Screen Shot 2016-08-07 at 10.40.06

2017年でのホソムギ花粉症がピークになる時期やホソムギ花粉との接触を避けるための対策法や花粉症の時期に同時に気をつけるべき放射能などについてもご紹介していきます。

会話

ホソムギはイネ科植物に分類されており、

基本的に日本のどこにでも生育している植物になりますが、

 

ホソムギの場合には日本だけでなく、

北米やヨーロッパ、オーストラリアなどの海外にも

広く植生が見られることも大きな特徴です。

日本では都会に住んでいるために

ホソムギの花粉にさらされることがなくとも、

 

海外旅行などをキッカケにして、

旅行先でホソムギ花粉症を発症してしまう

といったケースも多いです。

 

海外旅行へ行く際などは

現地にイネ科植物が密集することないかなど

事前に下調べをしておくことがとても重要になってきます。

ホソムギ花粉症のピーク時期・症状

一般的にイネ科植物は5月から8月にかけて花粉の飛散量がピークに達しますが、
ホソムギは1か月ほど期間が早くなっていることが特徴的です。

会話

日本や海外のどちらにおいても

ホソムギは牧草として用いられており、

 

特に農家の周辺などに

集中的に分布しています。

ホソムギの原産地はヨーロッパになっていますが、

生命力がとても強い植物であり、

 

ヨーロッパ貿易などの結果、日本を含めた

さまざまな国で雑草として広がっていきました。

 

ホソムギ花粉のピーク時期

ホソムギ花粉が飛散する時期:3月〜8月頃

ホソムギは生命力の強い雑草のため、
道端や土手など栄養の少ない土地でもグングン成長していきます。

他のイネ科植物のほとんどは

5月から8月の間に花粉の飛散がピークに達する一方で、

 

ホソムギの花粉は1か月ほど早い

4月から7月までの期間で飛散量がピークになります。

<ホソムギ花粉の飛散ピーク時期>

月〜7月

ホソムギに限ったことではありませんが、

イネ科植物の雑草は基本的に生存能力が高く、

頑丈に成長していきます。

 

そのため、公園や空き地、道端、

そして堤防など どこにでも生えています。

 

こうした理由から、花粉が飛散する時期になれば

必ず花粉と接触してしまうことになるため、

 

外出する際にはいつでも花粉症対策グッズを持ち歩く

ということに注意しておくことがとても重要になります。

主な症状・注意点

ホソムギ花粉症による症状はごく一般的な
『鼻水・鼻づまり・目の充血』といったものにとどまります。

ホソムギ花粉症による症状では

悪化して喘息になったりするといった危険性はありませんが、

 

イネ科植物の中でも

特に早い段階から花粉が飛散し始めるため、

 

ホソムギ花粉症で敏感になった粘膜が

他のイネ科植物の花粉症も併発させてしまう

といった危険性があります。

<ホソムギ花粉症による主な症状>
  • くしゃみ
  • 鼻水
  • 鼻づまり
  • 目の充血

それでは続いて、ホソムギ花粉症のための

対策方法についてご紹介していきます。

ホソムギ花粉症への対策

ホソムギを含めたイネ科植物は日本全国に生えている雑草のため、
外出する際に花粉との接触さけるための工夫がとても大事です。

会話

花粉症の対策は炎症の原因となる

ヒスタミンの分泌を抑える内服薬の処方と

 

花粉症対策グッズによって物理的に

花粉との接触を避ける方法があります。

花粉症対策に効果的な内服薬や注射療法などについては

他のブログ記事で詳しく解説しているので、

 

今回のブログ記事では、花粉症対策グッズによる

対策法方法についてご紹介していきます。

 

会話

内服薬や注射療法などによる花粉症対策については

こちらのブログ記事をぜひ読んでみてください。

挿入型マスク

花粉症による鼻炎を抑えたい方には『挿入型マスク』がオススメです。

マスクというとガーゼで作られて顔を覆って

花粉との接触を避けるものをイメージしがちですが、

 

『挿入型マスク』は種類によってはプラスチック製などで

鼻の奥に挿入することで花粉との接触を避けます。

 

鼻呼吸がしづらくなってしまう

といったデメリットも有りますが、

 

鼻からの花粉の吸引をほとんど防げる

といった効果が期待できます。

 

『挿入型マスク』には使いきりタイプと

洗えばなんどでも使える再利用可能なものの2種類が存在します。

 

花粉症に悩まさられるシーズンを通して使うことを考えれば、

再利用可能な『挿入型マスク』の購入がオススメです。

会話

花粉症対策の『挿入型マスク(鼻栓)』についての

詳しい情報についてはコチラの記事を参考にして下さい。

『ワセリン』や『花粉 鼻でブロック』などの塗り薬

油性クリームには花粉やハウスダスト等の

細かい粒子を吸着する効果があります。

 

この性質を活用することで、

外出する際に口元目の周りに塗っておくだけで

花粉症の症状を緩和させる効果が期待できます。

 

花粉を吸着する油性クリームとしては、

『ワセリン』や『花粉 鼻でブロック』などの市販薬があります。

 

特に『ワセリン』であれば、

家に常備している方も多いと思うので

気軽に実践することができると思います。

 

ただし、ワセリンを使う際に精製度が低いものを使ってしまうと、

酸化作用によって肌が焼けてしまう副作用があります。

 

肌焼けが嫌な場合には、

精製度の高いワセリンを購入するようにしましょう。

 

会話

ワセリンなどの塗り薬に関する詳しい情報については

以下のブログ記事で詳しくご紹介しています。

花粉症対策メガネ

花粉症の影響で涙が止まらなくなってしまったり、
『目の充血』に悩まされている方には『花粉症対策メガネ』が効果的です。

メガネには視力を強制する度数メガネ以外にも、

最近ではパソコン作業による眼精疲労を抑制するための

パソコンメガネなども販売されています。

 

こうした高機能メガネの中に、

眼球と花粉との接触を避ける効果が有る

『花粉症対策メガネ』というものも売られています。

 

花粉症対策メガネはさまざまな企業で製造・販売されており、

基本的に眼球への花粉の付着は90パーセント以上

防ぐことができると言われています。

 

花粉症対策メガネを製造・販売している会社には

Zoffというものがありますが、

会話

花粉症対策メガネに関してより詳しく知りたい場合には、

コチラの記事をぜひ読んでみてください。

『<ホソムギ花粉症の2017年>飛散予想!
ピークはいつ?放射能は?』のまとめ

ホソムギ花粉症は症状には特に目立った特徴は見られませんが、
花粉が飛散し始める時期が他のイネ科植物より比較的早くなっています。

会話

花粉症によって粘膜に炎症が起きていると、

花粉などのアレルゲン物質に対してより敏感になって

 

ハウスダストやダニなどの他のアレルゲン物質によっても

アレルギー症状を併発させてしまう恐れがあります。

今回のブログ記事がホソムギ花粉症や他のイネ科花粉症で

悩まれている方々のお役に立てたのであれば幸いです。

会話

2017年のそれぞれの花粉症のピーク時期に関しては

コチラのブログ記事でまとめてご紹介しています。