかった分の花粉も合わせて

空気中で舞うようになるのでより一層の警戒が必要になります。

 

コヌカグサ花粉症の症状に効果的な市販薬

雑草アレルギーでは『喉の痒み』や『湿疹』といった症状も見られます。
こうした疾患もトータルでケアできるような市販薬をご紹介します!

アルガード鼻炎ソフトカプセルEX(ロート製薬)

副交感神経の働きを弱めることで面影の働きを抑制させ、
花粉アレルゲンに対する過剰な反応を防ぎます。

花粉症は花粉アレルゲンに対する

免疫の過剰な反応によっておきますが、

 

アルガード鼻炎ソフトカプセルEXを服用することで、

免疫の働きを抑えて症状を緩和させることができます。

 

パブロン鼻炎薬カプセルSα(大正製薬)

パブロン鼻炎薬にはさまざまな種類のものがありますが、
カプセルSαでは二種類の薬で身体に負担なくスムーズに症状を抑えます。

花粉症の症状を抑える即効性を持ちながら、

ヒスタミンの分泌を長期的に抑制する効果もあります。

 

そのため、1日に2回服用することで

花粉症の症状で悩む必要がなくなります。

 

『コヌカグサ花粉症の飛散ピーク時期は?
症状と対策・効果的な市販薬』の最後に

コヌカグサは雑草ということもあり 日本のあちこちに植生が見られ、
他の花粉症の原因となるスギ・ヒノキ・イネ科植物のように見分けがつきにくいです。

そのため、外出する際にはマスクを常時着用したり、
可能な限り花粉が飛散しにくい深夜や早朝に外出するといった工夫が大切です!

会話

コヌカグサ花粉症は『雑草アレルギー』というものに分類されますが、

『雑草アレルギー』の症状としては一般的なカウン症の書状に加え、

喉の痒みや湿疹などの症状も見られるようになります。

今回のブログ記事が『雑草アレルギー』に関する

お悩み解決に少しでもお役に立てれば幸いです。

会話

また、コチラのブログ記事では2017年の

全種類の花粉飛散予想やピーク時期についてまとめています。