Screen Shot 2016-08-07 at 10.37.48

2017年でのハルガヤ花粉症がピークになる時期の予想や効果的な花粉症対策についてご紹介していきたいと思います。

会話

ハルガヤはイネ科植物に分類され、一般的には5月8月頃に花粉の飛散がピークになります。

その一方で、ハルガヤは3月から9月頃まで、他のイネ科植物と比較すると長期間に渡り花粉を飛散させています。

また、ハルガヤ花粉症が発症すると、一般的な花粉症の症状に加えて咳もするようになり症状が悪化すると咳喘息喘息になってしまう恐れもあります。

ハルガヤ花粉症のピーク時期・症状

ハルガヤはススキのようなイネ科植物と同様に、日本全国で見られる雑草です。特に、道端や空き地、公園の草むらなどに集中的に生えています。

会話

ハルガヤは3月から9月頃まで花粉が飛散している比較的花粉の発散期間が長いイネ科植物です。

ハルガヤの花粉は長期間に渡り飛散していくため1日あたりの飛散量は少ない傾向にありますが、

ハルガヤ花粉症を発症させてしまうと喘息などの原因にもなりかねないので注意しましょう。

ハルガヤ花粉のピーク時期

ハルガヤ花粉が飛散する時期:3月〜9月

ハルガヤは空き地や公園、道端などのどこにでも生えているため、花粉が飛散している時期には花粉症対策しておくことが大切です。

花粉が飛散している時期が3月から9月までとかなり長くなっていますが、花粉の飛散がピークに達する時期も4月から7月までと長期にな渡っています。

<地域毎のカモガヤ花粉の飛散ピーク時期> 4月〜7月

ハルガヤはそこまで大きく成長することはないため、花粉の飛散範囲はそこまで広くないことが特徴です。

同じイネ科植物でもアシであれば、6メートルまで成長するものもあり広範囲に花粉が飛散します。

主な症状・注意点

ハルガヤ花粉症を発症させると咳をするようになることが特徴ですが、他にも『くしゃみ・鼻水・鼻づまり』などの一般的な症状も見られます。

イネ科植物による花粉症の場合には花粉症を発症させてしまうと、『口腔アレルギー症候群(OAS)』という食物アレルギーも併発させてしまうことがあります。

ハルガヤ花粉症にはこうした特徴はありませんが、症状の中に『咳』があるため悪化して喘息ならないように気をつけることが必要です。

<ハルガヤ花粉症による主な症状>
  • くしゃみ
  • 鼻水
  • 鼻づまり
  • 目の充血
  • 咳(悪化すると喘息になる危険性)

それでは続いて、ハルガヤ花粉症を予防・抑制するための対策方法についてご紹介していきます。

ハルガヤ花粉症への対策

ハルガヤはカモガヤやススキのようにどこにでも生えている雑草のため、ある特定の地域を歩かないといった方法では花粉との接触を避けることはできません。
そのため、外出する際には毎回花粉症対策グッズを着用することが効果的です。

会話

花粉症対策グッズというと、感染症予防の際にも使われているガーゼに紐が取り付けられたマスクがイメージされると思います。

しかしながら、一般的に普及しているマスクの場合にはどうしてもマスクと顔の間に隙間ができてしまって、そこから花粉が入り込んできてしまいます。

最近は『挿入型マスク』ワセリンなどの塗り薬によって花粉との接触を避ける方法が効果的と言われているので、今回はそれらの対策方法をご紹介していきます。

挿入型マスク

『挿入型マスク』はマスクというよりも鼻栓をイメージしてもらえればいいと思います。鼻栓によって鼻の穴を完全に閉じることで花粉の吸引をシャットアウトできます。

花粉症の中でも特に鼻炎に悩まされている方にとっては、『挿入型マスク』はとても効果的にな対策になります。

マスクというと、顔を覆うもののようなイメージが有りますが、花粉症対策用の『挿入型マスク』というものであれば、鼻栓の形状を指定て鼻の奥にまで差し込んで使います。

花粉の吸引量も99パーセント以上もカットできると言われており、見た目も着用がほとんど分からないような工夫がされています。

『挿入型マスク』には使いきりタイプと洗えばなんどでも使える再利用可能なものの2種類が存在します。

花粉症に悩まさられるシーズンを通して使うことを考えれば、再利用可能な『挿入型マスク』の購入がオススメです。

花粉症対策の『挿入型マスク(鼻栓)』についての詳しい情報についてはコチラの記事を参考にして下さい。

『ワセリン』・『花粉 鼻でブロック』などの塗り薬

油性クリームである『ワセリン』や『花粉 鼻でブロック』などを外出する前に口元や目の周りに塗っておくだけでも、花粉症予防に大きな効果があります。

花粉が目や鼻、喉の粘膜に付着する際には、それまでに何度か頬や口元などの皮膚に触れています。

そのため、花粉を吸着する力がある油性クリームを塗っておいて花粉をキャッチしてしまうことで粘膜との接触を避けるといった効果が見込まれます。。

そこで、花粉を吸着する油性クリームを粘膜の周辺に塗っておくことで、一度触れた花粉をそれ以上吸い込んでしまうことを防ぐことができます。

これらの塗り薬に関する詳しい情報については以下のブログ記事で詳しくご紹介しています。

『<ハルガヤ花粉症の2017年>飛散予想時期!ピーク予測は?』のまとめ

ハルガヤは道場や公園、空き地などのいたるところに生えているイネ科植物ですが、花粉症を発症させてしまうと喘息などに悪化してしまう危険性もあります。

会話

イネ科植物の中でもハルガヤはそこまで高く成長はしないことから、ハルガヤの花粉が飛散する範囲は広くありませんが、一般的な症状に加えて『咳』が出てしまうため、早めに治療して悪化させないようにしましょう。

今回のブログ記事がハルガヤ花粉症や他の花粉症で悩まれている方々のお役に立てたのであれば幸いです。

会話

2017年のそれぞれの花粉症のピーク時期に関してはコチラのブログ記事でまとめてご紹介しています。