Screen Shot 2016-08-06 at 20.47.00

花粉症によっても眠気・だるさといった症状を感じることがあります!
薬を飲んでいなくても眠くなってしまう場合の原因・対策方法について解説していきます!
会話

花粉症の症状としては、以下のような症状が見られます。

また、人によってはこれらの症状に加えて、

体にだるさを感じたり 眠くなってしまう人もいます。

花粉症の症状として見られるもの
・鼻水 ・鼻づまり ・くしゃみ
・せき ・口中の乾き ・目のかゆみ
・流涙 ・皮膚炎 ・頭重感 ・頭痛
・不眠 ・身体のほてり ・顔のほてり
・全身の倦怠感 ・発熱が出る 

 

薬を飲んでなくても
花粉症で眠気・だるさを感じてしまう原因

花粉症を発症すると くしゃみや鼻水といったさまざまな症状が出ますが、
こうした症状の二次的な症状として眠気・だるさを感じることがあります!⇒ 花粉症による眠気・だるさの解消法・対策をチェックしたい人はコチラ
会話

花粉症による症状が続くと、

そもそも身体が体調不良のせいで疲れやすくなってしまうの。

その結果、眠気やだるさといった症状が出てきてしまうんだよ。

くしゃみのし過ぎによる体力の消耗

くしゃみをする際には腹筋や鼻に無意識のうちに力が加わりますが、
花粉症のせいで何度もくしゃみを続けていると体力を消耗してしまいます!

くしゃみをする際には、

無意識のうちに腹筋や鼻に相当な力が入っています。

 

数回くしゃみをする程度であれば、

そこまで体力を消耗することはないですが、

 

特に花粉症によってくしゃみが出る場合には、

くしゃみを短時間で何度も繰り返す傾向にあり、

体力をかなり消耗してしまいます。

 

身体の免疫系が過剰に反応しすぎて体力を消耗する

花粉症は花粉アレルゲンに対して免疫系が働き過ぎることで、
ヒスタミンが過剰に分泌されて粘膜で炎症が起きることが原因となっています!

花粉症はそもそも花粉アレルゲンに対して

身体の免疫機能が過剰に反応することで生じています。

 

そのため、身体は無意識のうちに

免疫機能を活性化させるためにエネルギーを使っており、

結果的に多くの体力を消耗することに繋がってしまいます。

 

鼻水・鼻づまり で口呼吸になってしまい睡眠の質が低下する

鼻水・鼻づまりによって鼻呼吸が困難になり 口呼吸するようになると
酸素供給量が低下するといった影響でスミンの質が著しく低下してしまいます!

花粉症の代表的な症状としては、

鼻水・鼻づまりといった鼻炎があります。

 

こうした鼻の症状に悩まされると鼻呼吸することが困難になり、

花の代わりにくちで呼吸をしがちになります。

 

口呼吸は鼻呼吸よりも酸素供給量が少なく、

睡眠していてもぐっすり眠れなかったりすることで

睡眠の質が低下してしまいます。

 

目の痒みや充血による眼精疲労

花粉症の症状には眼にかゆみを感じたり 充血するといったものもありますが、
そうした症状によって眼精疲労が貯まることで眠気・だるさを感じます!

花粉症を発症すると花粉の種類や体質によっては、

目にかゆみを感じたり 眼が充血して涙が出てくることがあります。

 

こうした症状が長期間に渡って続いていると、

眼精疲労が蓄積してきて眼が疲れやすくなってしまいます。

 

コンタクトレンズを着用していても眼が疲れやすくなったりしますが、

これと同じような理由で目をつぶって休みたくなります。

 

花粉症による眠気・だるさへの対策・解消法

花粉症を発症することで感じてしまう眠気・だるさは
花粉症の症状による二次的な症状と考えられますが、

眠気・だるさに対する対症療法的な解消法から
根本的に対策する方法のどちらもご紹介していきます!

会話

花粉症による眠気・だるさ というものは、

花粉症の症状で身体が疲れてしまうが原因になってるんだ。

 

だから、根本的に眠気・だるさを改善したいのなら、

処方薬や市販薬を服用して花粉症の症状を抑えるのが一番!

 

でも、どうしても内服薬を服用したくない人のためにも

すぐに実践できる対症療法的な解消方法も紹介するよ☆

冷たい水で顔を洗う

冷たい水で洗顔することで交感神経を刺激して
免疫の働きを低下させれば 短気的に眠気・だるさを解消できます!

人間には自律神経というものがあって、

交感神経・副交感神経を使い分けながら生活をしています。

 

交感神経は日中活発に活動している際に活性化され、

副交感神経は夜間などリラックスしている状態で活性化します。

 

そして、副交感神経が優位になると免疫機能の調整が行われ、

免疫の活動が活発になっていきます。

 

その結果、花粉アレルゲンに対する

免疫の反応も過剰になってしまう傾向にあります。

 

このような場合であれば、

冷たい水で顔を洗うことで交感神経を刺激して

副交感神経をの働きを弱めることで症状を緩和させられます!

 

15分〜20分程度の短時間の仮眠を取る

20分前後の仮眠・昼寝をすることで体と脳を休めて
体に溜まってしまっている疲労を効率的に取ることができます!

15分程度の短時間でも仮眠・昼寝をすることで

効率的に身体・脳の疲れが取れるということが言われています。

 

根本的な原因は花粉症の症状の長期化による体調不良ですが、

短時間の睡眠を取り入れることで体に溜まった疲労を取り除くことで、

 

疲労が蓄積したことで生じる

眠気やだるさといった症状を抑えていくことができます。

 

花粉症の処方薬・市販薬を服用して安静にする

薬の副作用として眠気が出てしまいますが、
就寝前に服用すれば睡眠の質が向上しますし、

花粉症の症状を抑えることで、
眠気・だるさの根本的な原因を解消できます!

薬の副作用によって眠気を感じてしまう場合もありますが

花粉症の症状を抑えることで体力が回復し、体調も改善されて、

眠気・だるさといった症状を根本的に解決することができます!

 

薬の副作用による眠気を防ぎたい場合には、

服用回数が1日1回のものを選んでよる寝る前に服用すれば、

 

日中に副作用によって眠気を感じる強さも

可能な限り弱めていくことができます。

 

『花粉症で眠気やだるさが!
薬なしで眠くなる症状の対策まとめ』の最後に

花粉症の症状としては一般的には、
くしゃみや鼻水、咳といったものが思い浮かびますが、

そういった症状の二次的な症状として眠気やだるさ
といった体調不良にもなってしまいます!

会話

冷たい水で顔を洗うことで

眠気を取るといった対症療法的な対策もあるし、

 

花粉症対策の薬を飲んで症状を抑えることでも、

花粉症による眠気・だるさを根本的に解消できるよ!

 

状況に応じて対策・解消法を

使い分けていってもらえたら大丈夫だよ☆

薬を飲んでいないにも関わらず、

花粉症の症状として眠気・だるさを感じている場合には、

 

花粉症の症状が長期化したことによる

体力の低下や体調不良といったものが原因として考えられます。

 

そのため、眠気・だるさを根本的に解決するためには

抗ヒスタミン薬を服用して花粉症の症状を抑制することが効果的です。

 

花粉症対策の市販薬だけでもいろんな種類のものがあって、

1日あたりの服用回数や効き目もさまざまだよ!☆

会話

もし、病院を受診する時間がないけど、

市販薬で症状を抑えたいと思ってるなら、

コチラの記事がとっても役に立つと思うよ☆

 

いろんな種類の花粉症に効く

市販薬が紹介されているから、

きっとお気に入りのものが見つかるはず!

今回の記事内容はこれで以上になります。

花粉症のせいで眠気・だるさに困っている方のお役に立てれば幸いです。

会話

また、コチラのブログ記事では2017年の

全種類の花粉飛散予想やピーク時期についてまとめています。