Screen Shot 2016-08-07 at 09.11.29

プラズマ乳酸菌には免疫力を格段に高めて、インフルエンザを予防・緩和したり、便秘解消などの効能が期待できます。

さらに、今回のブログ記事ではプラズマ乳酸菌のオススメ摂取方法についてサプリメントやヨーグルト、ペットボトル飲料などをご紹介していきます。

会話

プラズマ乳酸菌の正式名称は、『ラクトコッカス属ラクティス菌JCM5805株』といいます。

KIRINが研究開発に成功した乳酸菌で、乳酸菌の中でも特に免疫力を向上させる効能が高いことが特徴です!

これまでの乳酸菌とは異なる『免疫メカニズム』で免疫の根本を強くする乳酸菌です。

出典:KIRIN プラズマ乳酸菌 研究レポート
引用元URL:http://health.kirin.co.jp/about/

プラズマ乳酸菌の効能・摂取方法のまとめ

プラズマ乳酸菌の大きな特徴は免疫力の向上ですがどういった仕組みで身体の免疫力を向上させていっているのか、そして、プラズマ乳酸菌の効能を得られるようになるためには、どのような食品・サプリメントをどの程度の期間摂取する必要があるのか解説していきます!

会話

乳酸菌は基本的にどういった種類のものでもある程度の免疫力向上が期待できますが、ほとんどの乳酸菌は体内に数多く存在する免疫細胞の中でも、一部の免疫細胞を増殖・活性化させるという働きにとどまります。

その一方で、プラズマ乳酸菌は『pDC(プラズマサイトイド樹状細胞)』という全ての免疫細胞を活性化させる働きを持つ細胞を活性化させます。

こうした働きがあることから、プラズマサイトイド樹状細胞の『プラズマ』を取って、プラズマ乳酸菌という名称に命名されました。

プラズマ乳酸菌を摂取するだけで、全ての免疫細胞に働きかけるpDC(プラズマサイトイド樹状細胞)が活性化して、身体の免疫力を飛躍的に高めることができます!

プラズマ乳酸菌が働きかけるpDC(プラズマサイトイド樹状細胞)の効能

pDC(プラズマサイトイド樹状細胞)には単体でも、ウイルスを捕食したり、ウイルスの増殖を抑制する働きがありますが、一番大きな特徴は他のさまざまな種類の免疫細胞を活性化させていくことです!

体内に含まれている免疫細胞にはさまざまな種類がありますが、大きく分けると以下のような4種類が挙げられます。

主な4つの免疫細胞
  • NK(ナチュラルキラー)細胞
  • キラーT細胞
  • インターフェロン
  • B細胞

プラズマ乳酸菌ではない他の乳酸菌を摂取した場合だと、ほとんどはNK(ナチュラルキラー)細胞のみしか活性化させません。

一方で、プラズマ乳酸菌を摂取すれば、pDC(プラズマサイトイド樹状細胞)に働きかけることで、NK(ナチュラルキラー)細胞だけでなく キラーT細胞やインターフェロン、そしてB細胞などを含めたあらゆる種類の乳酸菌のを活性化させることができます!

プラズマ乳酸菌の『免疫応答性』の向上によってインフルエンザや風邪を予防・緩和させることができる

体内にウイルスや病原菌が侵入してきた際に、免疫細胞が正常に働きかけることでウイルス細胞の増殖を抑えることができます!

さまざまな免疫細胞が活性化されることによって、『免疫応答性』というものが向上していきます。

これは、体内に侵入してきたウイルスに対して免疫細胞が正常に応答して対処していく能力と考えることができます。

その結果、インフルエンザや風邪の予防にも効果的ですし、もしインフルエンザや風邪に羅漢してしまったとしても通常よりも短期間で回復ができると言われています。

ただし、プラズマ乳酸菌によるウイルス感染の予防や感染症・風邪などの症状の緩和といった効果を得るためには、数週間以上前からプラズマ乳酸菌を摂取し続けておく必要があります。

プラズマ乳酸菌の整腸作用によって便秘解消にも効果的!

プラズマ乳酸菌も他の乳酸菌と同様に整腸作用があるため、便秘や下痢に困っている方の根本的な解決にもオススメです!

乳酸菌が腸にまで生きて届くと腸内でも発酵を続けることによって善玉菌の栄養素を産出していくようになります。

その結果、腸の働きが活発になり、便秘で悩んでいた人であれば便の硬さが柔らかくなっていくことでお通じが改善されますし、下痢で悩んでいる方の場合であれば、便が硬さがある程度まして排便しやすくなっていきます。

また、脳と腸は免疫系や内分泌系、そして自律神経などの働きで互いに影響を与えている『脳腸相関』という現象が見られます。

そのため、整腸作用によって町の働きが正常になると、脳の不調によって感じてしまうストレスや不安も解消されます!

プラズマ乳酸菌はアンチエイジング・寿命延長にも効果的

プラズマ乳酸菌を摂取することによって老化現象が抑制され、アンチエイジング効果や寿命延長効果も期待できます!

プラズマ乳酸菌を研究開発したKIRINのマウスを使った実験によると、プラズマ乳酸菌の効果によってマウスのアンチエイジングや寿命延長が確認されました。

プラズマ乳酸菌を摂取することによって、期待できるアンチエイジング効果にはこのようなものがあります。

プラズマ乳酸菌によるアンチエイジング効果
  • 毛髪のツヤの維持・向上
  • 皮膚や肌の厚みの維持
  • 筋肉量の維持・減少の防止

また、プラズマ乳酸菌を与えられていたマウスはプラズマ乳酸菌を摂取していなかったマウスと比較して、体内で炎症が起こる回数が極端に減ったことで寿命も延長したようです。

プラスマ乳酸菌を摂取するオススメの方法

プラズマ乳酸菌はKIRINが研究開発した乳酸菌のため、通常の食品による摂取の方法は今のところ見つかっていません。プラズマ乳酸菌を摂取するためには、KIRINやグループ会社が販売しているヨーグルト・サプリメントなどがオススメです!

乳酸菌には動物性乳酸菌と植物性乳酸菌があり、それぞれの乳酸菌はヨーグルトや漬物、味噌、そしてお酒などの食品を摂取することによって取り入れることができますが、プラズマ乳酸菌の場合には、KIRIN もしくは KIRINのグループ会社である『協和発酵』や『小岩井乳業』などが販売している既成食品からした摂取できません。

プラズマ乳酸菌を摂取することができる食品としては、ヨーグルトはもちろんのこと サプリメントやペットボトル印象が販売されています。

KIRINやグループ会社が販売しているプラズマ乳酸菌が含まれる食品
  • キリンビバレッジ キリンまもる
  • キリンビバレッジ まもるチカラ
  • キリン まもるチカラの水 プラズマ乳酸菌
  • まもるチカラの乳酸菌 (プラズマ乳酸菌配合サプリ)

以上でご紹介した食品・サプリメント以外にもさまざまなものが販売されているのでぜひリサーチしてみてください!

『プラズマ乳酸菌はインフルエンザや便秘に効果?サプリで摂取可能?』の最後に

プラズマ乳酸菌は乳酸菌の中でも特に、免疫力を格段に高めるという特徴があります。

4週間以上プラズマ乳酸菌を摂取し続けることで、ウイルス感染症の予防や症状の緩和といった効果が期待できます!

プラズマ乳酸菌が体に取り入れられるとpDC(プラズマサイトイド樹状細胞)に働きかけて、体内のさまざまな免疫細胞を活性化させていくことができます!

こうした働きがあるため、『プラズマサイトイド樹状細胞』から『プラズマ乳酸菌』という名称に命名されました。

プラズマ乳酸菌はKIRINが研究開発した乳酸菌になるため、摂取するためにはKIRINや関連グループ会社が製造・販売しているヨーグルトやサプリメント、ペットボトル飲料から取り入れる必要があります!

今回のブログ記事の内容はこれで以上になります。『プラズマ乳酸菌』についてリサーチしていた方々のお役に立てたのであれば幸いです。

会話

また、コチラのブログ記事では2017年の全種類の花粉飛散予想やピーク時期についてまとめています。

<参考リンク>

出典:KIRIN プラズマ乳酸菌 研究レポート

引用元URL:http://health.kirin.co.jp/about/