Screen Shot 2016-08-07 at 09.04.00

LG21乳酸菌が入っているヨーグルトを食べると、腸内のピロリ菌を減少させていく効果があります!

腸内のピロリ菌は専用の内服薬で殺菌しないと完全な死滅は難しいですが、内服薬による治療にはデメリットもあるためLG21乳酸菌でピロリ菌を減少させることも有効です!

会話

LG21乳酸菌に乳酸菌のラクトバチルス属に分類されます。ラクトバチルス属の乳酸菌には大なり小なりピロリ菌を減少させる効果がありますが、

その中でも特にLG21乳酸菌はピロリ菌を減少させる効果がピカ一だと言われています。

ピロリ菌に一度感染してしまうと内服薬で腸内を殺菌しないと完全な死滅させることは不可能だと言われています。

また、ピロリ菌に感染したまま放っておくと慢性的な胃炎を引き起こしてより深刻な症状に悪化していく危険性があります!

LG21乳酸菌のピロリ菌減少効果やヨーグルトなどによる摂取方法のまとめ

LG21乳酸菌は数ある乳酸菌の中でも特に、腸内で増殖し続けるピロリ菌の数を減少させる効果が高いと言われています!

そして、LG21乳酸菌はヨーグルトやサプリメントなどでおいしく手軽に摂取することもできてとても人気な乳酸菌となっています!

会話

LG21乳酸菌によって腸内のピロリ菌数の減少効果が注目されている理由は、ピロリ菌に感染したまま放っておいてしまうと、数十年単位の時間を掛けて徐々に腸内で増殖し続けて、最終的には胃潰瘍やその他深刻な被害を身体にもたらすからです。

ピロリ菌に感染したまま放っておくリスク

ピロリ菌は胃腸の粘膜に住み着く病原菌で、一度感染してしまうと自然治癒や胃酸によって死滅させることができません。

さらに、時間を掛けて胃の出口から増殖し続けて、最終的には位の入口辺りまで増殖されてしまうと胃潰瘍や胃癌の原因になります。

会話

ピロリ菌の正式名称は『ヘリコバクター・ピロリ』というもので、胃の粘膜に張り付いて増殖を続け、最終的には『ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎』という慢性胃炎を引き起こしてしまいます。

胃には胃酸という金属すら溶かしてしまう強酸性の消化液があるのですが、ピロリ菌は胃酸が分泌されている環境下でもしぶとく増殖し続けます。

<金属をも溶かしてしまう胃酸によってもピロリ菌が死滅しない理由>

ピロリ菌が胃酸によっても死滅しない理由は、ピロリ菌自体が分泌しているウレアーゼという物質にあります。

ウレアーゼが胃に存在する尿素を分解してアンモニアに作り変えることで、胃酸を中和させて酸によって殺菌されない仕組みになっています。

慢性胃炎(ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎)による悪影響

ピロリ菌を殺菌しないまま胃の中で増殖させ続けてしまうと、最終的には『ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎』という慢性胃炎を引き起こします。

ピロリ菌が感染した初期段階の場合は酸性の弱い胃の出口付近で増殖を始めますが、ピロリ菌の数が増えて井の中の酸性が弱まってくると、徐々に位の入口辺りまで増殖して動きまわるようになります。

『ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎』が発症すると、それに続いて胃潰瘍や胃がん、十二指腸潰瘍、そして萎縮性胃炎といった深刻な症状を併発していく危険性が極端に高まっていきます。

LG21乳酸菌のピロリ菌減少効果

強酸性の胃酸によっても死滅させることができないピロリ菌ですが、LG21乳酸菌を摂取することで腸内でのピロリ菌の増殖を抑制して減少させていきます!

乳酸菌が生きたまま腸に届くと腸内の食物を発酵させるようになります。

乳酸菌の働きによって食物が発酵すると副産物として乳酸が産出されますが、LG21乳酸菌の発酵によって産出される乳酸がピロリ菌を死滅させる効果を持っています。

さらに、LG21乳酸菌が産出する乳酸によってピロリ菌にとっての栄養素や居住環境を奪うことができ、ピロリ菌を直接死滅させるだけでなく、増殖を抑制することによっても間接的にピロリ菌数を減少させていきます。

内服薬によってピロリ菌を殺菌するデメリット・注意点

腸内のピロリ菌を完全に殺菌するためには専用の内服薬を規定の日程・回数をシッカリと守って服用する必要があります。

ピロリ菌を殺菌するため専用の内服薬は7日間掛けて1日に2回服用していく必要があります。

また、遺産によっても死滅しない強力なピロリ菌を完全に死滅させる強力な内服薬のため、服用していると様々な副作用が発現します。

内服薬殺菌によって発現し得る副作用一覧
  • 軟便
  • 下痢
  • 味覚異常
  • 発熱
  • アレルギー反応

下痢の原因として、抗菌薬による腸管刺激作用や腸内細菌のバランス変化等と考えられています。ほかに、食べ物の味がおかしいと感じたり、苦みや金属のような味を感じたなど、味覚異常があわられる人もいます。これらは、多くの場合、2、3日でおさまります。

出典:ピロリ菌のお話.jp | 武田薬品工業株式会社
引用元URL:http://www.pylori-story.jp/sterilization/reaction/

また、人の体質によってはアレルギー反応などが辛く、どうしても途中で服用をやめてしまったり、うっかり内服薬を飲み忘れてしまう人がいます。

そうなると、ピロリ菌は内服薬の影響によって、より生命力が強まってしまうといったデメリットもあります。

LG21乳酸菌を摂取するオススメな方法

LG21乳酸菌を含んだ乳酸菌飲料やサプリメントはさまざまな種類が販売されており、手軽においしくLG21乳酸菌を身体に取り入れることができます!

LG21乳酸菌は特殊な乳酸菌で牛乳などの一般的な乳製品を食べたり飲んだりするだけでは 効果的に摂取することができません。

もし、LG21乳酸菌を取り入れてピロリ菌対策をしようと思うのであれば、サプリメントや乳酸菌飲料を上手に活用して効率的に摂取していきましょう!

<LG21乳酸菌が含まれるサプリメント・乳酸菌飲料一覧>
  • 明治プロビオヨーグルトLG21ドリンク
  • 『要冷蔵』明治LG21ドリンク プロ
  • 乳酸菌革命
  • 乳酸菌EC-12
  • カゴメ ラブレ

明治プロビオヨーグルトLG21ドリンクや関連商品はドラッグストアーでも取り扱われているので、目にしたことがあるのではないでしょうか。

また、サプリメントの中では特に『乳酸菌革命』がとても人気となっています。

LG21乳酸菌だけでなく、他にもさまざまな乳酸菌を含んでおり、ピロリ菌対策だけでなく、整腸作用による『便秘・下痢の解消』や『脳腸相関』による『ストレス・不安感の解消』といったさまざまな効能が期待できます!

『LG21乳酸菌入りヨーグルトはピロリ菌減少効果あり?デメリットは?』のまとめ

ピロリ菌は金属も溶かしてしまうような強酸性の胃酸によっても死滅させることが難しく、そのままピロリ菌の増殖に気づかずにほうっておくと、最悪場合はヘリコバクター・ピロリ感染胃炎を引き起こしてしまいます。

ピロリ菌を腸内から完全に殺菌させるためには、専用の内服薬を7日間に渡って1日2回服用する必要があり、もし規定通りに内服薬を服用しないと、腸内のピロリ菌の生命力が強まってしまうといったデメリットがあります。

LG21乳酸菌を身体に取り入れることで、専用の内服薬のように短期間で完全死滅させることはできませんが、ピロリ菌の増殖に対して直接的・間接的に働きかけることで、徐々に腸内のピロリ菌数を減少させていく効果があります。

さらに、LG21乳酸菌は乳酸菌であり、内服薬ではないので副作用といったものに対して心配する必要が全くないといったメリットもあります。

会話

また、コチラのブログ記事では2017年の全種類の花粉飛散予想やピーク時期についてまとめています。

<参考リスト>

出典:ピロリ菌のお話.jp | 武田薬品工業株式会社
引用元URL:http://www.pylori-story.jp/sterilization/reaction/