『デイリーシャント』の口コミ・評判などに関する情報をまとめて、購入を検討されている方の参考になるようにブログ記事を書きました。
デイリーシャント乳酸菌の公式ページを見てみる
会話

『デイリーシャント』は『乳酸菌生産物質』が豊富に含まれているサプリメントになります。『乳酸菌生産物質』にはプレバイオティクスとしての役割高い整腸作用・免疫力の向上が期待されています。

さらに、『デイリーシャント』にはラフマやえごま油などの成分も含まれていて、精神的にもリラックスできる効果があると言われています。

『光英科学研究所』公式ホームページでは、『乳酸菌生産物質』によって整腸効果や免疫力向上などの効果について以下のように書かれています。

腸内細菌のバランスは、ストレス、生活習慣病、加齢によって崩れ、健康に大きく影響が出ることがあります。そんな時に乳酸菌生産物質は、腸内細菌のバランスを整え、免疫作用に直接働きかけて総合的に健康をサポートします。

出典:乳酸菌生産物質とは何か? | 光英科学研究所
引用元URL:http://www.koei-science.com/lactic-acid-bacteria-metabolites.html

ただ、このページを訪問してくださったということは、『デイリーシャント』の口コミや評判を求めて読んでくださっていることだと思います。ですので、当サイト編集部で調べられる限りの生の声を集めましたので 以下を詳しくご覧下さい。

『デイリーシャント』の効果や口コミ・評判について

『デイリーシャント』には豊富に『乳酸菌生産物質』が含まれており、熱や酸への耐性が強いといった特徴があるため 高い整腸効果や免疫力の向上が期待されています。
会話

『デイリーシャント』を服用することで、手軽に『乳酸菌生産物質』を供給できます。『乳酸菌生産物質』は熱・酸耐性も強いとされており、それだけ高い整腸効果や免疫力の向上が期待されています。特に、単純に乳酸菌を摂取するだけよりもなんと20万倍以上もの効果があるとされています。

そのため、『乳酸菌生産物質』を継続的に摂取することによって、以下のように様々な効能を期待することができます。

<乳酸菌生産物質による効能>
  • 善玉菌の働きを活性化させる(プレバイオティクスとしての機能)
  • 免疫力が向上する
  • アレルギー症状を予防・緩和する
会話

それでは早速、『乳酸菌生産物質』によるそれぞれの効能について解説していきたいと思います。

善玉菌の働きを活性化させる(プレバイオティクスとしての機能)

『デイリーシャント』を服用して『乳酸菌生産物質』を継続的に供給することで、善玉菌の働きを活性化させることができます。

人の腸内には100種類以上の腸内細菌が住み着いており、人によって細菌の種類や割合が異なっています。さらに、同一人物であっても体調や年齢、生活習慣などの影響によって、腸内細菌の種類や割合などは刻一刻と変化し続けていくと言われています。

腸内細菌は同じ種類の細菌同士で集まって集合体を形成する傾向があり、その様子がお花畑(フローラ)のように見えることから、『腸内フローラ(腸内細菌叢)』と呼ばれています。

『光英科学研究所』の公式ページでも、『腸内フローラ(腸内細菌叢)』を整えることによってガン予防や糖尿病などの生活習慣病の予防が期待されると書かれています。

腸内細菌学の研究は、戦後に始まり、未だ途上ですが、がんや糖尿病、うつ病などの医療の分野から、お肌のコンディションなどの美容の分野まで、人々の生活に深くかかわってゆく分野として、今後ますます研究が進められています。

出典:腸内フローラとは何か? | 光英科学研究所
引用元URL:http://www.koei-science.com/gut-flora.html

そして、今までに乳酸菌サプリメントを服用してもなかなか効果を実感できなかった人の場合には、サプリメントで摂取した乳酸菌の種類が『腸内フローラ(腸内細菌叢)』と相性が悪かったということが原因として考えられます。

『腸内フローラ(腸内細菌叢)』と相性の悪い乳酸菌はたとえ腸にまで生きて届いたとしても、すぐに大便に混じって体外に排出されてしまいます。

その一方で、『プレバイオティクス』であれば、『腸内フローラ(腸内細菌叢)』で活躍している

既存の善玉菌の栄養素として確実に活用されるため、『腸内フローラ(腸内細菌叢)』の相性に関係なく、腸内環境を整える上で効果を発揮することができると言われています。

それでは次に、『乳酸菌生産物質』で腸内環境を整えることで得られる効能についてもいくつか紹介していきます。

免疫力の向上

『乳酸菌生産物質』は腸内の善玉菌を成長・増殖させる効果があり、単純に乳酸菌を摂取するよりもより大きな免疫力の工場が期待されています。

腸内環境を整えることで、免疫力が向上するということはよく言われていますが、それはなぜかというと、腸内に60%以上の免疫細胞が集中しているからなのです。

免疫細胞にはさまざまな種類・役割があり、それぞれの免疫細胞が正常に働くことで体全体の免疫力として機能します。こうした理由から、腸内環境を整えることでも免疫力を飛躍的に高めることができると言われています。

また、腸内の善玉菌を増やすことによって体内での有害物質の生成を抑えて、減少させる効果もあります。体調不良などの影響で腸内で悪玉菌の働きが活性化すると、有害物質が分泌・生成されて体内に蓄積していきます。

<悪玉菌によって生成される有毒物質>
  • スタフィロコッカス属(ブドウ球菌)
  • 腐敗物質(パラクレゾール)

スタフィロコッカス属(ブドウ球菌)

悪玉菌によって分泌される主な有害物質としては、スタフィロコッカス属(ブドウ球菌)というものがあります。この分泌物が付着した食物を消化すると、食中毒になるといった危険性を持っています。また、体内に蓄積することで以下のような体調不良の原因にもなります。

スタフィロコッカス属が引き起こす体調不良
  • カラダの自然治癒能力の低下
  • 傷が化膿しやすくなる
  • 疲労が取れにくくなる

慢性的な疲労などを感じている場合には単純に体を休めるだけでなく、食生活を改善したり、乳酸菌サプリメントなどによって善玉菌を積極的に取り入れていくことも大変重要です。

腐敗物質(パラクレゾール)

スタフィロコッカス属(ブドウ球菌)の他にも、腐敗物質(パラクレゾール)といった有害物質も悪玉菌の働きによって体内に蓄積していくようになります。

腐敗物質(パラクレゾール)の大きな問題としては大腸ガンの発症にも繋がってしまうといった危険性があります。悪玉菌は基本的に胃腸内の酸性を弱めながら成長・増殖をしていくため、腸内の悪玉菌が増殖し続けると、胃酸による食物の消化が正常に機能しなくなります。

その結果、消化されなかった食物が腸内で腐敗することでパラクレゾールが発生します。腸内環境が乱れてしまうことで、このようにさまざまな有害物質が発生してしまいますが、

『乳酸菌生産物質』を継続的に取り入れて腸内環境を整えていけば、有害物質を減少・排出させていくことができます。

脳腸相関によるリラックス効果

腸と脳には深い関連性があり『脳腸相関』と呼ばれています。さらに、『デイリーシャント』にはリラックス効果が期待できる成分も含まれています。

脳と腸は自律神経や免疫系を共有しているため、お互いに影響を及ぼす傾向があると言われており、この関係性を『脳腸相関』と呼ばれています。例えば、脳でストレスを抱えているとその影響が腸にも及んで便秘気味になったりすることもあります。

これも『脳腸相関』による影響として考えることができますし、反対に腸内環境を整えることで精神を安定させることで不安感やストレスを解消する効果も期待できます。

このように、乳酸菌などの善玉菌を摂取することによって、腸内環境を整えるだけでも精神衛生上も良い影響が期待できますし、

さらに、『デイリーシャント』にはさまざまなリラックス効果があるとされている成分も豊富に配合されています。

<『デイリーシャント』に含まれるリラックス成分>
  • えごま油(しその実油)
  • ラフマ(ハーブ)
  • テアニン

腸内環境を整えるだけでなくリラックス成分も配合されているため、每日を心身ともに健康に過ごす上で『デイリーシャント』は効果的だと言われています。

最後に

『デイリーシャント』には『乳酸菌生産物質』の他にもリラックス効果が期待できる成分も豊富に配合されており、心身ともに健康になる効果が期待されています。
会話

『デイリーシャント』の主成分である『乳酸菌生産物質』によって腸内環境が整えられると、免疫力が高められるだけではなく、『脳腸相関』によって精神衛生上も健康が保たれます。