Screen Shot 2016-08-07 at 09.37.53

『乳酸菌bb536』が含まれているヨーグルト・サプリメントなどをご紹介しながら、
それぞれの商品の効果・効能についても解説していきます。

『乳酸菌bb536』の正式名称は『ビフィドバクテリウム・ロングム・bb536』というもので、
乳酸菌の中でも比較的知名度の高い『ビフィズス菌』の一種となっています。

会話

『乳酸菌bb536』はヨ~ぐろとなどの乳製品から摂ることのできる

動物性乳酸菌というものに分類されますが、

 

一般的な動物性乳酸菌とは異なり、

強い耐酸性を持っており 生きて腸にまで届くことができます。

 

さらに、『乳酸菌bb536』には大腸がんを予防する効果も

期待できると言われており注目されている乳酸菌の1つです。

今回のブログ記事内容は、『乳酸菌bb536』が含まれているサプリメントや

ヨーグルトを取り扱っている『森永乳業株式会社』の公式ホームページを参考にまとめました。

ビフィズス菌のもっとも大きな特徴は、ヒトの腸内に最も多くすんでいる有用な菌であることです。ヒトの腸内では1~10兆のビフィズス菌がすんでいますが、乳酸菌はその1/10000~1/100以下にすぎません。そのため、ビフィズス菌はヒトの腸内に適した菌と言えるでしょう。また、乳酸菌は糖を分解して、乳酸を多く作り出す菌ですが、ビフィズス菌は乳酸以外にも酢酸を作り出し、善玉菌として働きます。

出典:乳酸菌BB536のチカラ!|森永乳業株式会社
引用先URL:http://bifidus.jp/about/

『乳酸菌bb536』の効能・摂取方法のまとめ

『乳酸菌bb536』を摂取することで腸内環境が整えられたり、
その結果、『大腸がんの予防』や『アレルギー症状の緩和』などが期待されています。

会話

『乳酸菌bb536』は生きて腸内に到達することで、

他の乳酸菌と同様に糖を分解して乳酸を生み出しますが、

 

さらに、ビフィズス菌としても酢酸を産出する役割もあり、

腸内では善玉菌として活躍することになります!

 

腸内の善玉金が増えると 悪玉菌の成長・増殖が抑えられて、

『便秘・下痢の改善』や『大腸がんの予防』などの効果があると言われています。

アレルギー症状を改善する効果がある?

『乳酸菌bb536』は乳酸を生み出して善玉菌の成長をサポートすると同時に、
『乳酸菌bb536』自体も善玉菌として腸内環境を整えていくと言われています。

花粉症やアトピー性皮膚炎といった『アレルギー症状』の発症は、

腸内環境の不調も原因の1つだと考えられています。

 

『乳酸菌bb536』は他の乳酸菌として異なる部分は、

強い酸耐性によって消化液によって死滅すること無く

生きたまま腸に到達して酢酸を産出するようになります。

 

酢酸は腸の働きを活性化させて、

悪玉菌を減少させるといった効果もあると言われています。

 

通常の乳酸菌であれば 醗酵作用によって乳酸を産出して、

それによって善玉菌の働きを活性化させることで

間接的に腸内環境を整えていきますが、

 

『乳酸菌bb536』であれば そのまま善玉菌として働き始めるため、

乳酸菌よりもより早く体調改善などの効能が得られると考えられています。

 

『がん予防』にも効果がある?

大腸がんの原因物質『EFBF菌』という物質が
『乳酸菌bb536』が産出する酢酸の影響で減少すると考えられています。

大腸がんの原因には、大腸内に存在している

『EFBF菌(毒素産生型フラジリス菌)』

というものが関係していると言われています。

 

『乳酸菌bb536』は腸に到達すると、

腸内の糖を分解しながら酢酸を分泌していきますが、

 

この酢酸が『EFBF菌(毒素産生型フラジリス菌)』を

死滅させて減少させる効果があると言われています。

 

一般的にがん細胞は増殖力がとても強く

原因物質を減少させることは困難と言われていますが、

『乳酸菌bb536』にはこうした貴重な効能も期待されています。

 

『下痢・便秘の改善・解消』といった効能もある?

『乳酸菌bb536』が生み出す乳酸と酢酸によって腸内環境が整えられると、
腸の中に蓄積していた有害物質の排出が促され下痢・便秘の改善が期待できます。

腸内環境が整えられるとそれまで蓄積してしまっていた

有害物質を排出しようと腸が活発に動き出すことで、

 

大便の排出が活性化させられて便秘が解消されたり、

腸の脱水機能が正常化されて下痢などの症状も改善されていくと言われています。

『乳酸菌bb536』によって排出が促される有害物質
  • スタフィロコッカス属(ブドウ球菌)
  • 腐敗物質(パラクレゾール)

大便の排出が活性化・正常化されることで、

上記のような有害物質の排出が促されるようになります。

 

スタフィロコッカス属(ブドウ球菌)は

白血球などの血中に存在する免疫細胞の働きを鈍らせてしまい、

傷を負うと治りにくくなったり 可能してしまうリスクが高まります。

 

また、腐敗物質(パラクレゾール)には発ガン性があり、

腸内で大量に蓄積し続けると大腸がんの原因にもなってしまいます。

 

がん細胞は健常者の体内であっても、

1日に少なくとも3000個以上の新しい

がん細胞が増殖され続けていると言われています。

 

そのため、パラクレゾールなどのガンの原因物質を少しでも排出することで、

日々の癌細胞の増殖を少しでも食い止めることが大切です。

 

『乳酸菌bb536』が含まれるサプリメント・ヨーグルト一覧

『乳酸菌bb536』を含んでいるサプリメントやヨーグルトは、
『森永乳業株式会社』によって製造・販売されています。

『乳酸菌bb536』はトクホ(特定保健用食品)としても国から認可されており、

体の健康への効果が高い水準で保証されている乳酸菌だといえます。

 

『乳酸菌bb536』は一般的な乳製品である

牛乳やヨーグルトなどからは摂取することができないため、

 

『乳酸菌bb536』を身体に取り入れたい場合には、

『森永乳業株式会社』が製造・販売している乳製品を購入するようにしましょう。

<『乳酸菌bb536』が含まれているサプリメント・ヨーグルト>
  • 森永ビヒダスヨーグルトBB536
  • 森永乳業 ビヒダス BB536

『森永乳業株式会社』が販売している『BB536』が含まれたヨーグルトには、

『森永ビヒダスヨーグルト BB536』しかありませんが、

 

サプリメント商品であれば目的に合わせて、

さまざまな種類のものから選ぶことができます。

 

摂取することによる効果・効能に関しては、

ヨーグルトよりもサプリメントのほうが摂取のしやすさ

含有されている『乳酸菌BB536』の菌数の多さといった点からオススメです。

 

また、サプリメントによってもダイエット効果や美肌・美白効果といった

さまざまな目的合わせたサプリメントが販売されているので、

ぜひニーズに合わせて商品を選んでみてください。

 

『乳酸菌bb536を含むサプリやヨーグルト一覧
&効果効能まとめ』の最後に

『乳酸菌BB536』は腸に生きたまま届くビフィズス菌であり、
腸内では乳酸と酢酸を産出する善玉菌として働くことで高い整腸作用が期待できます。

また、トクホ(特定保健用食品)としても日本から認可されており、
大腸がんの予防にも役立つとして かなり注目されているビフィズス菌です。

会話

『乳酸菌BB536』によって腸内環境を整えることで、

大腸がんの予防だけでなく、便秘・下痢の解消や改善、

そして、花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギー症状の改善も期待できます。

コチラのブログ記事では、ブログで紹介している

乳酸菌の特徴をまとめてご紹介しています。

<参考リンク>

出典:乳酸菌BB536のチカラ!|森永乳業株式会社
引用先URL:http://bifidus.jp/about/