Screen Shot 2016-08-06 at 20.10.43

乳酸菌は基本的に胃液に含まれている胃酸などの酸に対する耐性がないため、
食物と一緒に消化されますが、ヨーグルトやサプリメントを摂る効果はあるのでしょうか?
会話

乳酸菌は胃酸や胆汁酸などの消化液により

摂取したほとんどが死滅させられてしまいますが、

乳酸菌は死滅後も善玉菌の栄養素として活用されます。

 

さらに、サプリメントや乳酸菌の種類によっては

生きたまま腸に乳酸菌を届けることができます。

乳酸菌を含むヨーグルトやサプリメントには効果がある?

一般常識としては『乳酸菌は腸内環境を整える効果がある』としか言われていませんが、
さまざまな条件をクリアして初めて、乳酸菌による整腸作用を促すことができます。
会話

腸内に死滅した乳酸菌の菌体が取り込まれることで、

腸内の善玉菌の栄養素として活用されますし、

 

生きたままの乳酸菌が腸内に到達した場合には、

発酵作用によって産出する乳酸によって

善玉菌の働きを活性化させます。

以上の2つのポイントは前提として押さえておいて

最大限 乳酸菌の効果を活かすために、

 

乳酸菌を含んだヨーグルトやサプリメントを

摂取する際のポイントについてご紹介していきます。

生きたまま腸に届く乳酸菌を摂取する

死滅した乳酸菌の菌体であっても
善玉菌の栄養源となって整腸作用が期待できますが、可能であれば食物の発酵作用によって乳酸を算出し続けてもらえるように、
生きたまま腸にまで到達する乳酸菌を摂取すべきです。

乳酸菌は『植物性乳酸菌』と『動物性乳酸菌』の

大きく2つの分類に分けることができます。

<植物性乳酸菌と動物性乳酸菌の違い>
  • 植物性乳酸菌
    【栄養源】:ブドウ糖・ショ糖・果糖 (植物や果物に含まれる糖類)
    【酸耐性】:高塩分濃度・弱酸性といった特徴を持つ植物の中で成長・増殖しているため酸耐性が強い傾向がある
    【生命力】:植物内に含まれる少量の糖類を栄養源にして生育しているため、栄養が少ない環境下でもある程度の期間は生存できる
    【含まれる食べ物】:漬物、味噌、お酒などの植物性発酵食品
  • 動物性乳酸菌
    【栄養源】:乳糖 (乳製品に含まれる糖類)
    【酸耐性】:アルカリ性の強い環境で育つため、消化液などの酸に対しての耐性は弱い傾向がある
    【生命力】:栄養豊富な乳製品の中で生育するため、栄養が得られない環境ではすぐに死滅する
    【含まれる食べ物】:ヨーグルトやチーズなどの乳製品

つまり、腸に生きたままの乳酸菌を取り入れていくには

ヨーグルトやチーズなどの動物性乳酸菌が含まれている食品よりも、

 

漬け物や味噌といった植物性発酵食品を積極的に摂取して

植物性乳酸菌を取り入れていくことが重要なポイントになります。

 

数ある植物性乳酸菌の中でも、

特に酸耐性が強いものには『ラブレ菌』というものがあります。

 

京都の男性は日本全国で2番めの長寿だということで

長寿の秘訣についてリサーチしてみたところ、

 

3大京漬物の1つである『すぐき漬け』から

大量の『ラブレ菌』が発見されました。

 

このように、塩分濃度の高い漬け物の中でも

成長・増殖できる植物性乳酸菌は消化液で死滅せずに

生きたまま腸にまで到達することができると期待されています。

 

数多くの乳酸菌が配合されたサプリメントを選ぶ

腸内環境は人それぞれ異なっており、
善玉菌や悪玉菌の種類や量、分布が全く違ったものになっています。こうした腸内環境の菌に関する特徴は
『腸内フローラ(腸内細菌叢)』と呼ばれています。

『腸内フローラ(腸内細菌叢)』によって 腸内環境を整える上で

効果的な乳酸菌やほとんど力を発揮できない乳酸菌などが出てきます。

<腸内フローラ(腸内細菌叢)の名前の由来>

フローラとは英語で『お花畑』という意味になります。

腸内では悪玉菌や善玉菌が同じ種類毎に集まって、

腸内の上皮組織に張り付いています。

 

この様子がお花畑に似ていることから、

『腸内フローラ(腸内細菌叢)』と呼ばれるようになりました。

 

ちなみに、腸内フローラは同一人物であっても

生活習慣や食生活、運動の有無によっても常に変化していきます。

そのため、腸内環境を整えるために

サプリメントで乳酸菌を取り入れる際には、

 

できるだけ数多くの乳酸菌が配合されている

サプリメントを選ぶようにします。

 

極端な例を挙げるとすると、腸内フローラと相性の悪い

乳酸菌しか含まないサプリメントを飲み続けていても、

 

乳酸菌による整腸作用を

ほとんど実感できないことになってしまいます。

 

以下の表で乳酸菌サプリメント毎に

配合されている乳酸菌の種類を比較してみました。

サプリメント名 乳酸菌革命 善玉菌のチカラ ビフィーナS
乳酸菌の種類 12種類 1種類 4種類

このように、人気な乳酸菌サプリメントの中でも

『乳酸菌革命』に配合されている乳酸菌の種類は群を抜いています。

会話

『乳酸菌革命』についての口コミや効果・副作用等については

こちらの記事で詳しくご紹介しています。

『胃液・胃酸で乳酸菌は死滅する?
ヨーグルトやサプリは効果ある?』の最後に

一般的に乳酸菌はヨーグルトやチーズなどの乳製品から摂取できると考えられていますが、
それらに『動物性乳酸菌』は酸に弱くほとんどが消化液によって死滅してしまいます。その一方で、漬物や味噌などの植物性発酵食品に含まれている『植物性乳酸菌』であれば、
酸耐性が強く胃液に含まれる胃酸などによって死滅すること無く生きたまま腸に到達します。
会話

また、単純に生きたまま腸に到達するだけでは、

乳酸菌の効果を最大限に活かすことはできません。

 

人それぞれが持っている『腸内フローラ(腸内細菌叢)』と

相性の良い乳酸菌を継続的に取り入れていくことがポイントです。

『腸内フローラ(腸内細菌叢)』に相性の良い乳酸菌を

調べることはかなり手間がかかる作業になるため、

 

乳酸菌サプリメントを購入する際に、

出来る限り数多くの乳酸菌が配合されている

乳酸菌サプリメントを選ぶべきだと考えています。

 

記事の中でも乳酸菌サプリメントに配合されている

乳酸菌の種類でいくつかのサプリメントを比較しましたが、

 

特に『乳酸菌革命』の12種類という数字は

他の乳酸菌サプリメントの間でも群を抜いています。

会話

『乳酸菌革命』の口コミや効果・副作用については

こちらの記事で詳しく解説しているので ぜひ読んでみてください。