Screen Shot 2016-08-06 at 20.18.21

乳酸菌サプリメントを飲む時間・タイミングはいつがベストなのでしょうか?
『食前・食後・空腹時』といった服用するタイミングがありますが、
乳酸菌サプリメントの効果を最大限活用する時間帯を紹介します。
会話

乳酸菌サプリメントに配合されている乳酸菌を

生きたまま腸に届けるには乳酸菌にとって

できる限り最適な環境を作ることです。

 

乳酸菌は基本的に酸耐性が弱い菌なので、

胃酸や胆汁酸などの消化液によってほとんどが死滅してしまいます。

 

そのため、できる限り消化液が分泌されておらず、

胃の内部の酸性も中和によって弱まっている時間帯が

乳酸菌サプリメントを服用する上でベストなタイミングだと言えます。

乳酸菌サプリメントを服用すべきタイミングと理由

消化液の分泌が抑制されていて 胃液の酸性も弱まっているのは食後の時間帯です。
そのため、食後が乳酸菌サプリを飲むためのベストなタイミングだと言われています。

胃の中は酸性の胃液によって

基本的には強い酸性の状態で保たれています。

 

しかしながら、食事をした直後は

摂取された食物を消化する過程で中和されており、

胃の中の酸性が比較的弱まっています。

 

このタイミングに乳酸菌サプリメントを服用すれば

酸の影響を最大限抑えることができるため、

乳酸菌の生存率の上昇が期待できます。

 

食後の中でも特に朝食の後がオススメ

ダノンジャパンがネット上で公開している統計情報によると、
65%以上の乳酸菌サプリの服用者は朝食後に飲んでいるそうです。

ヨーグルトや乳酸菌サプリメントなどによって每日継続的に

乳酸菌を取り入れている人の大多数は朝食の後に、

乳酸菌を摂取していることが多いようです。

 

また、乳酸菌サプリメントなどを継続的に服用している人の中には

日々の便通を改善したいという理由から服用している人も多く、

 

平均的にサプリメントを飲んで、

『30分前後経過すると便意を感じる』と言われています。

 

そのため、乳酸菌サプリメントの効果を最大限活かすためには、

朝食後に服用する方が良いと考えられています。

 

しかしそれでも、人によっては朝早くから

通勤電車に乗らなければならないなどの理由で、

なかなか朝食後にゆっくりできない人もいるかと思います。

 

そうした場合であれば、昼食後や夕食後に

乳酸菌サプリメントを服用するようにすれば問題ないそうです。

 

この項の内容は『ダノンジャパン株式会社』の『よくある質問』で

公開されている内容を参考にしながら情報をまとめていきました。

体内に取り込まれたビフィズス菌は、数日で体外に排出されてしまいます。
そのため、毎日続けることが大切です。生活のリズムに合わせて、
毎日の召し上がる時間帯(朝食時など)を決めるとよいでしょう。

出典:よくある質問 | ダノンジャパン
引用元URL;http://www.danone.co.jp/faq/danone_bio.html

継続的に服用することが大切

乳酸菌サプリメントを服用していく上では、
時間帯と同じくらい『継続的にサプリを飲むこと』が重要です。

乳酸菌サプリメントを服用していく上で理想的な形は、

自分のライフスタイルの中に『乳酸菌サプリ』を取り入れていくことです。

 

朝食後に服用することが良いとは言われていますが、

朝どうしても忙しかったり、

 

夜は仕事上の人間関係で

アルコールを摂取する機会が多ければ、

 

昼食後に乳酸菌サプリメントを服用しても問題ありません。

その代わり、毎日服用する時間帯を決めて習慣化していきましょう。

 

『サプリメントの服用』を習慣化することができれば、

每日のみ忘れてしまう心配がなくなりますし、

カラダも乳酸菌を摂取する準備ができます。

 

また、できる限り 一度服用する時間帯を習慣化したら、

時間をずらさないように工夫をしていきましょう。

 

いつもと違う時間帯に服用してしまうと、

乳酸菌による成長効果を実感できなかったり

体調を崩してしまう人もいると言われています。

 

乳酸菌サプリメントを服用する際の注意点

乳酸菌は酸だけでなく 熱にも弱いため 60度以上のお湯やお茶と一緒に
乳酸菌サプリメントを服用すると乳酸菌が死滅してしまいます。

また、抗生物質を服用した際には5~6時間ほど時間を空けて、
体内の殺菌効果が薄れ始めてきてから乳酸菌サプリメントを服用しましょう。

人によって内服薬やサプリメントの飲み方はさまざまですが、

乳酸菌サプリメントを服用する際には乳酸菌が

死滅しないように白湯と一緒に飲むようにしましょう。

 

冷たい水で服用すると

内臓を冷やして体に負担をかけてしまいますし、

体内機能が低下して乳酸菌の効き目も弱まってしまいます。

 

また、60度以上のお湯やお茶で乳酸菌を飲んでしまうと、

熱によって乳酸菌が死滅してしまいます。

 

そのため、乳酸菌サプリメントを服用する際には、

常温よりも少しだけ暖かい白湯で飲むことが推奨されています。

内服薬を服用する際にも注意!

また、風邪を引いた際などには内服薬を服用しますが、

内服薬には体内のウイルスや病原菌を殺菌するだけでなく、

 

体内に存在している善玉菌さえも

死滅させてしまうという副作用があります。

 

善玉菌が失われて腸内環境に負担かかかっている時にこそ、

乳酸菌を取り入れて整腸していくことが大切です。

 

内服薬を飲んでから5~6時間ほど経過すれば、

体内での殺菌作用が薄れてきていると考えられるので、

 

このように時間を見計らって

乳酸菌サプリメントを飲むようにしましょう。

 

『乳酸菌サプリを飲む時間やタイミングは
いつがベスト?食後・食前・空腹時』の最後に

乳酸菌サプリメントを飲む際には配合されている乳酸菌が生きたまま腸に届くように、
胃酸の弱まる朝食・昼食・夕食後のどれかのタイミングで飲むことがオススメです。
また、乳酸菌サプリメントを服用する際には、
60度以上の熱いお茶などではなく白湯で飲むことで乳酸菌の死滅を防げます。
会話

また、乳酸菌サプリメントの効果を実感するためには、

少なくとも数日間は服用を続けていく必要があります。

 

そのため、乳酸菌サプリメントを服用していく上では、

飲む時間帯・タイミングだけでなく日々の習慣に

取り入れることも意識していきましょう。

コチラのブログ記事では、ブログで紹介している

乳酸菌の特徴をまとめてご紹介しています。

<参考サイト>

出典:よくある質問 | ダノンジャパン
引用元URL;http://www.danone.co.jp/faq/danone_bio.html