Screen Shot 2016-08-06 at 21.59.54

今回の記事では花粉症で目がかゆい時の対策と治療法

そして病院では何科を受診すればいいのかといった情報をご提供します。

会話

花粉症の主な症状としては

くしゃみ・鼻みず・鼻づまり・咳といったものが考えられますが、

 

人によっては花粉症による目のかゆみが酷くて

目が充血してしまって涙が止まらない方もいらっしゃいます。

花粉症による目の痒みは事前に予防することも可能ですし、

相性の良い薬を服用・点眼することで症状を抑えることができます。

 

花粉症で目がかゆい時の対策方法

まずは花粉症による目の痒みを事前に予防する対策についてご紹介します!
会話

花粉症による季節性アレルギー結膜炎の症状がある人は、

  • 花粉症対策メガネの着用
  • 処方薬の事前服用・点眼

といった工夫をすることで症状を抑えることができるのよ☆

花粉症による目の痒みの原因は季節性アレルギー結膜炎

花粉症の症状として目の痒みを感じる人はスギ花粉などによって

季節性アレルギー結膜炎という炎症が起きてしまっています。

 

スギ花粉が飛散する時期は日本においても地域差がありますが、

関東圏では特に2月上旬から4月下旬の期間がピークとなっています。

 

一方で、北海道や沖縄には杉がほとんど存在しないので、

スギ花粉による目の痒みは発症しにくいと考えられます。

 

ちなみに、花粉症の季節に限らずに一年中目のかゆみを感じる人の場合は、

通年性アレルギー結膜炎という炎症が目の痒みの原因と考えられます。

 

通年性アレルギー結膜炎は部屋の中にあるハウスダストやダニなどの

刺激によって結膜を炎症を起こすことで発症します。

 

部屋に空気清浄を設置することで

空気中や床に溜まったハウスダストを簡単に除去することができますし、

 

布団や布製品を天日干しすることによってダニも駆除することで、

通年性アレルギー結膜炎による目の痒みは抑えることができます。

参考⇒ 空気清浄機の効果を最大限にする置き場所はどこ?花粉症に効果あり?

病院を早めに受診して処方薬で免疫力を事前強化

花粉症の季節になる1ヶ月ほど前に病院を受診しておいて

花粉に対するアレルギー反応を抑える処方薬を手に入れておきましょう。

 

抗アレルギー薬は効果が効き始めるまでに少なくとも1週間はかかるので、

目のかゆみの原因となるスギ花粉などが飛散し始める1ヶ月ほど前から

処方された薬を服用したり、点眼しておくことで症状を抑えられます。

参考⇒ 花粉症治療の病院を選択する○個のポイント!選ぶべき診療科は?

花粉症対策のメガネを着用して事前予防

花粉症の症状が出始める前に病院を受診して

処方薬を手に入れて事前に免疫力を強化していることが望ましいですが、

 

仕事などで忙しくてあらかじめ病院を

受診することができなかった場合などには、

花粉症対策メガネを着用して花粉との接触を避けましょう。

 

花粉症の季節になると 花粉症対策用のメガネというものが

ドラッグストア等で市販されるようになります。

 

外出する際には可能な限り花粉症対策メガネを着用して、

花粉が目に付着しないように心がけましょう!

参考⇒ おしゃれな花粉対策メガネ(度付き)が欲しいならZoff?

花粉症で目がかゆい時の治療方法

花粉症で目がかゆい時には市販薬や処方薬で症状を抑えられます!
会話

花粉症によって目に痒みを感じると点眼薬しか聞かないと思いがちだけど、

病院で処方された内服薬によっても症状を抑えられる場合があるよ☆

幾つかの市販薬・処方薬を試して相性の良い薬を見つけてね!

花粉症対策の目薬を点眼

花粉症によって目にかゆみを感じる場合には

季節性アレルギー結膜炎という炎症が目で起きているわけですが、

 

花粉が眼球に接触した際にアレルギー反応を示して

ヒスタミンという物質を分泌することが炎症の原因になっています。

 

市販されている点眼薬の中にも

抗ヒスタミン作用のある成分が含まれたものがあるので、

ドラッグストア等で店員さんに聞いて症状にあったものを購入しましょう。

参考⇒ 花粉症に市販の目薬ならコレ!防腐剤なしのおすすめランキング

いくつかの処方薬を試して相性の良い薬を見つける

花粉症で目がかゆい時には市販の点眼薬を使う人が多いですが、

病院で処方される内服薬によっても症状が緩和されることがあります。

 

花粉症対策の薬だけでも内服薬・点眼薬を含めると相当な種類が存在し、

人によってそれぞれの薬の効き目が大きく異なります。

 

そのため、病院から処方された薬を使っても症状が改善されない場合は

その旨を担当医に伝えて他の薬を処方してもらうといいです。

 

いくつかの花粉症対策の処方薬を試していくうちに

あなたの身体と相性の良い成分や配合が分かってくるようになります。

 

花粉症で目がかゆい時には何科を受診すべき?

花粉症対策に最適な診療科を確認しておきましょう!
会話

眼科・内科・耳鼻科・耳鼻咽喉科どこでも花粉症に対応可能だけど、

もし近隣の病院に花粉症外来があれば そこで受診してね☆

病院を受診すべきタイミング

花粉症の事前対策や症状に苦しむようになった場合には、

基本的にはどの診療科であっても適切な薬を処方してもらえます。

 

ただし、診察をうける際には毎年花粉症に悩んでいるといった

事情を担当医に伝えることで円滑に診察を進めてもらえます。

 

病院を診察するタイミングですが、

花粉症対策の薬には2つの種類があります。

花粉症対策の類別
  • 花粉症対策の処方薬には症状を緩和させる薬
  • 花粉症の症状を発症させないように防止させる薬

毎年花粉症の症状に苦しむ時期が分かっているのであれば、

花粉症の症状が出る約1ヶ月前には病院で診察を受けて

花粉症の症状を抑える薬を処方してもらいましょう。

 

花粉症を事前に予防するためには

1週間ほどの期間処方薬を飲み続ける必要があるので、

時間に余裕を持って1ヶ月ほど前に診察をしておくといいと思います。

 

保険が使えるため何科を受診しても同じ料金

また、どの診療科でも

適切な花粉症対策の薬を処方してもらえますが、

  • 診療科によって処方薬の価格などが違うのではないか?
  • 最も安価に診察を受けられる診療科はどこか?

といった疑問を持たれている方もいらっしゃいます。

 

しかしながら、花粉症対策の処方薬は保険対象のため

どの診療科で処方されても負担金は全く変わりません。

 

そのため、特に診療科を気にすることなく

近くの病院で気軽に診療を受けるべきです。

参考⇒ 花粉症治療の病院を選択する○個のポイント!選ぶべき診療科は?

まとめ

花粉症も風邪と同じで事前予防が大切です!
会話

花粉症の事前予防・症状緩和のどちらの目的であっても
病院を受診する際には基本的にどの診療科でも大丈夫だよ☆

花粉症が発症する前から薬でアレルギー反応を抑えたり
花粉症対策グッズで花粉との接触を避けることもお忘れなく!

花粉症で目がかゆい場合は スギ花粉などが原因で

眼球が季節性アレルギー結膜炎を起こしていると考えられます。

 

市販薬の点眼薬を使う際には

炎症の原因であるヒスタミンという物質の分泌を抑えるために

抗ヒスタミン作用の成分が含まれたものを購入しましょう。

 

また、花粉症は毎年発症する時期をある程度予測することができるので、

あらかじめ病院から花粉症対策の処方薬を手に入れておいて

花粉に対するアレルギー反応を抑えることもできます。

 

花粉症対策の薬は少なくとも

1週間は服用し続けなければ効果が期待できないため、

 

時間に余裕を持って 花粉症の症状が出始める

少なくとも1ヶ月前には受診しておきましょう。

 

花粉症に関する悩みで病院を受診する際には

基本的にどの診療科でも問題無いですが、

 

もし、最寄りの病院に花粉症外来が設置されている場合には

その診療科を受診するようにしましょう。