Screen Shot 2016-08-07 at 09.40.25

lgg乳酸菌は腸まで生きて届く貴重な乳酸菌で、さらに、腸に長く留まって腸内環境を整える効果・アトピー改善効果もあるそうです。

今回のブログ記事では LGG乳酸菌の効能や、お手軽に摂取するサプリメントやヨーグルトなどの商品もご紹介していきます。

会話

LGG乳酸菌は数多く存在する乳酸菌の中でも【持続性乳酸菌】と呼ばれていて、胃酸や胆汁酸といった強酸性の消化液によっても死滅しない生存能力が極めて高い乳酸菌だということができます。

<LGG乳酸菌が腸内に長くとどまれる理由>

LGG乳酸菌は唯一 菌体に綿毛が付いている乳酸菌です。綿毛という毛のようなものを使って胃の上皮組織に付着することができます。

また、腸内に長い間留まって腸内環境を整えることによって体全体の麺系力を向上させてインフルエンザなどの予防にも効果があるそうです。

このブログ記事の内容は烏賊の公式サイトで公開されている内容を徹底リサーチした上でまとめています。

乳酸菌のひとつであるLGG乳酸菌は、胃酸や胆汁酸に負けずに、生きたまま腸に届きます。その耐性は、ほかの乳酸菌と比較しても高いことが、大きな特長です。

生きたまま腸に届いたLGG乳酸菌は、良い菌を増やし、悪い菌を減らす働きがあります。これによって、腸内環境は整えられるのです。

出典:LGGラボ.jp おなかから、人の健康を考える|タカナシ乳業
引用先URL:http://lgglab.jp/lgghistory/lgghistory.html

LGG乳酸菌の効能・摂取方法のまとめ

LGG乳酸菌はアレルギー症状やアトピーを改善する効果を持ちながら、腸にまで生きて届いて、かつ長い間留まることができるといった性質から、今現在 世界的に注目されている乳酸菌の1つなのです!

会話

LGG乳酸菌は、ヨーグルトやサプリメントなどでおいしく、かつ手軽に摂取することができ、高い整腸作用によって、便秘・下痢の解消や改善に効果的で、免疫力を高めることによって、インフルエンザや風邪などの予防・症状の緩和にも有効だといわれています。

LGG乳酸菌でアレルギー症状が改善!

LGG乳酸菌が世界的に注目されている理由は、アトピーなどのアレルギー症状を緩和させる能力を持ち、かつ、腸内に長い間留まることができる数少ない乳酸菌だからです!

アトピーや花粉症といったアレルギー症状は花粉などのアレルゲンに対して免疫機能が過剰に反応してしまうことが原因です。

免疫機能がアレルゲン物質に対して過剰に反応してしまうと、ヒスタミンという物質が大量に分泌されて粘膜で炎症をおこすようになります。

さらに、体内に蓄積し続ける『IgE抗体』という物質もアレルゲンと接触する度に生成されて蓄積されていきます。

体質によって『IgE抗体』がある一定上蓄積することで、花粉症などのアレルギー症状が出るようになると言われています。

LGG乳酸菌を摂取することにより、ヒスタミンの分泌・作用が抑えられて、さらに、『Ige抗体』の生成を抑制して、既に生成されてしまった『Ige抗体』を減少させる効果もあるそうです!

アトピーと腸内環境の関係性

アトピー性皮膚炎は腸内環境が悪化することで発症するとも言われています。
LGG乳酸菌には乳酸を分泌させることによる整腸作用も期待できます。

LGG乳酸菌は胃酸や胆汁酸などの強酸性の消化液によっても、死滅しないで町にまで生きて届くことができます。

腸にまで届いたあとも食物を発酵させながら乳酸を産出させ続けることで腸内の善玉菌の活性化・増殖を促進します。

体内にはさまざまな種類の免疫細胞が存在しますが、その60%以上は腸内に集中しています。

そのため、善玉菌の働きを活性化させるこtで、体全体の免疫力を向上させることもできると考えられています。

このような仕組みで腸内環境が整えられることで、間接的にもアトピー性皮膚炎の発症を抑制・緩和させることができるそうです!

lgg乳酸菌を摂取して腸内環境を整えれば便秘・下痢も予防・改善できる!

lgg乳酸菌を腸に取り入れて腸内環境を整えれば、ペンぴや下痢の症状を改善・解消する効果も期待できます!

LGG乳酸菌には発酵作用によって腸内の善玉菌を殖やす効果があり、それによって腸内環境を整えることができます。

腸内の善玉金の働きが活性化してくると、腸内の悪玉菌の増殖が抑えられ、減少していくそうです。

その結果、それまで腸内に蓄積していた有害物質の生成が抑制され、腸内でも減少しながら便に混じって排出されるようになると言われています。

<LGG乳酸菌を摂取することで体外へ排出される有害物質>
  • スタフィロコッカス属(ブドウ球菌)
  • 腐敗物質(パラクレゾール)

スタフィロコッカス属(ブドウ球菌)が体内に大量に蓄積すると、血球の白血球の働きを弱めたりすることで自然治癒力を下げる悪影響があります。

身体の自然治癒力が弱まってしまうと、身体に怪我をおったりした際に治りにくくなってしまいますし、傷をほうっておくと化膿しやすくなる傾向にあります。

腐敗物質(パラクレゾール)が体内に蓄積していくと、胃がんなどの深刻な症状の原因になっていきます。

パラクレゾールには発ガン性があり、体内でのがん細胞の増殖を促進させてしまいます。

LGG乳酸菌を取り入れて腸内環境を整えるだけで、スタフィロコッカス属(ブドウ球菌)やパラクレゾールなどの

身体に有害な物質の生成を抑制して、積極的に体外へ排出していくことができるそうです!

LGG乳酸菌を摂取するオススメな方法

LGG乳酸菌は『タカナシ乳業株式会社』などでヨーグルトや乳酸菌飲料、そしてサプリメントといった形で手軽かつおいしく体に取り入れていくことができます!

LGG乳酸菌は一般的には酸耐性の弱い動物性乳酸菌であるにも関わらず、胃酸や胆汁酸などの消化液によっても死滅しない特殊な乳酸菌のため、一般的な牛乳などの乳製品を食べたり飲んだりするだけでは、効率的にLGG乳酸菌を摂取していくことが難しいです。

『タカナシ乳業』などが製造・販売しているヨーグルトやサプリメントを活用して手軽に摂取していくようにしましょう!

タカナシ乳業株式会社が製造・販売しているLGG乳酸菌が含まれる食品
  • LGG脂肪ゼロヨーグルト
  • タカナシ プレーンヨーグルト (LGG乳酸菌+ガラクトオリゴ棟)
  • 行き手帳にまで届く乳酸菌(顆粒タイプ)LGG乳酸菌
  • タカナシ 朝らくヨーグルト
  • LGG 特保ヨーグルトギフト

おいしく食べるのであればヨーグルトがオススメですが、毎日LGG乳酸菌を摂取することを習慣化させるためであれば、サプリメントやタブレットによって取り入れることもオススメです!

『lgg乳酸菌を含むサプリ・ヨーグルト商品一覧!アトピーに効果?』の最後に

lgg乳酸菌の一番大きな特徴は『持続性乳酸菌』といって、生きたまま腸にまで届いて 長い間留まることで大きな整腸作用が期待できることです!

会話

LGG乳酸菌にはアレルギー症状などを抑える効能だけでなく整腸作用によって腸内に溜まっている有害物質を排出させたり、便秘・下痢などの腸の問題を解消・会話させていく効果が期待できます!

LGG乳酸菌は『持続性乳酸菌』であり、アレルギー症状やアトピー性皮膚炎を抑える効能のある乳酸を産出します。

一般的に、アレルギー症状の対症療法としては、内服薬をあらかじめ飲んでおくことなどが推奨されていますが、LGG乳酸菌が含まれたヨーグルトやサプリメントを撮ることによっても副作用の心配をせずに花粉症・アトピー対策をしていくことができるそうです!

コチラのブログ記事では、ブログで紹介している乳酸菌の特徴をまとめてご紹介しています。

<参考リンク>

出典:LGGラボ.jp おなかから、人の健康を考える|タカナシ乳業
引用先URL:http://lgglab.jp/lgghistory/lgghistory.html