Screen Shot 2016-08-07 at 11.40.32

『ビフィズス菌LKM512』の効果・効能に関するクチコミ情報やアトピー性皮膚炎やアレルギー症状を緩和させる効果などについても解説しています。
⇒ ビフィズス菌LKM512の公式ホームページを見てみる
会話

『ビフィズス菌LKM512』はビフィズス菌の中でも、特に酸や熱への耐性が強く腸にまで生きて届くと言われています。また、腸に到達すると上皮組織に張り付いて長期的に活動する『持続性乳酸菌』としても注目されています。

ビフィズス菌も乳酸菌と同じ善玉菌として分類されていますが、乳酸菌が産出することができない殺菌作用のある酢酸を分泌できます。乳酸菌が産出する乳酸は善玉菌の働きを活性化させる効果がありますが、酢酸は腸内の有害物質を直接的に分解して整腸する効果が期待できます。

そこで今回は、『ビフィズス菌LKM512』による効果・効能の口コミやアトピー性皮膚炎などのアレルギー症状への効果についても解説していきます。

『ビフィズス菌LKM512』の特徴や効果・効能

『ビフィズス菌LKM512』はビフィズス菌の中でも特に生命力が強く、さらに腸内部に張り付いて長期的に活動したり、他の善玉菌の成長・増殖を促進させる効能も期待されています。
会話

ビフィズス菌や乳酸菌が配合されているサプリメント商品では、『生きたまま腸にまで届く』ということがキャッチフレーズとしてよく使われていますが、生きたまま腸にまで善玉菌が届いたとしても、そのほとんどは大便に混じってすぐに排出されてしまいます。

その一方で、『ビフィズス菌LKM512』は腸内部の上皮組織に張り付いて長期的に活動を続けることが期待されています。その結果、継続的に腸内で酢酸が分泌されることで、腸内での悪玉菌の成長・増殖が抑制されて有害物質も減少します。

さらに、悪玉菌の働きが抑えられることで他の善玉菌の成長・増殖も促されて高い整腸効果があると言われています。

それでは、それぞれの効能についてより詳しく以下の文章で解説していこうと思います。

殺菌作用によるガン予防

腸内では悪玉菌によって有害物質も生成されており、それらが蓄積することが大腸ガンが発症する原因になっています。

胃腸は胃酸によって常に高い酸性が保たれていますが、象徴から大腸にかけては約8メートルほどの長さがあるため、肛門から大便が排出されるまでには酸性が失われてしまっています。

その結果、大腸から肛門にかけては悪玉菌の働きが活性化して、有害物質が大量に生成されてしまうと言われています。

有害物質には腐敗物質(パラクレゾール)という発がん性物質があり、腸内に長い間留まっていると大腸ガンを引き起こす原因になります。

パラクレゾールの発がん性については『雪印メグミルク』の公式ページでも以下のように書かれています。

おなかの中では善玉菌と悪玉菌、そしてどちらにも属さない日和見(ひよりみ)菌の仲間が、いつもせめぎあっています。悪玉菌は腐敗物質や発ガン性物質を生み出すなど、悪さが大好き。一方悪玉菌軍団を抑え、腸を良好な環境にして健康を支えるのが、乳酸菌に代表される善玉菌です。

出典:善玉菌と悪玉菌 | ヨーグルト研究所 雪印メグミルク
引用元URL:http://www.meg-snow.com/fun/academy/yogurt/zendamakin/

そのため、殺菌作用のある酢酸を分泌させるビフィズス菌を腸内で活性化させて酸性を高めることで、腐敗物質(パラクレゾール)の減少・排出を促進させ、大腸ガンなどのガン全般を予防する効果が期待できます。

整腸作用によるアレルギー症状(アトピー)の緩和

アトピー性皮膚炎を含めたアレルギー症状は、体の免疫バランスが崩れてしまっていることが原因として考えられています。

アトピー性皮膚炎などに代表されるアレルギー症状は、体の免疫バランスの乱れが原因だと言われています。

体の免疫力は体内に存在している数多くの免疫細胞がそれぞれの役割を果たすことによって総合的に高められています。

したがって、ある特定の免疫細胞が正常に機能しなかったり、他の免疫細胞が過剰に働くと免疫バランスが崩れるといったことになってしまいます。

免疫バランスの乱れがアトピー性皮膚炎などのアレルギー症状を引き起こす原因であることに関しては『カルピス由来健康情報室』の公式ホームページでも以下のように解説されています。

そもそもアレルギーは免疫バランスの崩れによって発症するんです。ヒトの免疫システムには、司令塔の役目をするTh1(主として感染に働くT細胞)、Th2(主としてアレルギーに働くT細胞)、Treg(主として免疫調節に働くT細胞)という細胞がありますが、これらのT細胞は互いにバランスを取りながら免疫をコントロールしています。しかし環境や生活習慣によって、Th2が過剰になったり、Tregが弱まったりすると、免疫バランスが崩れ、アレルギーが発症してしまうんですね。

出典:名医が語るアレルギー対策ガイド | カルピス由来健康情報室
引用元URL:http://calpis-kenko.jp/l92/allergy_guide/

最後に

『ビフィズス菌LKM512』は持続性乳酸菌として腸内部の上皮組織に張り付くことで、長期にわたって整腸効果をもたらすと期待されています。さらに、腸内環境が整えられることで ガン予防やアレルギー症状の緩和といった効能もあると言われています。
会話

腸内環境が整えられると、小腸から大腸にかけて酸性が強まります。腸内部の環境が酸性寄りになることで、悪玉菌の成長・増殖を防ぎ、有害物質の産出も予防できます。

乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌は便秘解消などの目的でサプリメントなどで摂取されることが多いですが、排便を促して腸内環境を整えることによって、他にもさまざまな効能を期待することができます。

会話

『ビフィズス菌LKM512』のようにガン予防アレルギー症状を抑える効果がある乳酸菌としては、『LGG乳酸菌』や『L-55乳酸菌』、『プロテクト乳酸菌』、そして、『乳酸菌EC-12』などさまざまな種類のものが存在しています。

それぞれの乳酸菌によって、ヨーグルトやサプリメントなど摂取する方法が異なったりするため、是非それぞれの詳細について個別でブログ記事を読んでみてください。