Screen Shot 2016-08-07 at 08.40.14

シラゲガヤは雑草のため、『シラゲガヤ花粉症』は『雑草アレルギー』に分類されます!
雑草による花粉症は春を過ぎた夏のはじめ頃から症状がで始めます!
会話

シラゲガヤの花粉が飛散する時期は ヒノキなどの

一般的な花粉症の原因となる植物と一部時期が重なっているため、

春が終わって夏に入ってもなかなか症状が治まらない場合にはチェックしてみましょう!

シラゲガヤ花粉症とは?対策・効果的な市販薬のまとめ

シラゲガヤ花粉症は『雑草アレルギー』に分類されますが、
症状は一般的な花粉症と極めて類似しています。

会話

スギ花粉症やヒノキ花粉症と同じように

アレルギー性鼻炎による『くしゃみ』や『鼻水』、

そして『鼻づまり』といった症状がみられます。

シラゲガヤの特徴まとめ

シラゲガヤは雑草ということもあり日本の全域で生えていますが、
特に日当たりの良い道端や牧草地などの雑草が生い茂っている地域に見られます!
会話

シラゲガヤの植生地域は人々の生活圏にもとても近い傾向があり、

あらかじめ植生地域と花粉の飛散時期を把握しておく必要があります!

シラゲガヤの飛散量がピークに達する時期

シラゲガヤの花粉は6月から徐々に飛散し始めて、
7月から8月の2ヶ月間に渡って飛散量がピークに達していきます!

シラゲガヤ花粉症と他の植物による花粉症の大きな違いは

花粉症が発症する時期となっています。

 

花粉症自体の症状は基本的なものしか無いので、

他の花粉症と一緒に併発している際には気付かないことがほとんどです。

 

夏に入ってヒノキやブタクサ科植物などの

花粉症の時期が終わってからも、

 

花粉症の症状が絶えず続くようであれば、

シラゲガヤなどの『雑草アレルギー』による花粉症の場合があるため、

 

そうした場合には、一度花粉症外来を受診して

アレルギー検査を受けてアレルギー症状の原因物質を確かめておきましょう!

 

シラゲガヤ花粉症の対策方法

シラゲガヤは日本全域に植生していますが、
ローカルな視点で見ると植生にも若干バラツキがあります!シラゲガヤが生い茂っている地域に住んでいる場合には、
外出する際などに花粉と接触しないために対策を行っていきましょう!
会話

軟膏のワセリンを使って眼や鼻の周りを保護したり、

外出する際に『時間帯』と『当日・前日の天候』をチェックすることでも

花粉アレルゲンとの接触を比較的避けやすくなります!

シラゲガヤ花粉症対策にはワセリン軟膏が有効!

肌の保湿は皮膚炎にも使われているワセリン軟膏ですが、
粘性と肌の抗炎症作用が花粉症対策にも効果的です!

花粉症による症状として『くしゃみ』や『鼻水』に悩むようになると、

鼻の下あたりの皮膚が炎症によって赤く腫れてしまうことがあります。

 

こうした部分にワセリンを塗ることでティッシュの摩擦によって

肌の炎症を悪化させることを抑制することができます!

 

また、ワセリン軟膏に含まれている脂分の粘性によって、

空気中に浮遊している花粉アレルゲンをキャッチして

粘膜への付着を予防することもできます!

 

シラゲガヤ花粉症の時期に外出する際における2つの注意点

日中は人の動きも激しい影響で
花粉アレルゲンが飛散しやすい傾向にある一方で、

深夜から早朝にかけては朝露や人通りが少ないために、
花粉アレルゲンの飛散量が減少する傾向にあります!

花粉粒子はとても微細で軽いもののため、

電車やバスなどの移動だけではなく人が歩行する際の

風圧によっても空気中に簡単に舞い上げられてしまいます!

 

そのため、通勤ラッシュの時間帯や昼食のために外出する人が多い

午前7時頃から午後3時頃までは比較的花粉の飛散量が多い傾向があります。

 

反対に、深夜から早朝であれば朝露で

水分を含んだ花粉粒子は飛散しにくいですし、

 

そもそもで歩いている人が少ないといった理由から、

花粉アレルゲンの飛散量は少ない傾向にあります。

 

コヌカグサ花粉症の症状に効果的な市販薬

雑草アレルギーでは『喉の痒み』や『湿疹』といった症状も見られます。
こうした疾患もトータルでケアできるような市販薬をご紹介します!

アルガード鼻炎ソフトカプセルEX(ロート製薬)

体の免疫反応が過剰に作用することを防ぐ効果が期待できます!

花粉症の症状は免疫が花粉アレルゲンに対して、
過剰に反応することが原因になって発症しています。

アルガード鼻炎ソフトカプセルEXを

1週間から2週間ほど服用し続けることで、

中・長期的に副交感神経の活性化を抑えることができます。

 

副交感神経は免疫系等のメンテナンスを担当している部分になりますが、

花粉症の時期になると体質によって過剰に作用してしまうことがあります。

 

花粉症の時期に入る前に

あらかじめ服用し始めておくことで、

 

花粉アレルゲンの飛散がピークになった時期であっても

花粉症の症状を大幅に抑えることが可能です。

 

ザイザル(グラスコー・スミスクライン)

花粉症対策の薬の中ではトップクラスの効能を持っています!
副作用による眠気が強力なので運転などをする際には服用しないように注意して下さい。

ザイザルはもともと大変強力な効き目を持っていた

『ジルテック』の効能と副作用を抑えた改良医薬品として作られました。

 

市販薬として購入することが可能ですが、

病院でも処方されており 花粉症の症状を徹底的に抑えることができます。

 

ただし、『ジルテック』と比べれば副作用は弱いですが、

そうだとしても自動車の運転や危険を伴う機械での

作業などの予定がある場合にはザイザルの服用は避けて下さい。

 

アレグラやクラリチンなどの副作用が

ほとんど無い花粉症対策薬を使っていきましょう!

 

『シラゲガヤ花粉症のピーク時期!
症状と対策・効果的な市販薬まとめ』の最後に

シラゲガヤは日当たりの良い道端や
林、そして牧草地などで植生が見られます!

サッカーのグラウンドなどの生活圏にも
よく見られるため花粉が飛散する時期には注意しましょう!

会話

シラゲガヤ花粉症の症状としては一般的な症状しか見られず、

症状のみではシラゲガヤの花粉が原因なのか判断できません。

 

夏に入っても花粉症の症状で

悩まされ続けている場合は、

 

病院で『アレルギー検査』を受診して、

アレルギーの原因物質を特定していくことが大変効果的です!

今回のブログ記事が『雑草アレルギー』に関する

お悩み解決に少しでもお役に立てれば幸いです。

会話

また、コチラのブログ記事では2017年の

全種類の花粉飛散予想やピーク時期についてまとめています。