Screen Shot 2016-08-06 at 20.32.23

『乳酸菌LS-1』をタブレットやサプリメントで摂取することで、
善玉菌の働きを活性化させて口臭や歯周病を防ぐ効果が期待できると言われています。
会話

『乳酸菌LS-1』の他の乳酸菌と比較した際の特徴としては、

口臭・歯周病の予防にとても効果を発揮すると言われていることです。

 

口臭・歯周病も体の免疫力が失われてしまった結果、

口内でジンジバリス菌といった病原菌・ウイルスが繁殖することが原因です。

 

『乳酸菌LS-1』は腸内環境を整えて根本的な免疫力も高めますが、

口臭や歯周病の原因であるジンジバリス菌の殺菌に強い効能が期待できます。

LS1というのは?
乳酸菌LS1=ラクトバジルス(乳酸菌)・サリバリウス(だ液)で、誰の口の中にもある善玉菌です。乳酸菌LS1を歯周病菌と一緒にすると、24時間で歯周病菌を殺してしまいます。口の中は腸の中と同じでたくさんの細菌が住んでいます。その中の「悪玉菌」をLS1(善玉菌)を入れて排除すれば口の中も健康になり、歯周病や虫歯を予防できると考えられています。

出典:乳酸菌(LS1)が虫歯と歯周病を防ぐ新しい歯周治療 | 池田歯科医院・こども歯科
引用元URL:https://ikeda-dentalcl.com/2392

『乳酸菌LS-1』の口臭・歯周病への効能や
タブレット・サプリメントといった商品のまとめ

口臭や歯周病といった口内の殺菌作用に、
圧倒的な効果が期待できる『乳酸菌LS-1』ですが、

他の乳酸菌のようにヨーグルトなどから摂取するよりも
医薬品として販売されているタブレットを服用することが多いようです。

会話

『乳酸菌LS-1』のタブレット・サプリメントを製造・販売している企業には、

『デンターシステマ』などで有名なライオン株式会社があります。

『乳酸菌LS-1』にかぎらずに言えることですが、

サプリメントやタブレットで乳酸菌を摂取したい場合には、

 

サプリメントやタブレットのみを販売している会社よりも

医薬品なども製造している製薬会社によるサプリメントのほうが

信頼性が高く、圧倒的に大きな効果・効能が期待できると言われています。

 

歯周病や口臭の予防に効果的?

『乳酸菌LS-1』は乳酸の中でも、
口臭や歯周病を改善、予防することに効果的と言われています!

口臭や歯周病はそもそも なぜ発生してしまうのかというと、

歯磨きをしないことで口内の病原菌が増殖してしまうこともあります。

 

またその一方で、人によってはどれだけ頻繁に歯磨きをしたり、

うがいをすることで口内環境を綺麗に保つ努力をしていても、

どうしても口臭や歯周病に悩んでいることもあります。

 

こうした症状の違いや原因は何なのかというと

体質といった先天的な要素が関係しているというよりも、

 

病気に羅患していたり栄養不足などの

何らかの理由によって免疫力が低下していることが原因として考えられます。

 

『乳酸菌LS-1』は生きたまま腸に届くことで、

腸内で乳酸を産出して善玉菌の働きを活性化させます。

 

腸内には体内の免疫細胞の60%以上が存在しており、

腸内環境を整えるだけでも免疫力を大きく高めることができます。

 

また、『乳酸菌LS-1』には口臭・歯周病の原因となっている

ジンジバリス菌を直接的に殺菌する機能があるため、

 

免疫力を高めるという根本的なアプローチから

ジンジバリス菌を殺菌するという直接的な方法によって

口臭と歯周病の予防・改善に対しての効果が期待できます。

 

腸内環境を整えて便秘・下痢の予防・改善もできる?

『乳酸菌LS-1』を腸内に取り入れて成長すれば、
腸内の善玉菌の働きが活発になり便秘や下痢の予防・改善が期待できます!

『乳酸菌LS-1』によって腸内環境が整えられると、

便秘で悩んでいた人の場合であれば腸の大便に含まれる

水分を脱水する機能が正常化して下痢の改善が期待できます。

 

また、腸内環境が整えられて脳の動きが活発になると、

腸が『ぜん動運動』というものをするようになって

腸に溜まっていたものが排出されやすくなります。

 

この作用の影響で大便の排出が促進されますし、

大便以外にも腸内の有害物質も排出することが期待できます。

『乳酸菌LS-1』を摂取することで排出が促進される有害物質
  • スタフィロコッカス属(ブドウ球菌)
  • 腐敗物質(パラクレゾール)

スタフィロコッカス属(ブドウ球菌)は

食物が消化された際の副産物として少しずつ腸内に蓄積していきます。

 

スタフィロコッカス属が腸内に大量に蓄積してしまうと

体前代に悪影響を及ぼすようになっていき、

 

自然治癒力の減退や

傷の化膿といった支障をきたすようになります。

 

腐敗物質(パラクレゾール)は胃腸内部の酸性が弱まってしまって

消化しきれなかった食物が腐敗したものになります。

 

パラクレゾールが体内に蓄積し続けると、

大腸がんなどの重大な病気の原因にもなります。

 

『乳酸菌LS-1』を積極的に取り入れて、

便通を改善させるながら体内の有害物質も

排出していくことを心がけていきましょう。

 

オススメのタブレット・サプリメント商品一覧

『乳酸菌LS-1』を取り入れていく方法としては、
ヨーグルトなどでおいしく食べるというよりもより医薬的に
オーラルケア商品やタブレット商品として摂取していくことになります。

『乳酸菌LS-1』が商品化されたものの中で特に有名なものには、

『ライオン製薬株式会社』が製造・販売している

歯磨き粉の『デンターシステマ』などがあります。

 

特に、『ライオン製薬株式会社』は

乳酸菌サプリメントだけを売っている企業と比較して、

 

他にも医薬品の研究・開発もしている会社のため

商品の品質管理や効能に対しても信頼性が高いと考えられています。

ライオン製薬株式会社などが販売している
『乳酸菌LS-1』が含まれている食品
  • ライオン乳酸菌【LS1】歯科用オーラルヘルスタブレット
  • ライオン Systema オーラルヘルスタブレット
  • スーパークリッシュ 乳酸菌LS1 + ビタミンE
    (フレンテ・インターナショナル株式会社)

以上でご紹介したように、『乳酸菌LS-1』が使われている大多数は

オーラルケア商品として製造・販売されています。

 

そして、そのほとんどが

『ライオン製薬株式会社』によるものですが、

 

サプリメント等であれば『フレンテ・インターナショナル株式会社』

といった中小企業も取り扱いを行っています。

 

ただし、乳酸菌関連の

サプリメントやタブレットのみを販売している会社よりも

 

医薬品の製造・販売もしている会社のほうが圧倒的に、

品質管理・信頼性といった点に優れていると言われているため、

以上の点を考慮した上で商品を選んでいくべきだと考えています。

 

『乳酸菌ls1は歯周病や口臭に効果あり?
タブレットやヨーグルト商品まとめ』の最後に

『乳酸菌LS-1』は乳酸菌の中でも特に、
口臭や歯周病の予防・改善に効果が期待できる乳酸菌として注目されています。

また、口臭や歯周病への対策だけでなく、
乳酸菌としての整腸作用によっても様々な効能が期待できます。

会話

口臭や歯周病の直接的な原因となっているジンジバリス菌の殺菌や

免疫力の向上といった間接的なアプローチによって、

口臭・歯周病対策ができますし、

 

整腸作用によって便秘・下痢の解消や

体内に蓄積してしまっている有害物質の排出も期待できます。

今回のブログ記事の内容はこれで以上になります。

『乳酸菌LS-1』についてリサーチしていた

方々のお役に立てたのであれば幸いです。
コチラのブログ記事では、ブログで紹介している

乳酸菌の特徴をまとめてご紹介しています。

<参考サイト>

出典:乳酸菌(LS1)が虫歯と歯周病を防ぐ新しい歯周治療 | 池田歯科医院・こども歯科
引用元URL:https://ikeda-dentalcl.com/2392