Screen Shot 2016-08-07 at 08.55.01

KW乳酸菌はKIRINと小岩井乳業の共同研究・開発によって見つけられた乳酸菌です!
酸耐性が強く腸に生きたまま届き、アレルギー反応を抑えるためアトピーや花粉症にも効果的です!

今回のブログ記事では、KW乳酸菌を摂取することで得られる効能から、
KW乳酸菌が含まれているヨーグルトやサプリメントもご紹介していきます!

会話

KW乳酸菌はもともと、KIRINとそのグループ会社である小岩井乳業が

共同研究・開発して見つけた乳酸菌になりますが、

 

現在ではKIRINはKW乳酸菌に関するビジネスから撤退しており、

小岩井乳業とヤクルトがヨーグルトやサプリメントを販売しています。

 

町に生きたまま届く乳酸菌の中でも、

アレルギー症状を抑える乳酸菌はとても希少で、

アトピーや花粉症を内側から治療する方法としても注目されています!

アレルギー状態のときに免疫バランスを整える『KW乳酸菌』

出典:新たな乳酸菌の発見|KIRIN

引用先URL:http://www.kirin.co.jp/company/rd/case/lactobacillus.html

KW乳酸菌の効能・摂取方法のまとめ

KW乳酸菌は他の乳酸菌と同じように整腸作用などももちろんありますが、

KW乳酸菌ならではの特徴としては、
耐酸性が強く かつ、アレルギー症状を抑える効能を持つことです。

会話

KW乳酸菌の正式名称は『KW3110株』というもので

KW乳酸菌の中でも3110株は特に酸耐性が強く、

アレルギー症状を抑える効果があります!

 

また現在は、ヤクルトと小岩井乳業が

KW乳酸菌を使ったヨーグルトやサプリメント、

他にも噛んで食べられるタブレットといったライナップを取り揃えています。

KW乳酸菌でアレルギー症状が改善!

KW乳酸菌は生きたまま腸に届くだけの酸耐性があり、
さらには、アレルギー症状を緩和させる効能も持っています!そのため、アレルギーによる炎症が原因で発症してしまう
アトピーや花粉症を体の内側から予防・改善する効果が期待できます!

KW乳酸菌は乳酸菌の中でも、酸に対する強い耐性と

アレルギーの症状を抑える効果を併せ持つ

数少ない貴重な乳酸菌となっています。

 

アレルギー症状によってアトピーや花粉症の症状が発症しますが、

症状は体内に蓄積されたIgE抗体の量によって影響を受けます。

 

花粉症について言えば、

花粉アレルゲンが免疫細胞に付着することで

アレルギー反応が起きると体内にIgE抗体が蓄積されていきます。

 

そして、それぞれの人の体質によって若干異なりますが、

IgE抗体の蓄積量がある一定以上になると花粉症が発症してしまいます。

 

KW乳酸菌は腸内で発酵を続けることによって乳酸を算出していきますが、

その乳酸に体内に蓄積されたIgE抗体を減退させていく効果があります。

 

そのため、アトピーや花粉症の原因物質となっている
IgE抗体を体内から取り除くことで発症を防ぐことができます。

 

アトピーと腸内環境の関係性

アトピーは腸内環境が荒れた影響によっても発症すると言われています!
KW乳酸菌には整腸作用もあるため2つの方法からアトピー症状を対策できます!

体内にはさまざまな種類の免疫細胞が存在し、

それぞれの免疫細胞によって免疫力における役割や機能が異なります。

 

例えば、ある免疫細胞であれば『ウイルスや病原菌を見つけること』に秀でていて、

また他の免疫細胞であれば『ウイルスや病原菌を撃退する』役割を持っています。

 

そして、こうした免疫細胞の60%以上が腸に存在し、

どれだけ正常かつ活発に働けるかは腸内環境が大きく影響しています。

 

乳酸菌によって腸内環境を整えることで、

体の免疫能力を大幅に向上させることができ、

 

整腸作用によっても

アトピーの症状を改善していくことができます。

 

また、腸内環境を整えて

体の免疫力を高く保っておくことで、

 

食事をして食中毒になったり、

ウイルス感染してしまうリスク下げることができます。

 

KW乳酸菌は白血球のバランスも整える!

KW乳酸菌は血球に含まれる白血球数のバランスを整えることによっても、
免疫力の向上・アレルギー症状の改善といった効能をもたらします!

KW乳酸菌には体内に存在する白血球数のバランスを整える効果もあって

免疫機能が過剰に働いてしまうことでアレルギー症状に悩まされたり、

白血球数が落ち込んでしまうことによる免疫力の低下を防げます!

 

つまり、KW乳酸菌は血球の白血球数のバランスを保つによっても、

免疫の過剰な働きによるアレルギー症状を抑制させることで

アトピーや花粉症を予防・改善することに効果的です!

 

KW乳酸菌を日頃から摂取することで
腸内環境を整えて便秘・下痢の予防・改善もできる!

モラック乳酸菌を腸に取り入れることで、
腸内環境を改善して便秘や下痢といった症状を改善してくれます!

モラック乳酸菌にかぎらず、

乳酸菌は食物を発酵させる際に乳酸を産出します。

 

乳酸は腸内の善玉菌の貴重な栄養素となり、

善玉菌の働きを活性化させて悪玉菌の働きを抑制します。

 

乳酸菌を習慣的に取り入れている人々は、

乳酸菌を取り入れていない人々と比較すると

排出される便における有害物質の含有量が少ない傾向にあります。

乳酸菌を摂取することで減少が確認された有害物質
  • スタフィロコッカス属(ブドウ球菌)
  • 腐敗物質(パラクレゾール)

スタフィロコッカス属は身体に負った傷が化膿する原因となったり、

食中毒を誘発される原因物質だと言われています。

 

また、腐敗物質(パラクレゾール)には発ガン性があるため、

体内に大量に蓄積しているとがん発生率が高まるリスクがあります!

 

このように、乳酸菌を取り入れることで

飛躍的に腸内環境を改善することができますし、

 

腸内環境を改善して善玉菌の働きが活発になることで、

便秘・下痢の解消にも役立ちます!

 

下痢の症状が出ている人であれば、

弁がちょうどよい硬さになって排便が改善されますし、

 

便が硬すぎることで排便に支障が出てしまっいる人であれば、

便の硬さがある程度柔らかくなることで排便が楽になります。

 

さらに、腸内環境を整えることで『脳腸相関』という性質から

脳の不調によるストレスや不安感を解消することもできます!

 

脳と腸は内分泌系や自律神経、免疫系の働きを共有しているため、

腸内環境が改善されると脳の働きにも好影響があります。

 

その結果、脳の働きが正常かつ活発になり、

ストレス解消や俯瞰間の抑制といった効果も期待することができます!

 

KW乳酸菌を摂取するオススメな方法

KW乳酸菌はキリン株式会社と
小岩井乳業株式会社の研究開発によって見つけられましたが、

現在では、ヤクルトと小岩井乳業が製造・販売しているヨーグルトなどの乳製品、
他にはサプリメントや噛んで食べられるタブレット錠などで摂取できます。

KW乳酸菌はヨーグルトなどの乳製品の中で整腸・増殖していく乳酸菌のため、

乳酸菌の中でも動物性乳酸菌という分類になります。

 

動物性乳酸菌は植物性乳酸菌と比較して、

酸耐性に弱い傾向がありますが KW乳酸菌は

動物性乳酸菌であるにも関わらず酸に対して強い耐性があります。

 

そんなKW乳酸菌ですが、

一般的な食事で摂取できる食物には含まれていないため、

 

KW乳酸菌を摂取するためには、

小岩井乳業やヤクルトが製造・販売している

既成品を購入する必要があります。

小岩井乳業株式会社やヤクルトが販売している
KW乳酸菌が含まれる食品
  • ノアレKW乳酸菌タブレット【ヤクルト】
  • ノアレKW乳酸菌カプセル【ヤクルト】
  • 小岩井プラズマ乳酸菌ヨーグルトKW乳酸菌プラス

『ノアレKW乳酸菌タブレット』はグレープフルーツ味のタブレットで、

噛んで食べるお菓子のような感覚で楽しみながらKW乳酸菌を摂取することができます!

 

一方で、『ノアレKW乳酸菌カプセル』の場合には、

サプリメントとして食事に時間を掛けたくない人におすすめです。

 

『KW乳酸菌はアトピーや花粉症に効果あり?
サプリやヨーグルトで摂取』の最後に

KW乳酸菌は動物性乳酸菌に分類されますが、
酸に対する体制が比較的強いため町にまで生きて届き、
体の内側からアレルギー症状を抑える効果が期待できます!

現在、KW乳酸菌が含まれている製品は
ヨーグルトやサプリメント、タブレットといった形で
ヤクルト株式会社と小岩井乳業株式会社が取り扱っています。

会話

KW乳酸菌には白血球のバランスを整えたり、

腸内環境を整えることによる免疫力の向上や

アレルギー症状の改善といった効果が期待できます。

アトピーや花粉症に対する対策のほとんどは

内服薬や外科的な手術によるものですが、

 

KW乳酸菌を取り入れることによって、

体の内側から花粉症などのアレルギー症状を抑えることができます!

会話

また、コチラのブログ記事では2017年の

全種類の花粉飛散予想やピーク時期についてまとめています。

<参考リンク>

出典:新たな乳酸菌の発見|KIRIN
引用先URL:http://www.kirin.co.jp/company/rd/case/lactobacillus.html