Screen Shot 2016-08-07 at 09.22.18

『l-55乳酸菌』は腸内環境を整えることによって、
花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギー症状の予防・緩和に効果的と言われています。

また、消化液耐性も高く生きたまま腸に届く希少な乳酸菌で、
さらに腸に長く留まることで最大限乳酸の効果を得ることができると期待されています。

会話

『l-55乳酸菌』は腸の中に長く留まる性質の持っている

『持続性乳酸菌』という乳酸菌に分類されてます。

 

乳酸菌は腸内で食物を発酵させる際に乳酸を産出するのですが、

この乳酸によって さまざまな効能を得ることができると期待されています。

 

しかしその一方で、ほとんどの乳酸菌は

腸に届く前に消化液によって死滅させられてしまいますし、

 

腸に生きたまま届いたとしても、

すぐに大便に混ざって排出されてしまうことがほとんどです。

 

そのため、『l-55乳酸菌』のように消化液耐性が強く、

かつ腸に長い間と泊まれる乳酸菌はとても貴重な存在なのです!

今回のブログ記事は『l-55乳酸菌』を研究・開発した『オハヨー乳業株式会社』の

公式ホームページに掲載されている内容を参考にして情報をまとめたものになります。

弊社では近年、食品微生物に関する研究に取り組んだ結果、生理的機能を有し、且つ発酵乳製造に利用可能な新規乳酸菌、『L-55乳酸菌』を発見し特許を出願しました。

出典:L-55乳酸菌について | オハヨー乳業 基礎研究室
引用元URL:http://www.ohayo-milk.co.jp/labo/01_l-55/01.html

『l-55乳酸菌』の効能・摂取方法のまとめ

『l-55乳酸菌』の主な効能としては、
花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギー症状を抑えることですが、

腸内環境を整えることによって、
免疫力を向上させたり 脳の働きを清浄化させる効能もあると言われています。

会話

乳酸菌は『l-55乳酸菌』に限らず、基本的に産出される乳酸によって

腸内環境が整えられるというメリットがあります。

 

乳酸は腸内の善玉菌にとっての貴重な栄養素であり、

善玉菌の成長・増殖を促進させることができるからです。

 

さらに、そうした仕組みで成長することによって、

『便秘・下痢の解消や改善』や

『脳腸相関によるストレス・不安感の解消』といったメリットがあります。

『l-55乳酸菌』でアレルギー症状が改善?

『l-55乳酸菌』には花粉症やアトピー性皮膚炎などの
アレルギー症状を緩和・予防する効能があると期待されています。アレルギー症状の原因物質を抑制することによる直接的な作用と
腸内環境を整えて心理的に安定することによる間接的な作用があると言われています。

花粉症やアトピー性皮膚炎を

発症させてしまう直接的な要因は2つあります。

 

1つ目はアレルゲンに対して、

過剰反応した免疫系が分泌したヒスタミンです。

 

そして2つ目は、アレルゲンと接触する度に生成されて

体内に蓄積され続ける『IgE抗体』というものです。

 

 

ヒスタミンはもともと細胞内に存在する物質ですが、

花粉などのアレルゲンが粘膜に接触すると免疫作用によって

過剰にヒスタミンが分泌されて細胞外に放出されてしまいます。

 

細胞外に放出されたヒスタミンが粘膜に触れると炎症が起こってしまい、

これが花粉症の症状となって眼や鼻、喉の症状となって現れます。

 

『IgE抗体』は粘膜などの敏感な部分が

花粉アレルゲンなどと接触する度に生成されて、

体内に徐々に蓄積され続けていきます。

 

そして、体質によって大きく異なりますが、

ある一定以上の『IgE抗体』が蓄積された段階で

花粉症などのアレルギー症状が発症されるようになります。

 

腸内には体内に存在する免疫細胞の60%以上が含まれており、

『l-55乳酸菌』を腸に取り入れて腸内環境を整えるだけで

免疫細胞の大多数の働きを清浄化させることができます。

 

その結果、アレルゲンに対する過剰反応を抑え、

さらに 蓄積してきた『IgE抗体』を減少させることによって

アレルギー症状の抑制・解消といった効果を期待することができます。

 

アトピーと腸内環境の関係性

アトピー性皮膚炎は腸内環境と深い関係があります。
腸内環境を整えることでアトピー性皮膚炎の症状を抑えることができると言われています。

アレルギー症状にかぎらず精神が不安定な状態だと

身体まで体調不良になってしまうことがあります。

 

『l-55乳酸菌』で腸内環境を整えることで、

精神を安定させて アレルギー症状を抑制する効果も期待できます。

 

脳と腸は免疫系や自律神経を共有しているため、

密接に結びついており『脳腸相関』と呼ばれています。

 

例えば、頭でストレス・俯瞰感などを感じている

それが腸にも悪影響を及ぼして『便秘・下痢』といった症状が出てきます。

 

その反対に、腸内環境を整えることができれば、

脳が感じているストレスや不安感を解消することで、

 

アレルギー症状の悪化を防いで

徐々に改善させていくことができると期待されています。

 

『l-55乳酸菌』を摂取するオススメな方法

『l-55乳酸菌』は生きたまま腸に到達して、
そのまま腸に長い間留まるという特徴を持っていますが、

さらに、『l-55乳酸菌』はその増殖力が強力なことでも注目されており、
一般的な牛乳の中であってもドンドン増殖して増えていくことができると言われています。

『l-55乳酸菌』は増殖力・生存能力ともに高い乳酸菌であるため、

牛乳やヨーグルトといった一般的な乳製品を

食べたり飲んだりするだけでも摂取することが可能です。

 

しかしながら、食生活を改善することで

『l-55乳酸菌』を摂取する方法では、

 

食事をする度に毎回工夫をしなければならないという手間がかかり、

なかなか習慣化させることが難しくなってしまいます。

 

『l-55乳酸菌』にかぎらず、乳酸菌を摂取して健康増進を目指すのであれば、

長期的に一定量の乳酸菌を摂取し続けていく必要があります。

 

そのため、可能であれば『l-55乳酸菌』さん大量に含まれている

ヨーグルトやサプリメント、乳酸菌飲料などを購入して

気軽に楽しみながら継続していくべきと考えています。

<『l-55乳酸菌』が大量に含まれているサプリメント・ヨーグルト一覧>
  • ヘルスエイド ビフィーナS【医薬品メーカー:森下仁丹】
  • おいしく果実 グレープフルーツヨーグルト【オハヨー乳業】
  • 抵糖・低脂肪ヨーグルト【オハヨー乳業】

『l-55乳酸菌』を含んでいる製品は

さまざまな企業によって製造・販売されているので、

あなたのライフスタイルや重要視するポイントによって商品を選んでみてください!

 

特に、時間ないけれどパパっと乳酸菌を取り入れたい場合であれば、

サプリメントやタブレットの形態で摂取することがオススメです!

 

『l-55乳酸菌のサプリ・ヨーグルト一覧!
花粉症やアトピーに効果?』の最後に

『l-55乳酸菌』は腸に生きて届いてからも、
長く腸内に留まることができる『持続性乳酸菌』として注目されています!

さらに、花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギー症状を緩和させる効果もあり
体の内側から花粉症・アトピー対策を行うこともできると考えられています。

会話

花粉症やアトピー性皮膚炎を内服薬で治療・予防しようとすると、

どうしても多少なりとも内服薬による副作用を受けることになってしまいます。

 

しかしながら、ヨーグルトなどの乳酸菌製品であれば、

薬の副作用が心配な赤ちゃんや妊婦さんでも心配せずに摂取できます。

『l-55乳酸菌』にはアレルギー症状を抑える効果だけでなく、

整腸効果によるストレス・不安感の解消や便通の改善などなど、

 

さまざまなメリットが存在するので、

ぜひ食生活に取り入れて、健康増進・アレルギー症状の対策に役立てていきましょう!

 

コチラのブログ記事では、ブログで紹介している

乳酸菌の特徴をまとめてご紹介しています。

<参考サイト>

出典:L-55乳酸菌について | オハヨー乳業 基礎研究室
引用元URL:http://www.ohayo-milk.co.jp/labo/01_l-55/01.html