スマートガネデン乳酸菌

『スマートガネデン乳酸菌』はダイエット効果がある乳酸菌サプリとして注目されています。実際に服用した方々の効果・副作用や口コミをまとめてご紹介していきます。
⇒ スマートガネデン乳酸菌の公式ページを見てみる
会話

乳酸菌サプリメントの中にはダイエット効果を目的にしたものがいくつか存在しますが、その中でも『スマートガネデン乳酸菌』はアメリカでプロテイン飲料や乳製品にも使われていて、『ガネデン乳酸菌』というダイエット効果があるとされている乳酸菌を主に配合していることで効果が期待されています。

このブログ記事の内容は『スマートガネデン乳酸菌』を製造・販売している『美人通販』公式ホームページの商品紹介ページに掲載されている情報を元にわかり易くまとめたものになっています。

『スマートガネデン乳酸菌』の効果と副作用

『スマートガネデン乳酸菌』はダイエット効果が最も注目されている特徴ですが、23種類もの乳酸菌が配合され、乳酸菌生産物質も含有されていることもポイントです。
会話

『スマートガネデン乳酸菌』にはダイエット効果が期待できる『ガネデン乳酸菌』が大量に含まれています。

さらに、23種類の乳酸菌が配合されているため、『腸内フローラ(腸内細菌叢)』と相性の良い乳酸菌も見つかりやすいというメリットもあります。

また、乳酸菌などの善玉菌だけでなく『乳酸菌生産物質』というものも含まれており、乳酸菌と比較して20万倍もの効果があると言われています

ガネデン乳酸菌にはダイエット効果がある?

『ガネデン乳酸菌』はアメリカのGaneden社が研究開発した乳酸菌で、エネルギー代謝に使われる『必須アミノ酸』の吸収力を高める効果があると言われています。

ダイエットは運動によって体脂肪を燃焼させる訳ですが、『バリン・ロイシン・イソロイシン』という3つの必須アミノ酸が体内の脂肪燃焼を高める効果があると言われています。

しかも、『バリン・ロイシン・イソロイシン』は体内では合成できないため食品から摂取する必要があります。

『スマートガネデン乳酸菌』には これら必須アミノ酸と『ガネデン乳酸菌』が配合されているため、サプリメントを服用するだけでエネルギー代謝に必要な成分が全て揃って脂肪燃焼が積極的に促されるようになります。

『日本理化学薬品株式会社』の公式ページでも、バリン・ロイシン・イソロイシンの必須アミノ酸を摂取することが健康的なダイエットには欠かせない存在だということが書かれています。

〜L−ロイシン〜
構造上、分岐鎖を持つため、ロイシン、バリンとともに分岐鎖アミノ酸(BCAA)と呼ばれています。 3つのうち、どれかが多すぎると、体重減少などの弊害を引き起こします。

出典:L-ロイシン | 日本理化学薬品株式会社
引用元URL:http://www.nipponrika.co.jp/amino/detail01/

また、『スマートガネデン乳酸菌』には23種類者乳酸菌が配合されているため、人それぞれの『腸内フローラ(腸内細菌叢)』に適した乳酸菌が摂取される可能背が高いというメリットも有ります。

『腸内フローラ(腸内細菌叢)』との相性が合いやすい

『スマートガネデン乳酸菌』には23種類もの乳酸菌が配合されているため、人ぞれぞれによって異なる『腸内フローラ(腸内細菌叢)』にも適合する乳酸菌が含まれている可能性が高いと言われています。
会話

『腸内フローラ(腸内細菌叢)』は人によって大きく異なり、同一人物であっても年齢や食生活、そして健康状態など様々な要因によって常に変化し続けています。

<腸内フローラ(腸内細菌叢)とは?>
人間の腸内には数えきれないほどの悪玉菌や善玉菌が生息していて、それらは同じ種類のもの通しで集合してまとまりを作っています。

それらの菌の集合体の様子がまるでお花畑(フローラ)のように見えるということで『腸内フローラ(腸内細菌叢)』と呼ばれています。

乳酸菌を何らかの形で摂取したとしても『腸内フローラ(腸内細菌叢)』に合った乳酸菌でなければ、たとえ、生きたまま乳酸菌が腸に届いても、最大限に効果を発揮することはできないと言われています。

そのため、乳酸菌サプリメントを摂取する際には『スマートガネデン乳酸菌』のように数多くの乳酸菌が配合されている乳酸菌サプリメントを摂取するほうが良いと考えられています。

乳酸菌サプリメントでも特に人気なものの名称と配合されている乳酸菌の種類をまとめてみました。

サプリメント名 乳酸菌革命 善玉菌のチカラ 乳酸菌EC-12
乳酸菌の種類 12種類 1種類 1種類

このように、人気な乳酸菌サプリメントの中でも『乳酸菌革命』は比較的多くの乳酸菌を含んでいますが、『スマートガネデン乳酸菌』ほど、数多くの乳酸菌が配合されているサプリメントはそうありません。このように数多くの乳酸菌を一度に摂取することで、腸内フローラに適した乳酸菌が含まれていて腸内環境が整いやすくなっていきます。

さらに、乳酸菌自体を摂取するよりも圧倒的な整腸作用が期待される『乳酸菌生産物質』も豊富に配合されています。

『乳酸菌生産物質』が配合されている

『乳酸菌生産物質』には乳酸菌の20万倍以上の効果があると言われています。
会話

そもそも、乳酸菌を取り入れる目的は乳酸菌の菌体を栄養源にして善玉菌を増殖させることと、腸の内部で乳酸菌が発酵作用を行う過程で、産出される乳酸からの効用が期待されています。

『乳酸菌生産物質』は乳酸菌から産出された乳酸などを濃縮したもので、単純に乳酸菌を摂取するだけではほとんどがすぐに死滅するため、『乳酸菌生産物質』からの方がより乳酸などの有効成分を吸収することができると言われています。

ちなみに、乳酸菌サプリメントを選ぶもう一つの基準としては、『プレバイオティクス』が配合されているかどうかというものがあります。

<プレバイオティクスとは?>

体に良い影響を与える乳酸菌などの菌のことは『プロバイオティクス』と呼ばれていますが、『プロバイオティクス』の栄養源となる食物繊維やオリゴ糖などの物質を『プレバイオティクス』と呼びます。

乳酸菌などの善玉菌は『プレバイオティクス』から栄養を得ながら成長・増殖していきます。

そのため、『プレバイオティクス』を摂取すれば、既に『腸内フローラ(腸内細菌叢)』の構成要素として活躍している善玉菌の栄養素として確実に活用されるため、乳酸菌サプリメントを選ぶ際に考えるべき大切なポイントの1つとなっています。

さて、ここまでは『スマートガネデン乳酸菌』を服用することによる効能をまとめてきましたが、使用する際に注意すべき点においても副作用などの観点から分かりやすくまとめておきます。

『スマートガネデン乳酸菌』の服用による副作用や危険性

『スマートガネデン乳酸菌』は乳酸菌やアミノ酸などを配合したサプリメントのため、基本的に副作用の危険性を心配する必要はないと考えられています。しかし、体質によっては『スマートガネデン乳酸菌』の原材料の中に含まれているアレルゲン物質に対してアレルギー症状を発現してしまう人がいる可能性はあります。
会話

『スマートガネデン乳酸菌』自体に副作用はありませんが、原材料が原因で以下のアレルギーが発症する可能性があります。

  • ゼラチンアレルギー
  • 大豆アレルギー

ゼラチンアレルギーのある人は服用しない

『スマートガネデン乳酸菌』のカプセルにはゼラチンが用いられています。そのため、ゼラチンに対してアレルギーを持っている方は服用を控えて下さい。

『スマートガネデン乳酸菌』に限らず、サプリメントのカプセル部分にはゼラチンが使用されていることがほとんどです。

ゼラチンに対してアレルギー反応を持っている方は極小数ですが、今までにアレルギーの疑いがあった場合には事前に検査しておきましょう。

大豆アレルギーのある人は服用しない

『スマートガネデン乳酸菌』に配合されている乳酸菌の発酵には大豆が使われているので、大豆アレルギーを持っている方は『スマートガネデン乳酸菌』の服用を避けて下さい。

『スマートガネデン乳酸菌』に配合されている乳酸菌は大豆を使用して培養されています。そのため、サプリメントを服用すると大豆の成分も含まれているためアレルギー症状が発言します。どうしても服用したい場合には、病院で医師からの判断を仰ぐようにしましょう。