Screen Shot 2016-08-07 at 10.41.17

2017年におけるアシ花粉症がピークになる時期や同時期に気になる放射能情報などについて分かりやすく情報をまとめました。

会話

アシはイネ科植物に分類されていて

一般的には5月から8月に飛散がピークになります。

 

しかし、アシは他のイネ科植物よりも遅い

8月から9月頃に飛散のピークを迎えます。

また、アシはイネ科植物の中でも

2メートルから6メートルまで成長するため、

 

他のイネ科植物の花粉と比較して

より広範囲に花粉が飛散する傾向があります。

アシ花粉症のピーク時期・症状

アシは他のイネ科植物よりも花粉の飛散時期が遅れており、
毎年7月から10月頃に花粉を発散しています。

会話

アシ花粉症による症状は

ごく一般的なものに限られますが、

 

他のイネ科植物よりも飛散の時期がズレるため、

アシ花粉症の対策は他のものよりも軽視される傾向にあります。

アシは花粉が飛散する時期が若干遅れてはいますが、

同じイネ科植物と同様に河川敷や道端などいたるところに生えています。

 

また、高いものであれば6メートルにまで成長するため、

しっかりとアシ花粉症の対策もしていくことが大切です。

アシ花粉のピーク時期

アシ花粉が飛散する時期:7月〜10月頃

アシ花粉の飛散する時期は他のイネ科植物と比較すると短い傾向にありますが、
2メートルから6メートルほどにまで成長するため、
広範囲に花粉が飛散することが特徴です。

アシ花粉症はカモガヤやハルガヤといった

他のイネ科植物の花粉が飛散し終わった頃から、

 

花粉の飛散が徐々に増加していき、

8月から9月頃でピークに達するという傾向があります。

<アシ花粉の飛散ピーク時期>
 8月〜9月 

アシは雑草のため河川敷に限らずとも、

基本的に日本全国の道場や堤防などさまざまなところに生えています。

 

強いて集中的に植生が見られる場所としては、

川の下流で海に面している地域や干潟などが挙げられます。

 

また、アシ花粉の時期になれば

外を歩けばどこでも飛散してしまうため、

 

外出する際にはいつでも花粉症対策グッズを持ち歩く

ということを意識しておくことも大切です。

主な症状・注意点

アシ花粉症による症状は一般的な花粉症のものとほとんど同様のものになっています。
しかしながら、飛散距離が広範囲のため河川敷などに近寄らずとも発症してしまいます。

アシ花粉症を発症したとしても、

ほかの様々な植物による花粉症の症状と異なる点がありません。

 

8月以降になっても『まだ花粉症が続いているな。。』と感じたら、

アシ花粉症の可能性が高いと考えられます。

<アシ花粉症による主な症状>
  • くしゃみ
  • 鼻水
  • 鼻づまり
  • 目の充血

それでは続いて、アシ花粉症のための

対策方法についてご紹介していきます。

アシ花粉症への対策

アシ花粉症にかぎらず ハルガヤやカモガヤなどの雑草アレルギーは
どこを出歩いても飛散しているため特定の地域を避けるなどの対策ができません。
そこで、花粉と接触してしまうことを前提にして対策をしていくということが重要です。

花粉とカラダが接触してしまったとしても、

粘膜花粉が付着してアレルゲン物質が吸収されなければ、

 

アレルゲン物質に対して免疫細胞が

過剰に防衛反応を示して花粉症を発症させることはありません。

 

そこで、物理的に花粉と粘膜との接触をシャットアウトさせる上で

効果的な花粉症対策グッズをご紹介していきます。

挿入型マスク

『挿入型マスク』という鼻栓を鼻の穴の奥に装着させることで、
鼻からの花粉の吸引を99パーセント以上防ぐことができると言われています。

花粉症の時期に外出する際にガーゼに紐が取り付けられた

一般的なマスクをしている人は多いですが、

 

この種類のマスクでは

どうしてもマスクと顔の間に隙間ができてしまい、

そこから花粉を吸引してしまうことになります。

 

その一方で、鼻栓のような形状の『挿入型マスク』を使うと

鼻呼吸がほとんどできなくなってしまいますが、

 

鼻内部の粘膜に花粉が全く接触できないように

物理的に遮る効果が期待できます。

 

花粉症による鼻炎が特にひどい人にはオススメな

花粉症対策グッズになっています。

 

『挿入型マスク』には使いきりタイプと

洗えばなんどでも使える再利用可能なものの2種類が存在します。

 

花粉症に悩まさられるシーズンを通して使うことを考えれば、

再利用可能な『挿入型マスク』の購入がオススメです。

会話

花粉症対策の『挿入型マスク(鼻栓)』についての

詳しい情報についてはコチラの記事を参考にして下さい。

『ワセリン』や『花粉 鼻でブロック』などの塗り薬

鼻や口から花粉を吸い込んでしまう際には、

それまでに何度か花粉が皮膚の上を転がっています。

 

そこで、花粉を吸着する油性クリームを

粘膜の周辺に塗っておくことで、

 

一度触れた花粉をそれ以上

吸い込んでしまうことを防ぐことができます。

 

花粉を吸着する油性クリームとしては、

『ワセリン』や『花粉 鼻でブロック』などの市販薬があります。

 

ただし、ワセリンを使う際に精製度が低いものを使ってしまうと、

酸化作用によって肌が焼けてしまう副作用があります。

 

肌焼けが嫌な場合には、

精製度の高いワセリンを購入するようにしましょう。

 

会話

ワセリンなどの塗り薬に関する詳しい情報については

以下のブログ記事で詳しくご紹介しています。

花粉症対策メガネ

花粉症による目の充血がひどい場合には、
『花粉症対策メガネ』を着用して外出することをオススメします。

近年は度数のあるメガネだけでなく、『高機能メガネ』という

さまざまな目的に合わせたメガネが販売されています。

 

パソコン作業による目の疲れを軽減する機能があったり、

花粉が眼球と接触することを防ぐ機能があったりします。

 

花粉症対策メガネはさまざまな企業で製造・販売されており、

基本的に眼球への花粉の付着は90パーセント以上

防ぐことができると言われています。

 

花粉症対策メガネを製造・販売している会社には

Zoffというものがありますが、

会話

花粉症対策メガネに関してより詳しく知りたい場合には、

コチラの記事をぜひ読んでみてください。

『<アシ花粉症の2017年>飛散予想!
ピークはいつ?放射能情報も』のまとめ

アシ花粉症の症状は一般的なものに限りますが、
ほかのイネ科植物よりも飛散のピーク時期が遅いことや
6メートルにまで成長するものもあり飛散範囲が広いことが特徴です。

会話

カモガヤ花粉症のように

『口腔アレルギー症候群(OAS)』などを

併発させるといったリスクはありませんが、

 

花粉が広範囲に飛散することで、

発症しやすい花粉症でもあるので、

花粉症対策グッズでしっかり対策しましょう。

今回のブログ記事がアシ花粉症や他の花粉症で

悩まれている方々のお役に立てたのであれば幸いです。

会話

2017年のそれぞれの花粉症のピーク時期に関しては

コチラのブログ記事でまとめてご紹介しています。