Screen Shot 2016-08-07 at 10.42.05

2017年に注意すべきシラカバ花粉症の時期やピークは何月なのか?といったことから、シラカバ花粉症を予防・抑制するための対策方法について役に立つ情報をまとめました。

会話

シラカバ花粉症はシラカバの発する

花粉が原因で発症するものですが、

 

シラカバは北海道などの寒い地域の一部に

集中的に植生が見られます。

また、シラカバ花粉症が発症すると

特定の果物や食物を摂ることによって、

 

口の中が痒くなったり、

喉に痛みを感じるようになる症状が診られることもあります。

シラカバ花粉症のピーク時期・症状

シラカバ花粉は北海道では2月から5月の間に飛散しますが、
関東圏であれば3月上旬から4月上旬までのごく短期間のみになっています。

会話

シラカバは基本的に北海道などの

寒い地域の一部でのみ植生が見られるもののため、

 

基本的に関東圏に住まれている方の場合には、

そこまでシラカバ花粉症に気をつける必要はないと思われます。

しかしながら、一度シラカバ花粉症が発症してしまうと

特定の果物や食物によって口腔アレルギーも併発してしまいます。

 

そのため、旅行などで北海道などの

シラカバが集中的に植生している地域に行く際には、

十分な注意が必要になってきます。

シラカバ花粉のピーク時期

<シラカバ花粉の飛散時期>
北海道:2月〜5月
本州 :3月上旬〜4月上旬

北海道では4ヶ月間ほどシラカバ花粉が飛散しますが、
本州では1ヶ月間ほどしか花粉症を注意する必要はありません。

以上のように、地域によって

飛散する時期が大きく変わるシラカバですが、

 

シラカバ花粉の飛散が

ピークに達する時期は以下のようになっています。

<地域毎のシラカバ花粉の飛散ピーク時期の違い>
  • 北海道:4月〜5月
  • 本州 :特に無し

北海道では4ヶ月の間シラカバ花粉が飛散するため、

その期間中であれば特に4月から5月の2ヶ月間に注意します。

 

その一方で、北海道以外の本州では

そもそも一ヶ月間ほどしか花粉の飛散が見られないため、

特にピーク時期を気にする必要はないと考えています。

主な症状・注意点

シラカバ花粉症では『鼻水・鼻づまり・くしゃみ』などといった
基本的な症状に加えて 肌が乾燥したり、痒みを感じることがあります。

シラカバ花粉症は大人になるまで発症していなかったとしても、

いきなり発症することもあり、風と勘違いしてしまう人も多いです。

<ヒノキ花粉症による主な症状>
  • くしゃみ
  • 鼻水
  • 鼻づまり
  • 目の充血
  • 肌荒れ(アトピー性皮膚炎に似たもの)

花粉症の時期から肌荒れ初めて、

ビタミン剤などを飲んでも肌荒れが改善しない場合には

シラカバ花粉症を疑ってみましょう。

 

また、シラカバ花粉症を発症すると、

特定の果物や食べ物を摂取した際に口に痒みや

喉に痛みを感じたりする口腔アレルギーを併発することがあります。

 

以下で紹介している食物は

シラカバ花粉症を悪化させてしまう危険性があります。

リンゴ

リンゴ

キウイ

キウイ

メロン

メロン

イチゴ

イチゴ

もも

もも

オレンジ

オレンジ

トマト

トマト

マンゴー

マンゴー

じゃがいも

じゃがいも

アレルギー反応がなければ、栄養価が高くて

体に良い食べ物・果物ばかりなので、

 

なおさら無意識のうちに

摂取してしまわないように注意が必要です。

シラカバ花粉症への対策

シラカバ花粉症への治療は確立しておらず、
花粉症対策役で症状を抑えることしか現状ではできません。
そのため、まずはシラカバに近づかずに発症させないことが大切です。

シラカバは主に北海道に分布しているため、

シラカバ花粉の飛散量が特に多くなる

 

4月から6月にかけては北海道への旅行を

避けるといったことが必要になります。

 

とはいっても、北海道に住んでいる方の場合には、

こうした対策ができないため、

 

外出する際に注意するポイントを

『時間帯』『天候』という

2つのポイントに絞って解説していきます。

 

外出する際には日中を避ける

どうしてもシラカバ花粉の飛散が活発な時期に外出しなければならない際には、
できる限り深夜から早朝にかけて外の用事を終えてしまうようにしましょう。

日中の気温が上昇してる時間帯には、

シラカバ花粉にかぎらずにさまざまな

花粉の飛散量が増加する傾向にあります。

 

花粉に水分が付着していると

水分の重みによって飛散しにくくなりますが、

 

気温が上昇して花粉が乾燥すると、

軽くなって風で飛ばされやすくなってしまいます。

 

また、日中には通勤や通学、そして買い物といった理由で

外出する用事があるひとが多いため人の動きも活発になります。

 

人や自動車、電車などが動いた際に生じる風圧によっても

花粉は舞い上がってしまいます。

 

そのため、朝露などによって花粉に水分が付着していて、

人の出歩きも少ない深夜から早朝の時間帯であれば

比較的に花粉の飛散量が少ないと言われています。

 

外出する際の『天候』にも注意する

加湿器によって部屋の湿度を高めることは、
室内での花粉症対策に有効ですがこれと全く同じ理由で
雨が降っている日には花粉は穂都のど飛散しないと言われています。

雨が降っている日には空気中の湿度が極めて高くなり、

花粉も大量の水分を吸収しています。

 

そのため、ちょっとした風程度では

なかなか花粉が飛散しないと言われています。

 

その一方で、雨の日がカラッカラと乾燥した晴天になった場合には

前日に飛散しそびれた花粉も一緒になって巻き上がるため、

 

こうした条件が揃ってしまった場合には、

極力外出しないようにしましょう。

 

挿入型マスクや塗り薬を活用する

外出をせずにシラカバ花粉との接触を避けられることが一番ですが、
『挿入型マスク』や油性クリームを活用することでシラカバ花粉症の対策ができます。

花粉症の時期になると風邪予防でも使われる

ガーゼマスクが良く着用されていますが、

 

ガーゼマスクではどうしてもマスクと口の間に隙間ができてしまい、

そこから花粉を吸い込んでしまいます。

 

こうした問題点を解決するためには

『挿入型マスク』が効果的です。

 

『挿入型マスク』と言われてもピンと来ないかもしれませんが、

一般的な鼻栓をイメージしてもらえれば問題ありません。

 

鼻栓をすることで強制的に

鼻呼吸から花粉を吸引してしまうことを防げます。

 

花粉症による鼻炎を抑制する上ではかなり効果的と言われていますが、

『挿入型マスク』は1つ当たり100円以上掛かってしまいます。

 

『挿入型マスク』には使いきりタイプと

洗えばなんどでも使える再利用可能なものの2種類が存在します。

 

花粉症に悩まさられるシーズンを通して使うことを考えれば、

再利用可能な『挿入型マスク』の購入がオススメです。

 

花粉症対策の『挿入型マスク(鼻栓)』についての

詳しい情報についてはコチラの記事を参考にして下さい。

『挿入型マスク』を着用する以外にも、

『ワセリン』や『花粉 鼻でブロック』などの

塗り薬によっても花粉症対策をすることができます。

 

『ワセリン』と『花粉 鼻でブロック』は

油性クリームのため口元や鼻の周りに塗っておくだけで、

 

花粉が皮膚に触れた段階でキャッチして、

アレルゲン物質の体内への吸引を避けることができます。

 

これらの塗り薬に関する詳しい情報については

以下のブログ記事で詳しくご紹介しています。

『<2017年シラカバ花粉症>の飛散時期はいつまで?
ピークは何月?』のまとめ

シラカバは主に北海道に植生が見られ、
大人になるまでシラカバ花粉症を発症していなくとも
待機感で大量に花粉を浴びてしまうと発症してしまうこともあります。

会話

シラカバ花粉症を発症してしまうと、

果物や食物を摂取する際に口腔アレルギーを

併発させてしまう危険性もありますし、

 

症状には、鼻水や鼻づまりだけでなく、

咳や肌の痒みなども見られるため

風邪と勘違いされることも多いです。

今回のブログ記事がシラカバ花粉症や他の花粉症で

悩まれている方々のお役に立てたのであれば幸いです。

会話

2017年のそれぞれの花粉症のピーク時期に関しては

コチラのブログ記事でまとめてご紹介しています。