インフルエンザ 受験生 よくある質問

  • 高校・大学受験生がいるんだけど、インフルエンザ対策はどうすれば?
  • インフルエンザの予防・対策の知識についてまとめて知っておきたい!
  • もし家族がインフルエンザに感染してしまったらどうすれば?
  • 万が一、インフルエンザにかかってしまったら別室受験は可能?
会話

毎年冬になるとインフルエンザが流行しますが高校受験や大学受験を控えているお子さんがいると、なおさらインフルエンザ対策が重要になってきます。

高校・大学受験の対策はお子さん本人の問題ですが、親としてできることには、インフルエンザの予防対策があります。

受験生本人は受験勉強で頭が一杯になっていて、なかなかインフルエンザの予防対策に力を入れていないこともあるので、インフルエンザ予防接種に関する知識の提供だったり、部屋の衛生管理などという形でサポートしていきましょう。

ブログ記事のコンテンツ一覧
  • インフルエンザ予防接種・対策まとめ
  • 家族がインフルエンザにかかった際の対処法
  • インフルエンザにかかった場合の別室受験

それではまず、インフルエンザ予防接種の適切な時期や注意事項についてお伝えしていきます。

インフルエンザ予防接種・対策まとめ

インフルエンザ予防接種は10月から受けられるようになり、ワクチンを摂取してから2週間ほど経過してから効果が得られます。
また、効果は個人差もありますが5ヶ月間ほどは持続します。
会話

さらに、インフルエンザの感染は1月から3月にピークを迎えるため、10月下旬頃に予防接種を受けると良いと言われています。

ちなみに、2017年のインフルエンザ流行予測についてはコチラのブログ記事で詳しく解説しています。

インフルエンザ予防接種に関する誤解

例年はインフルエンザの予防接種を受けない方であっても、高校や大学を受験する時だけは予防接種を受けることもあります。

しかし、その中には受験日から1週間ほど前に受ける方もいますが、これではインフルエンザ予防の効果がまったくないと考えられますから、受験日が集中している2月や3月までには免疫力を高めて置けるように、遅くとも1月上旬までには予防接種を受けておくと良いと言われています。

もし万が一、インフルエンザ予防接種の時期を逃してしまった場合には、すぐにインフルエンザ対策の効果を発揮できる抗インフルエンザ薬の予防投与というものが存在します。

会話

特定の条件をクリアした場合にのみ受けられますが、興味のある方はコチラの記事を参考にして下さい。

インフルエンザにならないための対策

加湿器で湿度調整

会話

インフルエンザウイルスは感染力が極めて高いですが、乾燥した低温の環境ではより一層増殖すると言われています。

そのため、加湿器を使うことができるのであれば、受験勉強する部屋を50〜60%程度に加湿すると予防に効果的です。

ちなみに、あまりにも室内を加湿しすぎるとカビやダニが繁殖するので注意が必要です。

もし、加湿器が家にない場合であっても霧吹きでも気軽に加湿することができますし、濡れたタオルを室内に干しておいたり、水を入れたコップを置いておくだけでも効果があります。

衛生管理の徹底

会話

インフルエンザウイルスの主な感染経路としては、飛沫・空気・接触感染が挙げられます。

ですから、外から帰宅した際にはうがい・手洗いを心がけたり、外出した際に来ていた衣類は頻繁に洗濯することが大切です。

他にも、カラダに付着してしまったインフルエンザウイルスもシャワーによっても洗い流すことができますから、每日シャワーを浴びて体を清潔に保ちましょう。

ちなみに、ファブリーズには加湿する機能だけでなく、空気中に存在する雑菌を除菌する働きがあります。

ですから、インフルエンザウイルスの予防として取り入れられている家庭も多いですが、これも一つの方法として、対策できることはできる限り実践していきましょう。

免疫力を維持・向上させる生活習慣

会話

十分な睡眠を取って疲れを残さなかったり、栄養バランスの取れた食生活を心がけることが大切です。

家族がインフルエンザにかかってしまうと他の家族にまで感染することがよくあります。

インフルエンザウイルス自体の感染力が高いことはもちろんですが、看病による睡眠不足なども原因の1つだと考えられます。

また、免疫力を高める生活習慣はインフルエンザが流行する冬に限らず、年間を通して体を健康に保ってくれます。

ぜひ、食生活や生活習慣を見直して根本的に風やインフルエンザに対して強い体づくりをしていきましょう。

ちなみに、免疫力を高める上では乳酸菌サプリメントが効果的だと言われています。

乳酸菌には腸内環境を整える働きがありますが、腸内にはカラダ全体の半分以上の免疫細胞が集中しています。

会話

こちらのページではオススメな乳酸菌サプリをご紹介しています。

それでは続いて、家族が万が一インフルエンザにかかってしまった場合の対処法や注意すべきポイントについてお伝えしていきます。

家族がインフルエンザにかかった際の対処法

インフルエンザウイルスの家庭内感染を防ぐためには、インフルエンザに関する正しい知識を把握しておくことが大切です。
会話

発症してから48時間以降に抗インフルエンザ薬を服用したとしても効果が期待できませんし、発症してからの数日の間が最も他人に感染させてしまう可能性が高いのです。

抗インフルエンザ薬の入手

もし、家族がインフルエンザにかかってしまった場合には、まずはできるだけ早く病院を受診して抗インフルエンザ薬を処方してもらいましょう。

ただし、抗インフルエンザ薬には副作用も存在し、嘔吐やめまい、倦怠感などはよくありますが、人によっては異常行動を起こしてしまったり、アナフィラキシーショックを引き起こす場合もあります。

ですから、家庭によっては抗インフルエンザ薬は使わない方針であることもあります。

しかし、インフルエンザの症状があまりにもひどくなってしまった場合などであれば、副作用のリスクを考慮したとしても抗インフルエンザ薬の服用を検討すべき場合もあります。

こうした場合に備えて、あらかじめ抗インフルエンザ薬を処方だけでもしておいてもらう方が賢明だといえます。

感染者の隔離

会話

インフルエンザの感染経路には飛沫・空気・接触感染がありますから、インフルエンザに完成してしまった家族とは少なくとも数日間距離を置くことが望ましいです。

インフルエンザの予防・対策としてマスクを着用している方は多いですが、マスクはインフルエンザウイルスの侵入を防止するよりも、感染者がウイルスの拡散を防ぐ上でより効果があります。

ですから、インフルエンザになってしまった家族にはマスクを着用させることはもちろんです。また、鼻を噛んだティッシュなどのゴミもそのままゴミ箱に捨ててしまっては空気・接触感染の原因になりかねませんから、しっかりとビニールに包んでから捨てるなどの配慮が必要です。

さらに、インフルエンザの発症から5日目くらいまでが最もウイルスの増殖が活発で感染力が高いと言われています。

そのため、家族のインフルエンザ発症から少なくとも5日間できる限り接触を避けるように心がけておきましょう。

それでは次に、インフルエンザに感染してしまった場合の高校・大学受験での対応、別室受験・追試などについてお伝えしていきます。

インフルエンザにかかった場合の別室受験

高校や大学によってインフルエンザに感染している受験生に対しての対応は異なりますから、それぞれ受験校の入試要項を確認したり、入試窓口に電話して質問する必要があります。

学校によって異なる対応

会話

例えば、学校によっては受験日に保健室や別室などで個別にテストを受けることができる場合もありますし、場合によっては、後日に別日程で追試を受けるといった処置を受けられることもあります。

また、受験生の中には受験の際にインフルエンザにかかってしまい、特別な処置を受けると合否結果に悪影響があるのでは?と心配してしまう人もかなりいるようですが、一般的には合否結果には影響がないと言われています。

どれだけ注意して予防対策していたとしてもインフルエンザにかかってしまうこともありますから、『インフルエンザにかかるほど自己管理がなっていない。』などと否定的に評価されることなどは心配する必要はありません。

受験日当日の不調も伝える

会話

また、受験生によっては受験日当日にインフルエンザを発症してしまうこともあるはずです。

数日前に発症していれば病院からインフルエンザの診断書を発行してもらえますが、当日に発症してしまった場合には診断書がないために対応してもらえないのでは?と思い込んでしまっている方も多いですが、学校によっては柔軟に別室受験をさせて貰える場合もあります。

まずは、入試窓口に電話連絡するなどして、特別な対応を取ってもらえるか確認してみましょう。

最後に

今回のブログ記事では、受験生の親としてできるインフルエンザ予防・対策や受験日にインフルエンザである場合の別室受験などについてお伝えしていきました。
会話

インフルエンザの予防接種を受けるべき時期と効果の持続する期間などについて正しく理解して、効果的に活用できるように工夫していきましょう。

また、もし家族がインフルエンザにかかってしまった場合には抗インフルエンザ薬を使わない方針であったとしても、状況に応じて臨機応変に対応できるように、処方だけでもしておいてもらうようにしましょう。

さらに、インフルエンザに羅患しないよう根本的にカラダの免疫力を高める方法として、乳酸菌サプリメントの服用もご紹介していきました。

人間の腸内にはカラダ全体の過半数を占める免疫細胞が集中して存在しています。

ですから、乳酸菌を活用して腸内環境を整えることで飛躍的に免疫力を高めることができるのです。

会話

こちらのページでは免疫力を高める上で効果的な乳酸菌サプリをご紹介しています。