Screen Shot 2016-08-06 at 20.25.38

植物性乳酸菌を食品から摂取するなら漬物や味噌、お酒などの発酵食品がおすすめです。
ヨーグルトでは摂取できるのか?簡単な作り方は?といったことについても解説していきます。
会話

乳酸菌は『動物性乳酸菌』と『植物性乳酸菌』に分類されます。

ヨーグルトなどに含まれており乳頭などによって

成長・増殖する乳酸菌が動物乳酸菌で、

 

漬物や味噌、そしてお酒などの植物の発酵によって

製造されている食物には植物性乳酸菌が含まれています。

乳酸菌が生息するのは、炭水化物、タンパク質、ビタミンなどの栄養素が豊富なところ。野菜や穀物など植物原料にも乳酸菌(植物性乳酸菌)はいるのです。日本人が昔から食べてきた漬物、甘酒、味噌、醤油といった発酵食品には乳酸菌が必ず生息し、おいしい味付をしてきました。それらを通して、日本人は昔から乳酸菌を体に取り入れてきました。そして、この植物性乳酸菌こそ、食品メーカー、医療品メーカーが、今、おおいに注目している存在なのです

出典:生物応用化学科 岡田早苗教授の『植物性乳酸菌』 | 東京農業大学公式ホームページ
引用元URL: http://www.nodai.ac.jp/teacher/okada/index.html

植物性乳酸菌の摂取方法・作り方まとめ

乳酸菌といえば ヨーグルトを食べれば摂取できるイメージが有りますが、
ヨーグルトを食べることで摂取できるものは動物性乳酸菌になります。

植物性乳酸菌を摂取するための
具体的な方法から作り方についてもご紹介していきます!

会話

植物性乳酸菌と動物性乳酸菌には

生育環境や栄養源の違いなどから 特徴に大きな違いがあります。

 

植物性乳酸菌は植物に含まれている

ブドウ糖やショ糖、果糖などを栄養素にしながら、

乳酸菌の繁殖には不利な塩分濃度の高い環境下で生育します。

 

その一方で、動物性乳酸菌は乳製品に含まれている

乳糖などを主な栄養素として使いながら増殖していきます。

 

また、乳製品には大量に乳糖が含まれ 塩分濃度も薄く、

乳酸菌が成長・増殖しやすい環境になっています。

ヨーグルトよりも漬物や味噌を食べるべき?

植物性乳酸菌は成長・増殖がしにくい環境下かつ、
ブドウ糖やショ糖、果糖などの少量の栄養素によって生存していきます。そのため、体内に摂取された際にも 胃酸や胆汁酸などの消化液への耐性が強く、
摂取されたほとんどの植物性乳酸菌が生きたまま腸に到達すると言われています。
会話

乳酸菌の中でも特に 動物性乳酸菌の場合は

乳糖などの栄養が不足してしまったり、

 

消化液などの酸性物質に対する耐性が弱いために、

摂取されてから腸に到達するまでに ほとんどが死滅してしまいます。

 

乳酸菌が死滅してしまったとしても、

腸内に存在する善玉菌の栄養素となるため無駄にはなりませんが、

 

腸内で食物の発酵作用を通して 乳酸を分泌し続けてくれる方が

より長期間に渡って体の体調を整える効果を発揮してくれます。

そこで、積極的に植物性乳酸菌を摂取するためには、

漬物や味噌などの植物を発酵させた食品を食べる必要があります。

 

漬物や味噌をイメージして頂ければ分かって頂けると思いますが、

塩分濃度がとても高く 乳酸菌の生育環境としては過酷なものとなっています。

 

しかしながら、そうした過酷な環境下でも生存し続けられる乳酸菌だからこそ、

胃酸や胆汁酸などの消化液によっても死滅させられること無く、

生きたまま腸に到達することが期待できるのです。

 

植物性乳酸菌培養液の作り方

植物性乳酸菌をたっぷり含んだ培養液なら簡単に作れて、
日々の食生活につけ食われることで手軽に植物性乳酸菌を摂取できます。
<植物性乳酸菌美容液を作るために必要な材料>
  • 米のとぎ汁 1リットル
  • 黒砂糖30g(とぎ汁の3%)
  • 天然塩10g(とぎ汁の1%)

材料の分量は『米のとぎ汁1リットル』を基準に設定したものなので、

『米のとぎ汁』の分量を基準にしながら分量を調節して下さい。

 

材料を全て準備出来たら、2リットルのペットボトルに

準備した材料を全て注ぎ込んで常温で4日間ほど発酵させます。

 

4日間発酵させている間は1日に3,4回ゆすって

発酵作用を促進させるようにしましょう。

 

発酵させてから4日ほど経過したら、

植物性乳酸菌が増殖したか確認してみます。

 

材料を注ぎこんだペットボトルのキャップを開けた際に、

中からガスが出てきて、りんごジュースのような匂いがしたら成功です。

 

このようにして作った植物性乳酸菌培養液を使えば、

あとは簡単に野菜を漬物にしたりキムチを作るだけで

手軽かつおいしく植物性乳酸菌を摂取することが期待できます。

 

植物性乳酸菌培養液の使い方

植物性乳酸菌を活用すれば、
簡単に野菜を使って漬物を作ることができます。
会話

キムチや野菜の漬物を簡単に作ることができるので、

今回のブログ記事でもすぐに実践できるレシピをご紹介します。

キャベツの浅漬け
<キャベツの浅漬けを作るために準備する材料>
  • 材料:キャベツ1/4玉(250gくらい)
  • 塩 小さじ1杯(3g)
  • ポリ袋  一枚
  • 植物性乳酸菌培養液
  1. キャベツを刻んでポリ袋に入れて、他の材料と一緒に混ぜ合わせます。
    植物性乳酸菌培養液はすべての材料が浸される程度にまで加えます。
  2. ポリ袋に入っている空気を絞り出して、
    真空状態にしてからポリ袋の口を縛って密閉します。
  3. キャベツなどの材料が入っているポリ袋をボールなどの容器に入れて、
    ポリ袋の上に重しをのせて圧縮させながら常温で2,3日置きます。

以上の作業だけで、植物性乳酸菌をたっぷり含んだ

キャベツの浅漬けを手軽かつおいしく作ることができます。

 

この方法は、キャベツだけでなくキュウリやナスなどの

他の野菜でも応用することができるため、

是非実践してみてください。

 

『植物性乳酸菌を食品で取るには?
漬物やヨーグルト?作り方も!』の最後に

植物性乳酸菌は漬物や味噌などの
植物性の発酵食品から摂取することができます。ヨーグルトなどの乳製品に含まれている動物性乳酸菌よりも、
消化液などのさんに対する耐性が強いため腸にまで生きて届きます。
会話

今回のブログ記事でご紹介した

植物性乳酸菌培養液を作れば家庭でも

手軽に植物性乳酸菌を作ることができますし、

 

漬物や浅漬けを作る際に使っていくことで、

毎日の食生活に取り入れていくことができます。

植物性乳酸菌の摂取方法をリサーチされていた方々に

今回のブログ記事が少しでもお役立てれば幸いです。

 

コチラのブログ記事では、ブログで紹介している

乳酸菌の特徴をまとめてご紹介しています。

<参考サイト>

出典:生物応用化学科 岡田早苗教授の『植物性乳酸菌』 | 東京農業大学公式ホームページ
引用元URL: http://www.nodai.ac.jp/teacher/okada/index.html