乳酸菌サプリメント『ラブレクリン』の効果・口コミについてまとめました。また、服用する際に注意すべき副作用等があるかといった疑問にもお答えします。
ラブレクリン公式ページを見てみる
会話

『ラブレクリン』の特徴は 食物繊維の王様と言われる『サイリウム・ハスク』という食物繊維が含有されていることと、腸に生きて届くだけでなく、長期的に定着する傾向の乳酸菌が数多く配合されていることがあります。

『ラブレクリン』を製造・販売している『赤坂ロハス』公式ホームページの商品紹介ページでも、食物繊維『サイリウム・ハスク』から期待できる高い整腸作用について書かれています。

「サイリウムハスク」は保水性と膨張性が高い食物繊維で、お腹の調子を整える、コレステロールを下げるという2つの働きが認められています。

出典:ラブレクリン | 赤坂ロハス
引用元URL:https://www.684.jp/item/labreclean.html

『サイリウム・ハスク』などの食物繊維には腸内細菌の栄養源となる『プレバイオティクス』としての働きもあり、乳酸菌を摂取して得られる効能をより一層高められることが期待できます。

今回のブログ記事をご覧になられている方であれば、『ラブレクリン』の購入を検されていると思われます。そのため、当サイト編集部で『ラブレクリン』に関する生の声を可能な限り集めましたので、以下の内容を詳しくご覧ください。

『ラブレクリン』の効果や口コミ・評判について

『ラブレクリン』は食物繊維やオリゴ糖などのプレバイオティクスも豊富に配合されており、サプリメントで摂取した乳酸菌といった善玉菌の成長・増殖のサポートも期待できます。
会話

『ラブレクリン』の魅力は、高機能食物繊維『サイリウム・ハスク』や生存能力の高い『有胞子性乳酸菌』が含まれていることがあります。

配合されている食物繊維の中でも 特に『サイリウム・ハスク』は保水性が高く、膨張性が高いことで注目されています。腸内の存在するコレステロールと結びついてコレステロールの吸収を抑制したり、整腸作用が期待できます。

また、『ラブレクリン』に配合されている乳酸菌には『有胞子性乳酸菌』も豊富に含まれており、一般的な乳酸菌よりも酸・熱への耐性が強く、腸内での増殖する力も強いことで注目されています。

<有胞子性乳酸菌とは?>

『有胞子性乳酸菌』は熱や酸といった刺激を受けると、菌体を胞子で覆って休眠状態に入ることで生存し続けることができます。さらに、腸内にまで無事に到着すると、胞子を発芽させて超内部の上皮組織に定着するため、大便などに混じって排出されることも防ぐことができます。

免疫力の向上

腸にはたくさんの免疫細胞が存在するため、腸内環境が改善されると免疫力も高まる効果が期待できます。

『ラブレクリン』を服用して整腸することで、便秘が解消されるだけでなく、体全体の免疫力の向上も期待できます。体内には数えきれないほどの免疫細胞が存在し、体内に侵入してきたウイルスや病原菌を撃退することで、風邪やインフルエンザなどへの感染を防ぐことができています。

また、腸内には体全体に存在する免疫細胞の60%以上が集中しているため、腸内環境を整えるだけで、数多くの免疫細胞に働きかけることができます。

善玉菌が分泌する有効成分によって免疫細胞を活性化させることで、免疫力の向上が期待できます。

アレルギー症状の緩和

『ラブレクリン』を服用して乳酸菌によって成長されると、アトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギー症状に対しても効果が期待できます。

アレルギー症状の原因は免疫細胞がアレルゲン物質に対して過剰に反応して、炎症の原因物質であるヒスタミンを大量に分泌することです。ヒスタミンはもともと細胞内に存在する物質ですが、異常に分泌されると細胞外に放出されて、粘膜などで炎症を起こします。

こうしたメカニズムによって鼻水やくしゃみ、喉の痛みなどの症状が出てきます。腸内環境が荒れて悪玉菌が活性化している状態だと悪玉菌が分泌する有害物質の影響で、

免疫細胞が正常に機能しなくなり、アレルゲン物質に過剰反応してしまいます。

そこで、『ラブレクリン』を摂取して悪玉菌の働きを抑えることで、免疫細胞の働きを正常化して、アレルゲン物質と接触してとしてもヒスタミンの分泌をある程度抑える効果が期待できます。

ここまでは『ラブレクリン』を服用することによるメリットについてまとめてきましたが、

このブログ記事を読まれているということは、服用することによる副作用を心配されていると思います。そこで、以下では『ラブレクリン』を使用する際に注意すべき点についてご紹介していきます。

『ラブレクリン』の服用による副作用

会話

『ラブレクリン』は乳酸菌サプリメントのため、内服薬のような副作用は心配する必要がありません。しかし、原材料に果物の『キウイ』が含まれているため、キウイアレルギーの方は『ラブレクリン』の服用は控えましょう。

キウイアレルギー

キウイは果物の中でも特に、アレルギーの症例が多いものになっています。

キウイを食べた後に 喉がイガイガする違和感や痛みを感じたり、鼻水やくしゃみが止まらなくなった経験がある場合は、キウイアレルギーの可能性があります。

もし、どうしても確実に判断したい場合には、病院の『花粉症外来』を受診して血液検査を受ければあなたがキウイアレルギーなのかどうかが確実に分かります。

最後に

乳酸菌サプリメント『ラブレクリン』には機能性の高い食物繊維などの『プレバイオティクス』が豊富に含まれています。さらに、『有胞子性乳酸菌』という腸に生きたまま届くだけでなく、大便に混じって流されずに長期にわたって腸内で活動する乳酸菌も含まれています。
会話

乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌を配合しているだけでなく、善玉菌の成長・増殖をサポートする『プレバイオティクス』も豊富に含まれており、高い整腸効果が期待できると考えられます。