Screen Shot 2016-08-07 at 11.43.27

『ラクデントC』や『乳酸菌L-137』の効果・効能に関する口コミや評判、服用する際に注意すべき副作用等に関する情報をまとめてご紹介していきます。
⇒ ラクデントCの公式ホームページを見てみる
会話

『乳酸菌HK L-137』の殺菌作用によって口臭や歯周病を防ぐといった効果・効能が期待されています。歯医者さんでもサプリメントが販売されており、信頼性・安全性ともに高い乳酸菌だといえます。

さらに、『ラクデントC』に配合されている『乳酸菌HK L-137』は加熱処理によって、酸耐性・熱耐性が高められており、より多くの菌体が生きたまま腸内に届くことが期待できます。

『ラクデントC』を販売している『ハウス食品』が『HK L-137乳酸菌』の加熱処理にこだわっている理由については、公式ホームページでも以下のように説明されています。

乳酸菌は生き物なので、その能力は様々な要因で変化します。乳酸菌L-137培養時の免疫賦活能を例にとると、はじめは生育とともに上昇しますが、ある時点で頭打ちとなり、徐々に低下してしまいます。すなわち、一番能力の高い時に乳酸菌を回収しても、生きた乳酸菌の能力は加工や保存の過程で刻々と変化してしまうのです。加工の工程や保存の状態によっては、大きく能力が下がってしまうこともあります。それでは、免疫賦活能の高い乳酸菌を提供することはできません。

この問題を解決するために様々な検討を重ねた結果、「乳酸菌の活性が高い時に加熱処理すること」が、高い活性を維持するために重要であることがわかりました。

出典:加工による安定性獲得 | ハウス食品
引用元URL:http://health.housefoods.jp/hk-l-137/exp_tokuchou_2.html

ただ、このブログ記事を呼ばれているということは、『ラクデントC』の効果や副作用に関する口コミについて調べられていると思うので 以下の文章でご紹介していきます。

『ラクデントC』の効果・効能

『ラクデントC』に含まれる『HK L-137乳酸菌』には殺菌作用があると言われており、口臭や歯周病の原因になる『ジンジバリス菌』を減少させる効果が期待できます。
会話

さらに、『ラクデントC』には数多くのビタミン群や緑茶カテキンの成分も配合されており、抗酸化作用によるアンチエイジング効果肌荒れを改善するといった美肌効果も期待できます。

それではさっそく、アンチエイジング効果や美肌効果などがどういった仕組みによってもたらされるのかご紹介していきます。

腸内環境を整える

脳と腸は互いに影響を与え合っていて『脳腸相関』があると言われています。さらに、体内の過半数の免疫細胞も腸内に存在することから、免疫力の向上やアレルギー症状の緩和といった効果が期待できます。

脳と腸は自律神経や免疫系を共有しているため、それぞれの体調が相互に影響を与え合っていると言われています。

例えば、脳でストレスや不安を感じていると、腸内環境に悪影響を与えて便秘や下痢などの症状に悩んでしまった方もいると思います。

その反対に、腸内環境を整えることで、脳の不調によるストレスや不安感を解消する効果が期待できます。

また、ストレスや不安感といったものを感じていなかったとしても、精神を安定させることで仕事などの作業に対する集中力を高める効能もあると言われています。

アンチエイジング効果

『ラクデントC』には乳酸菌以外にも、『緑茶カテキン』や『ビタミン』などの成分が配合されています。

体のすべての細胞は常に『活性酵素』という成分を発していて、カラダの老化現象の1つの原因となっています。

そして、『緑茶カテキン』や『ビタミン』には抗酸化作用があり、細胞が産出する『活性酵素』の酸化作用を抑制できる効果があると言われています。

『活性酵素』には老化現象だけでなく生活習慣病などの疾病の原因物質としても考えられており、『OMRON』公式ホームページでも以下のように書かれています。

私たちの体には、活性酸素から身を守るため、抗酸化酵素などによる防御システムが備わっています。ところが中高年になるにつれて防御力が弱まり、反対に活性酸素の働きが強まって、体のあちらこちらに害(酸化)が及んできます。
風邪をひきやすくなった、肌荒れやしみが目立つ、疲れがとれないといった症状がみられたら、要注意です。活性酸素を減らす生活術を、心がけましょう。

出典:活性酵素を減らす生活術 | オムロン ヘルスケア
引用元URL:http://www.healthcare.omron.co.jp/resource/column/life/2.html

使用する際に注意すべき副作用

『ラクデントC』の服用による副作用の事例は今まで報告例がありません。基本的に体に負担がかかる成分は含まれていないにため危険性はないと考えられます。

『ラクデントC』の副作用について注意する必要はないということなので、その代わりに『ラクデントC』と同様な効果・効能が期待できるサプリメントをご紹介していこうと思います。

『ラクデントC』に配合されている『HK L-137 乳酸菌』には口内で繁殖する『ジンジバリス菌』という菌体を殺菌するという作用があって口臭や歯周病を防ぐ効能があると言われています。

『ジンジバリス菌』を殺菌する効果がある乳酸菌としては、他にも『乳酸菌LS1』というものが存在します。

ライオン製薬株式会社が製造・販売している医薬品にもよく配合されています。『乳酸菌LS1』が配合されている商品や効果・効能に関してはこちらのブログ記事をご確認下さい。

最後に

『ラクデントC』には腸内環境を整える乳酸菌や『活性酵素』の働きを抑える『緑茶カテキン』なども配合されており、アンチエイジング効果なども期待できると言われています。
会話

腸内環境を整えるだけで免疫力の向上やアレルギー症状の緩和といった効能が期待できますし、『活性酵素』による細胞の酸化も防ぐことができると言われています。

『活性酵素』は高い酸性によって体内に侵入してくる病原菌やウイルスを殺菌する作用があり、体を健康に保つためには不可欠な成分です。

しかし、年齢を重ねると活性酵素の働きが過剰になることで体の細胞や遺伝子にまで損傷を与えてしまうようになります。ですから、しっかりと抗酸化作用のある成分を食事やサプリメントから意識的に取り入れていくようにしましょう。

今酸化作用の効果が期待できる乳酸菌サプリメントとしては、『善玉元気』という商品もあります。

会話

『善玉元気』の効果・効能に関する口コミについてはこちらのブログ記事で詳細をご紹介しています。