Screen Shot 2016-08-07 at 10.44.12

2017年の『ハンノキ花粉症』がピーク時期は何月頃までなのか、
対策もいつまで行う必要があるのかといった情報についてまとめてお伝えしていきます。

会話

ハンノキは1月から6月までの

一年の前半に花粉が飛散し続けます。

 

長期的に花粉が飛散し続けるため、

地域によっても花粉飛散のピーク時期が

変わってくるため注意をしていく必要があります。

冬から春の終わりごろまで花粉が飛散しているハンノキですが、

飛散量が特に増える時期は地域によって差があります。

 

そこで今回のブログ記事では、

ハンノキ花粉症ピーク時期主な症状対策などをご紹介します。

 

花粉症の症状に悩まれている方に、

今回のブログ記事がお役に立てれば幸いです。

ハンノキ花粉症のピーク時期・症状

ハンノキ花粉は毎年1月から6月にかけて飛散します。
花粉が飛散している時期がとても長い部類に入るため、
ハンノキ花粉症に限らずに花粉全般との接触を避ける工夫が重要です。

会話

ハンノキはカバノキ科の植物で日本全国に植生が見られますが、

シラカバと同じように特に北海道などの

寒い地域に主に分布しています。

ハンノキ花粉のピーク時期

ハンノキ花粉が飛散する期間:1月〜6月

ハンノキ花粉は三大花粉症であるスギ花粉と飛散する時期はほとんど被っています。

ハンノキ花粉は1月から6月までの

約半年の間 花粉が飛散し続けているため、

 

日本だけで見ても地域によって

飛散がピークに達する時期に若干の差が生じます。

 

地域ごとのハンノキ花粉の

飛散ピーク時期は以下のようになっています。

<地域毎のハンノキ花粉の飛散ピーク時期の違い>
  • 東北:3月〜4月
  • 関東:3月〜4月
  • 東海:3月
  • 関西:3月
  • 九州:3月

主な症状・注意点

ハンノキ花粉症は一般的な症状に加えて、
咳が出る特徴があって 悪化すると喘息になってしまう危険性もあります。

ハンノキ花粉症には『鼻水・鼻づまり・目の充血』などの

一般的な症状に加えて、喉の痛みや咳が出るといった症状があります。

<ハンノキ花粉症による主な症状>
  • くしゃみ
  • 鼻水
  • 鼻づまり
  • 目の充血
  • 喉の痛み
  • 咳(喘息)

ハンノキ花粉症の特徴としては、

喉に違和感を感じたり 咳をすることがあります。

 

症状をほうっておくと悪化して

咳喘息・喘息になってしまうリスクも有るため注意が必要です。

 

また、ハンノキ花粉症が発症している際には、

以下の食品を食べると症状が悪化しやすいと言われているため、

 

1月から6月頃にハンノキ花粉症の疑いがある方は、

以下の食品を摂取することを避けるようにしていきましょう。

リンゴ

リンゴ

ヘーゼルナッツ

ヘーゼルナッツ

マンゴー

マンゴー

じゃがいも

じゃがいも

大豆

大豆

もも

もも

アボガド

アボガド

イチゴ

イチゴ

ニンジン

ニンジン

キウイ

キウイ

トマト

トマト

メロン

メロン

オレンジ

オレンジ

スイカ

スイカ

セロリ

セロリ

ce1e2ea4924537bf08e476a2d28dfc53_s

ヤマイモ

これらの食物に含まれているタンパク質の形状が

ハンノキ花粉のタンパク質と似ているために

症状の悪化に繋がると言われています。

 

また、生のまま摂取すると症状が悪化しやすいですが、

ジュースに加工するなどすれば影響が抑えられるとも言われています。

 

ハンノキ花粉症への対策

ハンノキ花粉との接触を防ぐためには
外出を極力避けることが一番効果的ですが、
外出する際の『時間帯』や『天候』も考慮するようにしましょう。

花粉症は花粉に含まれているアレルゲン物質が

粘膜から体内に吸収されることが原因になっています。

 

そのため、いくら花粉飛散がピークになっている時期であっても、

外出しなければ花粉症に悩まされることはほぼありません。

 

とはいっても、外出しなければならない用事もあると思うので、

外出する際に最低限気をつけるべき

『時間帯』『天候』について解説していきます。

 

外出する際には日中を避ける

気温の高い晴天であれば 花粉に吸着していた水分が
蒸発することで花粉が飛散しやすくなります。

晴天の場合には花粉に吸着していた水分が蒸発することで

花粉が飛散しやすくなるだけでなく、

 

通勤などの外出する用事がある人も多いため、

人が動いた際の風圧などによっても花粉が舞い上がります。

 

そのため、どうしても外出しなければならない場合には、

深夜から早朝の時間帯に用事を済ませることがおすすめです。

 

深夜や早朝であれば出歩いている人も少ないため、

人の動きによって花粉が舞い上がる心配もないですし、

 

朝露によって花粉に水分が吸着しており、

水分の重さで飛散しにくい傾向があります。

 

外出する際の『天候』にも注意する

雨が降っていると 高い湿度の影響で花粉が飛散しにくくなりますが、
翌日晴れた場合には、前日の分の花粉も飛散するため注意が必要です。

雨が降っている間は花粉を吸引する心配をせずに、

外出することができます。

 

というのも、花粉は湿度が80%以上の環境下では

ほとんど飛散しないと言われているからです。

 

その一方で、雨天の翌日が晴れた場合には

前日飛散しきれなかった花粉まで一緒に舞い上がるため、

通常よりも花粉の飛散量が増加する傾向にあります。

 

そのため、雨上がりの晴天の際には

できるだけ外出しないように気をつけておきましょう。

 

挿入型マスクや塗り薬を活用する

花粉症対策には一般的なマスク以外にも、
さまざまな便利なグッズが販売されているため活用をオススメしています。

花粉症対策グッズには『挿入型マスク』という

鼻栓のようなもので鼻の穴を完全に塞いでしまうものがあります。

 

『挿入型マスク』を着用している際には

口呼吸をしていく必要がありますが、

 

花粉症による鼻炎の症状を

大幅に抑制・予防する効果が期待できます。

 

一般的なマスクのように隙間から花粉を吸引することがないため、

花粉の吸引を99%以上防げると言われています。

 

花粉症対策の『挿入型マスク(鼻栓)』についての

詳しい情報についてはコチラの記事を参考にして下さい。

他の花粉症対策方法としては、

ワセリンなどの油性クリームを眼や鼻の周りに塗る方法も有効です。

 

花粉が目や鼻の粘膜に付着する際には、

それまでに何度か皮膚に接触していることがほとんどです。

 

そのため、あらかじめ油性クリームを皮膚に塗っておいて、

花粉が皮膚に触れた段階でそれ以上広がらないように

キャッチすることができます。

 

花粉症対策として有効な油性クリームには、

『ワセリン』や『花粉 鼻でブロック』などがあります。

 

これらの塗り薬に関する詳しい情報については

以下のブログ記事で詳しくご紹介しています。

『<2017年ハンノキ花粉症>の飛散予測時期は?
ピークは何月?』のまとめ

ハンノキ花粉は1月から6月の間で飛散していますが、
花粉症が悪化すると喘息を発症してしまうリスクも有るため注意が必要です。

会話

ハンノキ花粉症では 一般的な症状に加えて、

『喉の痛み・咳』といった症状も見られます。

 

また、ある特定の食物を摂取することによっても、

花粉症の症状を悪化させることがあるため、

食生活でも気をつけるようにしましょう。

今回のブログ記事がハンノキ花粉症や他の花粉症で

悩まれている方々のお役に立てたのであれば幸いです。

会話

2017年のそれぞれの花粉症のピーク時期に関しては

コチラのブログ記事でまとめてご紹介しています。