Screen Shot 2016-08-07 at 11.41.12

新谷乳酸菌「ラクトバチルス」を服用した効果や評価・評判などのクチコミ情報から
サプリメントを効果的に飲む方法についてもまとめてご紹介しています。
会話

新谷乳酸菌「ラクトバチルス」には 植物性乳酸菌やプレバイオティクス、大豆発酵乳酸菌エキスといったさまざまな有効成分が配合されています。

成分それぞれの効能や服用する際に注意すべき副作用などの情報について解説していこうと思います。

新谷乳酸菌「ラクトバチルス」の効果・効能

新谷乳酸菌「ラクトバチルス」には主成分として 生きたまま腸に届く植物性乳酸菌が配合されており、さらにプレバイオティクスや大豆発酵乳酸菌エキスによって腸内での働きがサポートされる仕組みになっています。
会話

乳酸菌を摂取すれば確実に整腸効果が得られると思われている方々も多いですが、『腸内フローラ(腸内細菌叢)』と相性の良い乳酸菌を継続的に摂取していくことが大変重要です。

そして、新谷乳酸菌「ラクトバチルス」には『腸内フローラ(腸内細菌叢)』を整える成分が含まれており、高い整腸効果が期待できると言われています。

それではさっそく、新谷乳酸菌「ラクトバチルス」による効果・効能について詳しく解説していきます。

植物性乳酸菌の特徴・効果

乳酸菌は『動物性乳酸菌』と『植物性乳酸菌』の大きく2つに分けることができ、それぞれによっておおまかに特徴を分けることができます。

一般的には、乳酸菌はヨーグルトなどの乳製品を食べることで摂取できると思われていますが、乳製品から摂取できる乳酸菌は『動物性乳酸菌』のみになります。

乳製品に大量に含まれている『乳糖』を栄養源としながら生育していきますが、植物性乳酸菌と比較しても酸や熱への耐性が弱く、体温の熱や消化液に含まれる酸によって すぐに死滅してしまいます。

その一方で、漬物やキムチなどの植物性発酵食品の中でも乳酸菌は生育していて、植物内部に少量だけ含まれているブドウ糖やショ糖、果糖などを栄養源としています。

栄養源が少なかったり、塩分濃度が高く、乳酸菌が生育するには不適切な環境下で育つことから比較的酸や熱に対する耐性が強居傾向があり、食事やサプリメントで摂取されたほとんどの菌体が生きたまま腸にまで届くと言われています。

植物性乳酸菌が動物性乳酸菌よりも圧倒的に生命力が高いという事実については、『乳酸菌 | Health クリック』の公式ホームページでも書かれています。

腸内環境をよくし、体調を改善してくれる「乳酸菌」。ヨーグルトやチーズなどの乳製品に含まれていることはよく知られている。”乳”という言葉が入っているため、乳製品のみに含まれるものと思いがちだが、実は植物性の食べ物にもたくさんの乳酸菌が含まれている。そもそも、乳酸菌とは糖を発酵し、乳酸などの有機酸(動植物がつくる酸)を生成する菌のこと。

そして、植物性の発酵食品に含まれる「植物性乳酸菌」は、実にたくさんの種類の食べ物に存在している。なぜなら、植物性乳酸菌は、動物性のものに比べて、栄養バランスが悪く刺激の強い、過酷な環境でも生き抜くことができるからだ。

出典:乳酸菌には植物性と動物性がある! | 乳酸菌 Health クリック
引用元URL:http://www.health.ne.jp/library/3000/w3000762.html

新谷乳酸菌「ラクトバチルス」は植物性乳酸菌を豊富に含んでいるため、より腸内環境を整える効果が期待できると言われています。

食物繊維(プレバイオティクス)で腸内フローラを整える

善玉菌のような体内に良い影響を与える最近のことは『プロバイオティクス』と呼ばれますが、それらの栄養源となる物質は『プレバイオティクス』と言われています。

『プレバイオティクス』の中にも、オリゴ糖や乳酸菌の死滅した菌体など様々な種類が存在していますが、新谷乳酸菌「ラクトバチルス」には、『プレバイオティクス』の一種である食物繊維が豊富に含まれています。

『プレバイオティクス』は一緒に摂取する乳酸菌の働きを高める効果が有るだけでなく、どんな腸内フローラであっても整える効果を期待することができます。

人々の腸内には数多くの腸内細菌が生息していますが、それぞれの人の食生活や体調、生活習慣などによって 腸内フローラを構成してる腸内細菌の種類や割合が異なり、整腸作用をもたらす効果が期待できる乳酸菌は、腸内フローラによって大きく異なるのです。

そのため、人によっては効果のあった乳酸菌でも、他の人が全く同じ乳酸菌を摂取しても同じ効果を得られないといったこともよくあると言われています。

腸内フローラの詳しい情報については、『光英科学研究所』の公式ホームページでも解説されています。

私たちの腸内にはたくさんの細菌がすみついています。これら腸内にすんでいる細菌は、腸内細菌といい、その数は100種類以上、個数は約100兆個にもなります。

特に回腸(かいちょう/小腸の終わり)から大腸にかけては、これら多種多様な腸内細菌が種類ごとにまとまりをつくってびっしりと腸内に壁面を作って生息している状態です。

この様相は、まるで植物が種類ごとに集団を作って群れている花畑の様子ともたとえられ、「腸内フローラ」(腸内細菌叢/ちょうないさいきんそう)と呼ばれています。(お花畑= flora[英])

出典:腸内フローラとは何か? | 光英科学研究所
引用元URL:http://www.koei-science.com/gut-flora.html

このように、腸内フローラに適した乳酸菌を取り入れていくことが大切なのですが、『プレバイオティクス』であれば腸内フローラがどういった状況であっても、確実に善玉菌の栄養素として機能するため、確実に腸内環境を整える効果が期待できます。

新谷乳酸菌「ラクトバチルス」を
服用する際に注意すべき副作用

新谷乳酸菌「ラクトバチルス」には、乳酸菌の成長・増殖をサポートするために『大豆発酵乳酸菌エキス』が配合されています。そのため、大豆アレルギーの方は服用を避けて下さい。
会話

大豆アレルギーの方がサプリメントを服用してしまうと、皮膚に痒みが生じたり、発疹が出てしまうことがあります。

また、症状が悪化するとアナフィラキシーショックを起こす危険性もあるため注意が必要です。

大豆アレルギーかどうか判断ができない場合には、病院の『花粉症外来』などで血液検査をすれば、どういった物質に対してアレルギー症状を発してしまうのかという確実な情報を得ることができます。

『新谷乳酸菌「ラクトバチルス」の≪口コミ&評価≫効果的な飲み方は?』の最後に

新谷乳酸菌「ラクトバチルス」には、植物性乳酸菌やプレバイオティクスが豊富に配合されているため、腸内で活発に活動し続ける乳酸菌を増やす効果が期待できます。
会話

単純に乳酸菌が含まれているだけでなく、成長や増殖をサポートする成分も配合されており、より高い整腸効果が期待できると言われています。

ただし、大豆アレルギーの方の場合には、新谷乳酸菌「ラクトバチルス」の原材料に大豆が含まれているため、アレルギー症状を発症させてしまったり、アナフィラキシーショックを引き起こしてしまうといったリスクも有るため服用は避けましょう。

新谷乳酸菌「ラクトバチルス」のような、生命力の強い植物性乳酸菌としては特に『ラブレ菌』が有名です。

会話

ラブレ菌が配合されている商品やサプリメントの詳しい情報についてはこちらのブログ記事を参考にして下さい。