Screen Shot 2016-08-07 at 11.50.52

乳酸菌サプリメント『ラクテクト』の便秘解消などの効果・効能に関する口コミや危険な副作用などの情報について分かりやすくまとめました。
会話

『ラクテクト』は便秘解消を目的に服用される乳酸菌サプリメントですが、どういった有効成分が配合されているのか?といったことをご紹介していこうと思います。

『ラクテクト』には生命力の高い植物性乳酸菌オリゴ糖などのプレバイオティクスが配合されています。

それぞれの有効成分がどういった仕組みによって腸内環境を整えて便秘解消をもたらすのか解説していきます。

植物性乳酸菌の特徴や効果・効能

乳酸菌の中でも、植物性乳酸菌は酸や熱に対しての耐性が強いため 比較的生きたまま腸に届く菌数が多いと言われています。
会話

乳酸菌と一括りにはされていますが、『動物性乳酸菌』と『植物性乳酸菌』に大きく分類できます。

それぞれの乳酸菌によって生育環境や栄養源が異なっていますし、酸耐性や熱耐性の程度にも個体差が大きく関わっています。

動物性乳酸菌と植物性乳酸菌の違い

動物性乳酸菌は酸や熱に対しての耐性が弱いものがほとんどで、摂取されてもすぐに口の中で死滅してしまいます。その一方で、植物性乳酸菌の多くは比較的生命力の強いものが多い傾向にあります。

ヨーグルトやチーズなどの乳製品には動物性乳酸菌が生育しており、乳製品に豊富に含まれている『乳糖』という糖質を栄養源として成長・増殖していきます。

このように、動物性乳酸菌は常に栄養に満たされている恵まれた環境で生育しているため、少しでも乳酸菌にとって不利な環境下に置かれると、すぐにほとんどの菌体が死滅してしまうことになります。

その一方で、植物性乳酸菌はキムチや漬け物などの植物性発酵食品に少量だけ含まれている糖分であるブドウ糖やショ糖などを栄養源として生育しています。

また、キムチや漬け物は塩分が濃いため、乳酸菌にとっては生育しにくい環境になっています。

このように、植物性乳酸菌は栄養素を十分に供給しくく、かつ生育しにくい環境で育っているため、比較的生命力が強いものが多いと言われています。

そのため、植物性乳酸菌を積極的に取り入れることで腸内に大量の生きた乳酸菌が送り込まれ、高い整腸効果が期待できます。

プレバイオティクスによる善玉菌のサポート

『ラクテクト』にはオリゴ糖の一種である『ラクチュロース』という成分も配合されています。
会話

乳酸菌や善玉菌のような体内に良い影響を与える菌のことは『プロバイオティクス』と総称されていますが、

プロバイオティクスの栄養源となって、成長・増殖をサポートする物質のことは『プレバイオティクス』と呼ばれています。

プロバイオティクスだけを取り入れるだけでなく、プレバイオティクスによって腸内に存在する善玉菌をより強く育てることによってもさらなる整腸効果が期待できます。

腸内フローラを整える重要性

人の腸内には数多くの腸内細菌が生息しており、その種類は100種類以上だと言われています。

腸内には数多くの細菌が住み着いているわけですが、人それぞれ腸内細菌の種類や割合、超内部での分布などは大きく異なっていると言われています。

そして、こうした人それぞれの腸内の特徴のことは『腸内フローラ(腸内細菌叢)』と呼ばれています。

腸内フローラについての詳しい説明については、『光英科学研究所』の公式ホームページでも以下のように書かれています。

私たちの腸内にはたくさんの細菌がすみついています。これら腸内にすんでいる細菌は、腸内細菌といい、その数は100種類以上、個数は約100兆個にもなります。

特に回腸(かいちょう/小腸の終わり)から大腸にかけては、これら多種多様な腸内細菌が種類ごとにまとまりをつくってびっしりと腸内に壁面を作って生息している状態です。

この様相は、まるで植物が種類ごとに集団を作って群れている花畑の様子ともたとえられ、腸内フローラ」(腸内細菌叢/ちょうないさいきんそう)と呼ばれています。(お花畑= flora[英])

出典:腸内フローラとは何か? | 光英科学研究所
引用元URL:http://www.koei-science.com/gut-flora.html

そして、乳酸菌を摂取するにしても腸内フローラと相性の良い乳酸菌でなければ、すぐに大便に混じって体外に排出されてしまうと言われています。

その一方で、オリゴ糖などのプレバイオティクスであれば腸内に存在している善玉菌の栄養素となるため、腸内フローラとの相性に関係なく、確実な整腸効果を期待することができます。

免疫力を向上させる有効成分

『ラクテクト』には腸内環境を整えるだけでなく、免疫力を向上させる有効成分も豊富に配合されています。

『ラクテクト』に含まれる免疫力を強化する成分としては以下の2つがあります。

ラクテクトに含まれる2種類の有効成分
  • ラクトフェリン(機能性タンパク質)
  • フコイダン(粘膜成分)

ラクトフェリンには体内に存在している免疫細胞の働きを高める働きが期待されており、フコイダンを継続的に摂取することで、鼻や喉の粘膜を強化することができると言われています。

特に、粘膜は常に水分を保った正常な状態に保っておくことで、鼻に入ってきた病原菌の体内への侵入を防ぐ働きがあります。

注意すべき副作用

『ラクテクト』の口コミに関してリサーチしてみたところ、若干名 吐き気やめまい といった副作用を発症させてしまった方も居たそうです。

内服薬のようにある特定の副作用の心配をするといった必要はありませんが、体質によっては『ラクテクト』の成分が合わずに吐き気めまいなどの副作用に悩んでしまった方もいるようです。

しかしながら、必ずしも『ラクテクト』が原因だとは言えないため、どうしても服用した際の副作用が気になる場合には、病院を受診して医師に『ラクテクト』の服用について相談するようにしましょう。

『≪サントリー≫ラクテクトの口コミ&効果!危険な副作用はある?』の最後に

『ラクテクト』には植物性乳酸菌やオリゴ糖を代表とするプレバイオティクスが豊富に配合されており、腸内環境を整える効果が大きく期待できます。さらに、免疫機能を活性化させる有効成分も含まれています。
会話

腸内には体内に存在する免疫細胞の過半数が集中しており、腸内環境を整えるだけでもかなりの整腸効果が期待できますが、免疫細胞や粘膜を作る原材料となる有効成分も含まれていることで、より効率的に免疫力を向上させる効果があると言われています。

基本的に副作用の心配はありませんが、体質に合わない場合には吐き気やめまいといった症状が現れるケースもあるといった口コミも見つけました。

そのため、服用する前に副作用の危険性があるか確かめたい場合には、病院であらかじめ医師に相談するようにしましょう。

『ラクテクト』のような便秘解消効果が期待できる乳酸菌やサプリメントとしては他にも、『プラズマ乳酸菌』や『乙女の乳酸菌』などがありますし、便秘解消にオススメな乳酸菌サプリメントはコチラの記事でまとめてご紹介しています。