Screen Shot 2016-08-06 at 21.22.19

花粉症は注射治療を受けることでも症状を抑えたり、
根本的に治療することができます!

花粉症対策の注射治療には
以下のように大きく3種類に分けることができます!

  • ステロイド注射
  • ヒスタミン注射
  • アレルゲン注射
会話

注射を打つ治療によっても

花粉症を緩和させることができるよ!☆

 

ただし、注射治療の種類によって

効能や目的が全然変わってくるから、

治療を始める前にしっかりと下調べをしておこう!

花粉症の症状を押させる対症療法に効果的な注射療法

免疫グロブリンやステロイド剤を注射することで
花粉症を抑える効き目がすぐに期待できます!
⇒ 根本的に花粉症を治療したいならこちら

注射治療であれば、花粉症の症状を抑える成分を

一度に大量に注入することができるから、

 

即効性のある効き目が期待できる一方で、

注射製剤による副作用のリスクも高いから注意!!

ステロイド注射

  • 処置費用: 1000円〜10000円
  • 効果持続期間:1ヶ月〜3ヶ月
  • 副作用:深刻な場合がある
  • 回数:1回~3回

ステロイド注射には花粉症の症状を

抑える即効性の効き目が期待できる一方で、

 

ステロイド剤による深刻な

副作用で悩まされてしまうリスクも大変大きいです。

 

一方で、ステロイド注射を一度でも打っておけば

1ヶ月から3ヶ月は効果が期待できるため、

ワンシーズンは花粉症の心配がありません。

 

しかしながら、やはりステロイド剤による

副作用が大きいため あまり推奨されている手法ではなく、

保険も適用されずに1万円以上の費用がかかる場合もあります。

 

注射療法の費用はステロイド注射を除けば医療費控除が可能

会話

『ステロイド注射』は協力が効き目がある一方で、

深刻な副作用もあってさまざまな学会から問題視されてるの。

 

だから、花粉症対策の注射治療の中では

唯一医療費控除対象に含まれないわ。

 

ステロイド注射以外の花粉症対策の注射治療であれば、

医療費控除対象だから安心して受診してね!☆

ヒスタミン注射

  • 処置費用: 500円〜1000円
  • 効果持続期間:1ヶ月〜3ヶ月
  • 副作用:深刻な場合はほとんどない
  • 頻度・回数:1~2習慣に1度・6回~10回

ヒスタミン注射は『ヒスタグロビン注射』とも呼ばれており、

ヒスタグロビンという成分を注入することで

ヒスタミン抗体を作ることができます。

 

ただ、ヒスタミン抗体に限らず、

免疫力を高めていくためには時間がかかることが欠点です。

 

ヒスタグロビン注射による

免疫力向上の効果を実感するためには、

 

週1回は注射による施術を受けて、

体質にも大きく依存することはありますが、

トータルで6回以上の注射を打つ必要があります。

 

また、ヒスタグロビン注射によって作ることができる抗体は

時間が経過するにつれて失われていってしまうため、

毎シーズン受けなおしていくことが重要です。

 

アレルゲン注射による体質改善で根本的に治療する

ヒスタグロビン注射よりもアレルゲン注射を定期的に受ければ、
少しずつ体質を変えてアレルギー反応を出さない体づくりができます!

会話

アレルゲン注射には、以下のような特徴があります。

  • 処置費用: 500円〜1000円
  • 副作用:ほとんどみられない
  • 頻度・回数:1ヶ月に1度・40回前後

アレルゲン注射のメリットは花粉アレルギーに対して

過剰に反応しない体質に変えていくことで、

 

ある一定以上の免疫力を付けることができれば、

ほとんど花粉症に悩まないようになれることです。

 

『ステロイド注射』や『ヒスタグロビン注射』の場合は、

花粉が飛散する時期になる度に施術を受けていかなければなりませんが、

 

アレルゲン注射であれば、

花粉症の時期以外であっても、

注射を打ち続ける必要がありますが、

根本的に体質を変えていくことができます!

 

さらに、アレルゲン注射は保険が適用されるので、

施術費用は高くても1000円掛からない程度ですみます。

 

唯一のデメリットとしては、

効果が出るまでに数年単位の期間が必要なこと、

 

そして、花粉症の時期でなくとも

若干 副作用の影響でくしゃみなどが出るといったことがあります。

 

注射治療を受けるための診療科は?

注射治療による花粉症対策は花粉症外来がおすすめですが、
花粉症外来が病院に設置されていない場合には、
どこの診療科でも受けることができます!
会話

眼科・内科・耳鼻科・耳鼻咽喉科

どこでも花粉症の注射治療に対応可能だけど、

もし近隣の病院に花粉症外来があれば そこで受診してね☆

注射治療以外にもレーザー治療でも花粉症対策が可能!

レーザー治療であれば花粉症を引き起こしている粘膜を
外科的に治療することで花粉症を抑えることができます!
会話

レーザー治療によっては鼻内部の粘膜のみに対して

外科的治療を施すことができるから、

 

鼻炎といった症状のみ

緩和させることができるんだよ!☆

花粉症の症状を軽減するにはレーザー治療が効果的!

花粉症を和らげるレーザー治療には
レーザーの照射レベルによって2つの種類があります!
会話

花粉症による鼻炎は花粉が鼻内部の粘膜に付着した際に

過剰に免疫反応が示されるために起きているの。

 

レーザーによって鼻の粘膜を償却しておくことで、

花粉アレルゲンに対する反応をシャットアウトすることができるよ!

レーザー治療の種類は大きく分けて2種類あります!
自然治癒するまでにかかる時間や施術による作用が異なります!

  • 光破壊型レーザー治療
  • 光融合型レーザー治療

光破壊型レーザー治療

会話

光破壊型レーザー治療は高レベルのレーザーによって、

は内部の粘膜を焼ききってしまうものだよ!

鼻の粘膜をレーザーで焼ききってしまうことで、

粘膜の免疫反応を止めることができます。

 

そのため、レーザー治療のあとには

若干鼻が乾燥しているような感覚になりますが、

花粉症のくしゃみや鼻水といった症状は大幅に抑えることができます。

 

光融合型レーザー治療

会話

光融合型レーザー治療の場合には、

鼻内部の粘膜に対して負担をかけないように

レーザー照度を大幅に弱めて行われるよ!☆

光破壊型レーザー治療の場合には、

鼻内部の粘膜を完全に焼いてしまうため、

 

レーザーによる傷跡が完全に自然治癒するまでには

およそ1ヶ月以上の期間がかかってしまいます。

 

その一方で、光有効型レーザー治療であれば、

鼻内部の粘膜を若干とかしてヤケドのような状態にするにとどめます。

 

そのため、長くても1週間程度の期間で

レーザーによる傷跡が自然に治癒していきます。

 

レーザー治療による効能はほぼ変わらないということで

最近では光融合型レーザー治療のほうがメジャーになっています。

 

レーザー治療によって期待できる花粉症への効果

花粉症の中でも『くしゃみ・鼻水・鼻づまり』といった
鼻炎の症状を軽減させる上でレーザー治療は大変効果的です!

レーザー治療を受ければ、

鼻炎に関する花粉症の症状はすぐに抑えることができます。

 

しかしながら、効果は一時的なもので

長くても2年ほどしか持続しないものとなっています。

 

レーザー治療による花粉症対策について

詳しく知りたい場合にはコチラの記事を参考にして下さい!