Screen Shot 2016-08-07 at 10.45.13

『株式会社アラクス』が販売している『カイベールC』の便秘解消効果に関する口コミや
ダイエットや妊婦にはNG?といった情報についてまとめました。
会話

『カイベールC』は腸のぜん動運動を活性化させる

『ビサコジル』や『センノサイドカルシウム』などの

有効成分が豊富に配合されています。

『センノサイドカルシウム』は

生薬センナから抽出される天然成分であり、

カラダへの安全性が極めて高いと言われています。

 

また、『ビサコジル』は人間ドックで

排便を促す際にも使われている医薬品であり、

便秘を解消させる高い効果が期待されています。

 

『エスエス製薬』の公式ホームページ上でも

『ビサコジル』の便秘解消における有効性について書かれています。

便秘を改善する成分で、大腸の副交感神経末端に作用してぜん動を高めるほか、腸粘膜に直接作用して排便反射を刺激し、排便を促進します。また、結腸の中で便の水分が吸収されすぎるのを抑え、自然に近いお通じを促します。

出典:ビサコジル | エスエス製薬
引用元URL:http://www.ssp.co.jp/dictionary/bisacodyl/

ただ、このブログ記事を読まれているということは、

『カイベールC』を使用した方々からの生の口コミや

 

ダイエットに使用した際の

危険な副作用などの情報を求められていると思います。

 

『カイベールC』に関する口コミや注意すべき副作用については

以下の文章で詳しく解説していきます。

『カイベールC』の便秘解消以外の効果

『カイベールC』を服用することで排便リズムを整えることができ、
カラダの健康にも役立つさまざまな効能が期待できます。
会話

便秘になってしまうと悪玉菌が増殖して

カラダにさまざまな悪影響を及ぼすようになります。

 

そのため、便秘を解消することは

体を健康に保つ上でも大変重要になります。

腸内の悪玉菌の成長・増殖を抑制することで

腸内だけでなくカラダ全体に良い影響があると言われています。

 

それではまず、『カイベールC』による

便秘解消以外に期待できる効能・仕組みについてご紹介します。

 

肌荒れ・ニキビの改善

悪玉菌は必須アミノ酸やビタミン群を栄養源として増殖するため、
腸内で増殖すると肌の新陳代謝が阻害されてしまうことになります。

美肌を保ったり、ニキビを解消するためには

肌の新陳代謝を高めていくことが非常に重要です。

 

肌の新陳代謝が行われる際には、

必須アミノ酸やビタミンが消費されるため、

 

体内でこれらの栄養素が不足していると

円滑に肌の代謝が行われずに肌荒れの原因になります。

 

必須アミノ酸が美肌を保つために重要であることについては

『スキンケア大学』の公式ホームページ上でも以下のように書かれています。

必須アミノ酸は、イソロイシン、ロイシン、バリン、リジン、スレオニン、トリプトファン、メチオニン、フェニルアラニン、ヒスチジンの9種類。これらは全種類をバランスよく摂取することで、初めて有効にはたらきます。

アミノ酸は、健康面でも必須な栄養素であることはもちろん、美肌面でもとても重要な効果を発揮します。

出典:美容に絶対欠かせない”アミノ酸” | スキンケア大学
引用元URL:http://www.skincare-univ.com/daily/column/002680/

排便のリズムを整えることで、

大便に混じった悪玉菌を大量に排出できる

ということが言われています。

 

その結果、肌の代謝に必要な栄養素が

他の無駄な用途に使われることを防ぐことができます。

 

下腹部膨張感(お腹のハリ)の緩和

腸内で悪玉菌が増殖すると、腸の内容物の運搬が滞ってしまったり、
悪玉菌自体が発するガスによって下腹部膨張感を感じることになってしまいます。

悪玉菌が腸内で増殖すると腸の機能が全体的に低下して、

ぜん動運動も正常に行われにくくなってしまいます。

 

腸の動きが悪くなると

食べた食物が長い間 腸に留まり、

 

腸内細菌によって過剰に発酵させられることで

おならで排出しきれないほどのガスが発生してしまいます。

 

そこで、ある程度の期間内で摂取した食物を

大便として排出する習慣をつけることで、

 

体内でのガス発生を最小限に抑えることができる

と言われています。

 

『カイベールC』の効能・副作用

『カイベールC』には腸のぜん動運動を活性化させる有効成分が含まれており、
腸内の大便や悪玉菌を体外に積極的に排出させる効果が期待できます。
会話

『カイベールC』に含まれている

『ビサコジル』と『センノサイドカルシウム』には

腸の蠕動運動をサポートさせる効能が期待されています。

ビサコジル・センノサイドカルシウムの便秘解消効果

会話

腸のぜん動運動は腸内での食物の消化や

大便を運搬して排便する上で重用な役割があります。

 

また、ぜん動運動は自律神経によって行われており、

意識的に行うことはできないという難点があります。

若い成人の方であれば頻繁に運動することで、

運動した際の振動などの刺激によって

腸のぜん動運動が活性化されます。

 

その一方で、お年寄りや妊娠中の情勢であれば

どうしても運動不足になってしまい、

 

ぜん動運動を促すために必要な刺激を

腸に与えにくくなってしまいます。

 

運動不足が便秘の原因になることについては

『Healthクリック』の公式ホームページ上でも書かれています。

排便の際に重要な筋肉は、言うまでもなく「腹筋」。「出そうなのに、踏ん張っても力んでも出ない人は、日ごろ運動不足気味であることが多い。ただ、運動不足といっても、毎日スイミングするなどハードなものは必要ない。日常生活の中でまめに身体動かすなどプラス意識的に腹筋を鍛える運動を少しずつ行う程度でOKなので、気軽にトライしてみよう。

出典:自分でできる便秘解消法(運動編) | Healthクリック
引用元URL:http://www.health.ne.jp/library/3000/w3000379.html

そのため、どうしても運動ができない場合には

有効成分を摂取することによって、

 

腸への刺激を補う心がけ

便秘を予防・解消していく上で大切な考え方になります。

 

注意すべき副作用・ダイエットはNG

『カイベールC』は生薬センナから抽出された『センノサイドカルシウム』が配合されており、比較的胃腸に負担をかけない便秘薬と言われていますが、副作用には注意すべきです。

『カイベールC』が体質に合わない場合には、

以下のような副作用に悩まされてしまうことがあります。

<『カイベールC』によって生じうる副作用>
  • 脱水症状でカラダがむくんでしまう
  • 激しい腹痛を伴う下痢

『カイベールC』は顆粒タイプの便秘薬のため、

年齢や便秘の状況に応じて服用量を柔軟に調整できます。

 

基本的に少量ずつ試していくようにすれば、

以上のような激しい副作用の心配は殆どないと考えられます。

 

また、『カイベールC』には脱水効果があり、

ダイエットに活用しようとする方も多くいます。

 

しかしながら、『カイベールC』に限らず、

便秘薬による体重減少は脱水によるものであって

 

体脂肪は全く燃焼されておらず、

脱水症状や体のむくみなどによって

意図に反してに太ったように見えてしまいかねません。

 

また、便秘薬は短期間 服用して

便秘を解消する上では効果的ですが、

 

日常的に服用し続けてしまうと

深刻な肝炎吐き気などの症状の原因になりかねません。

 

そのため、便秘薬によって

ダイエットは絶対にしないよう心がけましょう。

 

また、『カイベールC』腸の収縮を促進させるため、

妊婦さんが服用すると子宮を締め付けてしまい

胎児に悪影響を及ぼす危険性があります。

 

最悪の場合には、流産してしまうといったリスクがあるため、

妊娠中の方は服用せずに便秘は医師に相談するようにしましょう。

 

『カイベールcの≪口コミ&効果&危険な副作用≫
妊娠中はOK?』の最後に

『カイベールC』は腸を刺激してぜん動運動を促すことで便秘を解消させる効果が期待されています。体内の臓器を収縮されるため、妊婦さんは服用を避けてください。
会話

妊娠中・授乳中ではない健康な方で

日頃運動不足がちな方であれば、

 

『カイベールC』を服用することで

便秘解消の効果が期待できると考えられます。

ただし、ダイエット目的などで

継続的に服用することは避けましょう

 

今回のブログ記事では『カイベールC』の

便秘解消効果に関する口コミ・副作用の危険性などについてご紹介しました。

 

他にも便秘解消に効果的な便秘薬や乳酸菌サプリなどについて

ご紹介しているので是非参考にしてみてください。

会話

他にも便秘解消に効果的な便秘薬や乳酸菌サプリなどについて

ご紹介しているので是非参考にしてみてください。

<参考サイト>

出典:ビサコジル | エスエス製薬
引用元URL:http://www.ssp.co.jp/dictionary/bisacodyl/

出典:自分でできる便秘解消法(運動編) | Healthクリック
引用元URL:http://www.health.ne.jp/library/3000/w3000379.html