Screen Shot 2016-08-06 at 21.10.21

花粉症対策の薬を処方してもらいたい場合は、
基本的に花粉症の症状で辛い部位の診療科を受診してもらえれば大丈夫です!
会話

花粉症対策をする上で病院を受診することは有効だけど

ほとんどの人は花粉症の自覚があったとしても、

 

花粉症をあらかじめ予防するために

病院で薬を処方してもらうことは少ないの。。

大抵の場合、花粉症の症状が

出てから病院の受診を考えますが、

 

アレルギー反応を示す花粉が飛散する前から薬を服用して

耐性をつけておくこと出花粉症の症状を大幅に抑えることができます!

 

花粉症で辛い時には何科を受診すべき?

花粉症の症状が苦しくなってきたら病院へ行きましょう!
会話

基本的にどの診療科で受診しても問題無いけど

花粉症外来があればそこを受診するに越したことはないよ!

病院を受診すべきタイミング

花粉症の事前対策や症状に苦しむようになった場合には、

基本的にはどの診療科であっても適切な薬を処方してもらえます。

 

ただし、診察をうける際には毎年花粉症に悩んでいるといった

花粉症の傾向について情報を提供すればより適切な処置をしてもらえます。

 

病院を診察するタイミングですが、

花粉症対策の薬には以下のように2つの種類があります。

花粉症対策薬の類別
  • 花粉症対策の処方薬には症状を緩和させる薬
  • 花粉症の症状を発症させないように防止させる薬

毎年花粉症の症状に苦しむ時期が分かっているのであれば、

苦手な花粉が飛散する1ヶ月ほど前から

対策を講じておきましょう。

 

花粉症を事前に予防するためには

1週間ほどの期間処方薬を飲み続ける必要があるので、

時間に余裕を持って病院を受診しておきましょう。

 

保険が使えるため何科を受診しても同じ料金

病院のどの診療科でも花粉症の症状を診察してもらえますし、

診療科にかかわらず 花粉症治療薬の価格は同額になっています!

そのため、診療科はそこまで気にせずに

時間のある時に病院で受診するようにしましょう!

 

また、あまりにも花粉症の症状がひどすぎて

今すぐに症状を抑えたい場合には、

 

いくつか即効性のある対症療法も存在するので、

今回はレーザー治療とステロイド注射をご紹介します!

 

花粉症の症状を軽減するにはレーザー治療が効果的!

花粉症対策のレーザー治療には2つの種類があるので、
メリット・デメリットを把握して選んでいきましょう!
会話

花粉症対策のレーザー治療では、

鼻の粘膜をレーザーで焼くことによって、

 

粘膜が花粉の刺激に対して

過剰反応を防ぐ治療です☆

レーザー治療には2種類ある

花粉対策のレーザー治療には2種類あります。
照射するレーザーの強度が主な違いです。

レーザー治療の類別
  • 光破壊型レーザー治療
  • 光融合型レーザー治療

光破壊型レーザー治療

会話

光破壊型レーザー治療は

レーザーによる花粉症治療として

もともと行われていた手法によるものよ!☆

光破壊型レーザー治療の場合は、

高いレベルのレーザーによって

鼻の粘膜を焼いていく治療になります。

 

花粉症による鼻炎は鼻の粘膜の

花粉に対する過剰な反応が原因のため、

 

レーザーで原因となっている粘膜細胞を

破壊することで一時的な症状の改善を図ります。

 

光融合型レーザー治療

会話

光融合型レーザー治療では、

レーザーの出力レベルを大幅に落として、

 

炎症を起こしている粘膜に対する

負担を軽減することができ、

 

施術後の回復も早くなるよ!☆

光破壊型レーザー治療の場合は、

鼻内部の粘膜細胞を破壊していきますが、

 

光融合型レーザー治療では、

粘膜細胞を破壊するよりも溶かすといったイメージです。

 

分かりやすく言うと、

ちょっとしたやけど状態にすることで

花粉に対する反応を防止させるようにします。

 

花粉症対策のレーザー治療による副作用

レーザー治療は過剰反応している粘膜細胞を破壊もしくは溶かすという
外科的な施術のため、副作用を受ける心配はありません!
会話

花粉症は内服薬による対症療法が一般的ですが、

人によっては妊婦さんなどの薬を飲めない方もいるよね。

 

妊婦さんのように、内服薬の副作用等が

心配な人には特にオススメ施術だといえるわね!☆

しかしながら、レーザー治療では

レーザーによって粘膜細胞を破壊することになるので、

 

体質によっては若干鼻内部が腫れてしまったり、

出血してしまう場合があります。

 

肌質や体質についてあらかじめ担当医に相談するなどして、

レーザー治療を受ける際には万全を期しておきましょう!

 

花粉症を軽減するためのレーザー治療にかかる費用

レーザー治療はそこまで認知度は高くありませんが、
保険が適用されるため気軽に受けることができます!
会話

レーザー治療の施術費用は

実施しているクリニックによって若干異なってくるけど、

 

お問い合わせフォームなどから相談してみればわかるし、

保険が適用されるからそこまで高い心配はないよ!☆

レーザー治療による花粉症対策費用の目安としては、

8000円から1万円前後と考えて下さい。

 

もし、受診を考えている

クリニックの詳細な価格設定が知りたい場合には、

実際に電話やメールで相談してみましょう!

 

ステロイド注射も花粉症の対症療法として効果的!

ステロイド注射もレーザー治療のように、
花粉症の症状に対して即効性が期待できますが、
ステロイド剤による大きな副作用を発症するリスクが有ります。

会話

ステロイド剤はレーザー治療よりも

より広範な花粉症の症状を一気に抑えることができます。

 

しかしながらその一方で、

体内でのホルモンバランスを崩してしまったりと

大きな副作用を受けてしまう危険性も考慮する必要があるよ!☆

ステロイド注射の特徴

  • 処置費用: 1000円〜10000円
  • 効果持続期間:1ヶ月〜3ヶ月
  • 副作用:深刻な場合がある
  • 回数:1回~3回

ステロイド注射による治療は保険適用外となるため、

治療費用を全額負担することになり7000円から1万円前後かかります。

 

また、副作用としてはホルモンバランス異常や

それに伴う肌荒れ、人によっては精神異常などをきたすこともあります。

 

アレルギーについて研究している学会の中でも

ステロイド注射に対しては懐疑的な人も多いため、

 

花粉症の症状があまりにも

ひどい場合以外はやらないようにしましょう。

 

また、今回の記事を読まれている方の中には

病院での受診を考えているけど、

 

なかなか時間を取れずに花粉症に苦しんでいる方もいると思い、

花粉症対策にオススメな市販薬もまとめました!

 

花粉症を抑える市販の目薬BEST5!

※ランキングは管理人の独断と偏見で付けています。

花粉症の症状を緩和させるなら、
抗ヒスタミン作用のある目薬が効果的!

花粉症対策の目薬は色んな種類があるので、
しっかりと特徴を理解して選んでいきましょう!

会話

花粉症対策の目薬では

炎症を抑える効能の強さだったり、

 

目薬を実際に点眼した際に、眼への刺激が強めのものや

弱めのものといったいろんなものがあるよ!

1位:ザジテンAL点眼薬

目のかゆみを抑える効果:最強

特徴:病院でも処方薬として使われている

ザジテンAL点眼薬は市販されている目薬の中では、

眼球の炎症を抑える効果においては随一です。

 

花粉症の目薬として病院でも処方されており、

なかなか病院へ行けないけど、

 

処方薬並みの効能が強い

薬がほしい方にはオススメです!

 

2位:アルガードクリアブロックEX

目のかゆみを抑える効果:強

特徴:花粉症による目のかゆみで悩んでいる人々の間で大人気!

アルガードクリアブロックEXも

花粉症対策の目薬としてとても有名です。

 

ドラッグストアーで花粉症対策の目薬を

購入する際にもよく見かけます。

 

3位:アイリスAGガード

目のかゆみを抑える効果:中

特徴:点眼した時に『清涼感』が感じれられてすっきりする!

アイリスAGガードはランキング上位の目薬と比較すると

若干花粉症に対する効能は落ちますが、

 

点眼した際に清涼感を

感じられるといった特徴があります。

 

目薬を点した時に

爽快感を感じたい方にオススメです!

 

4位:アルガードコンタクトa

目のかゆみを抑える効果:弱

特徴:コンタクトをつけながらでも点眼できて便利!

アルガードコンタクトaはコンタクトを

装着しながら点眼できる目薬になります。

 

通常、容器タイプの目薬には防腐剤が含まれており

コンタクトレンズを装着しながら点眼してしまうと、

コンタクトレンズに成分が付着してしまいます

 

アルガードコンタクトa なら、

コンタクトレンズを装着したまま点眼しても

成分が沈着してしまう心配がありません。

 

5位:アイフリーコーワAL

目のかゆみを抑える効果:弱

特徴:点眼した際にソフトで、目に染みるタイプが苦手な人におすすめ!

アイフリーコーワALは

目にできるだけ負担を掛けたくない人におすすめです。

 

炎症を抑える効果は緩やかですが、

点眼する際の刺激がマイルドでしみる心配がありません。

 

花粉症を緩和させる市販の飲み薬BEST5!

※ランキングは管理人の独断と偏見で付けています。

内服薬であれば体の内部から炎症を抑えられますが、
どんな副作用があるかということも把握しておきましょう!

1位:ザイザル

目のかゆみを抑える効果:強  服用回数:1日1回

効果持続時間:24時間    副作用:少しだけ

ザイザルは花粉症対策の飲み薬の中では

特に効果の高いものとなっています。

 

1錠服用するだけ24時間

花粉症を抑える効果があります。

 

副作用によって若干眠気を感じてしまうので、

服用は夜行うようにしましょう!

 

2位:アレグラ

目のかゆみを抑える効果:中  服用回数:1日1回

効果持続時間:24時間    副作用:ほとんどない

アレグラは花粉症対策の薬として

日本では最も処方されている薬になります。

 

病院で最も処方されている薬というだけあって

あらゆる花粉症の症状に対して効果があり、

副作用も若干の眠気程度ですみます。

 

3位:ジルテック

目のかゆみを抑える効果:強  服用回数:1日1回(就寝前)

効果持続時間:24時間    副作用:強い眠気

ジルテックは花粉症の中でも、

特に鼻水・鼻づまりといった鼻炎の症状を抑える上で効果的です。

 

効能がとても強く、副作用による眠気も相当なものなので、

服用するのは寝る直前するのがベストです。

 

4位:アレジオン

目のかゆみを抑える効果:中  服用回数:1日1回

効果持続時間:24時間    副作用:ほとんどない

アレジオンは花粉アレルギーによる

鼻炎を抑えることを目的に作られた薬になります。

 

花粉症の中でも鼻づまりや鼻水を止めることに効果的であり、

副作用もそれほど心配する必要がありません。

 

5位:クラリチン

目のかゆみを抑える効果:弱  服用回数:1日1回

効果持続時間:24時間    副作用:眠気の作用がない

クラリチンはアメリカで最もメジャーな

花粉症対策の内服薬になります。

 

アメリカでポピュラーと聞くとかなり効能が強い

といったイメージが有るかもしれませんが、

 

炎症を抑える効能は控えめで、

副作用による眠気は全くありません。

会話

また、花粉症の症状は市販薬によっても

大きく押さえることができます。