Screen Shot 2016-08-07 at 11.51.20

『ビフィーナS』はビフィズス菌が豊富に配合されたサプリメントですが、便秘解消などの効果・効能に関する口コミや評判についての情報をまとめてご紹介していきます。
会話

ビフィズス菌は殺菌作用のある酢酸を産出したり、腸を刺激して蠕動運動を促進させるといった整腸作用において重要な効果がありますが、年齢とともに徐々に減少してしまいます。

そこで、『ビフィーナS』を服用することで、ビフィズス菌を手軽かつ効果的に補うことがオススメだと言われています。

『ビフィーナS』は腸内のビフィズス菌を補うサプリメントですが、日々継続してビフィズス菌を補給することによってさまざまな効果・効能が期待できます。

このブログ記事を読まれているということは、『ビフィーナS』の購入を検討されていると思います。

ですから、『ビフィーナS』によって期待できる効果・効能を以下の文章で分かりやすく解説していきます。

ビフィズス菌による作用・整腸効果

ビフィズス菌は乳酸菌ど同じ善玉菌に分類されますが、乳酸菌は分泌することができない酢酸という殺菌作用のある物質を分泌することができます。
会話

胃腸には胃酸によって強酸性を保っていますが、小腸や大腸は胃袋から遠ざかるに連れて徐々に酸性が弱まり、悪玉菌の働きが活性化して有害物質や発がん性のある腐敗物質が生成されるようになります。

そこで、積極的にビフィズス菌を体内に取り入れることで、大腸内の酸性を強めて悪玉菌の働きを抑制することができます。

腸内フローラを整える作用

人の腸には数えきれないほどの乳酸菌が生息していて、その種類は100種類以上にも及ぶと言われています。
会話

腸内に生息している細菌の種類や割合などは人それぞれで大きく異なっていて、こうした腸内環境の特徴は『腸内フローラ(腸内細菌叢)』と呼ばれています。

腸内フローラについては『光英科学研究所』の公式ホームページでも以下のように詳しく解説されています。

私たちの腸内にはたくさんの細菌がすみついています。これら腸内にすんでいる細菌は、腸内細菌といい、その数は100種類以上、個数は約100兆個にもなります。

特に回腸(かいちょう/小腸の終わり)から大腸にかけては、これら多種多様な腸内細菌が種類ごとにまとまりをつくってびっしりと腸内に壁面を作って生息している状態です。

この様相は、まるで植物が種類ごとに集団を作って群れている花畑の様子ともたとえられ、「腸内フローラ」(腸内細菌叢/ちょうないさいきんそう)と呼ばれています。(お花畑= flora[英])

出典:腸内フローラとは何か?| 光英科学研究所
引用元URL:http://www.koei-science.com/gut-flora.html

したがって、『腸内環境を整える』ということは、『腸内フローラを整える』ということと同義であると言えます。

また、腸内フローラを整える上で重要なポイントは以下の2つになります。

腸内フローラを整えるための2つのポイント
  • 腸内フローラと相性の良い善玉菌を取り入れる
  • 腸内の悪玉菌の働きを抑制・減少させる

前述したように、腸内フローラは人それぞれ異なるため、同じ乳酸菌を摂取したとしても整腸効果には大きな違いが出ます。

乳酸菌による整腸効果を最大化させるためには、腸内フローラと相性の良いものでなければならないのです。

また、腸内フローラと特定の乳酸菌の相性が良いかどうかは実際に数ヶ月乳酸菌を摂取し続けなければ分からず、多くの時間とお金がかかってしまいます。

その一方で、腸内の悪玉筋を減少させる方法であれば、ビフィズス菌が産出する殺菌作用のある酢酸により確実に行っていくことができます。

こうした理由から、『ビフィーナS』を服用してビフィズス菌を継続的に摂取していくことで、腸内の悪玉筋を殺菌することによる腸内フローラを整える効果が期待できます。

腸を刺激して蠕動運動を促進

腸にはもともと筋収縮によって内容物を動かすことで、排便を促す機能があります。そして、この腸の動きが『蠕動運動』と呼ばれています。

腸に刺激を与える方法はさまざまですが、苦味や辛味のある食べ物を食べたり、軽い運動をすることによっても腸に刺激を与えることができます。

しかしながら、年齢を重ねていくに連れて、そもそも筋肉の働きが弱まってきますし、運動する機会も減ってきてしまいます。

その結果、腸の蠕動運動の働きが弱まり、便秘がちになってしまうお年寄りなどが多いです。

こうした場合には、ビフィズス菌が産出する酢酸によって腸に刺激を与えることが大変効果的だと言われています。

胃腸は強い酸性で保たれていますが、小腸、大腸と胃袋から離れていくに連れて徐々に酸性が弱まっていってしまう傾向にあります。

ビフィズス菌は主に、大腸内に留まって活発に活動していくため、酸性物質の酢酸によって大腸に刺激を与えることができると期待されています。

『森永乳業』の公式ホームページでもビフィズス菌が町の蠕動運動を促進させる効果があると書かれています。

ビフィズス菌には主に次のような働きがあります。

 

(1)乳酸に加え、酢酸を生成します。この酢酸は強い殺菌力があるとされ、悪玉菌の増殖を抑え、腸内環境を良い状態に保ちます。

(2)腸内を酸性にし、腸の蠕動運動を活発にすることで排便を促します。

(3)ビタミンB群、葉酸を作り出します。

出典:ビフィズス菌の働き | 森永乳業公式ホームページ
引用元URL:http://bifidus.jp/knowledge/knowledge04.html

その結果、運動や食事によって腸に刺激を与えることが難しい方でも、腸の蠕動運動を促して便秘を解消する効果があると言われています。

『ビフィーナSの効果的な飲み方≪口コミや評判も掲載中≫』の最後に

『ビフィーナS』を継続的に服用していくことで、年齢を重ねていくに連れて減少してしまうビフィズス菌を手軽かつ効果的に補っていくことができます。
会話

ビフィズス菌を腸内に補っていくことで様々な効果・効能が期待できますが、主に以下のようなものがあります。

ビフィズス菌を補う3つのメリット
  • 悪玉菌を殺菌する
  • 腸の蠕動運動を促す
  • ビタミンB群や葉酸を生成する

『ビフィーナS』はもともと体内に存在するビフィズス菌を服用しやすいように凝縮して製剤化したもののため、副作用の心配もないと言われています。

会話

他にも、便秘解消に効果的な乳酸菌サプリメントにご興味が有る場合は、こちらのブログ記事でまとめてご紹介しているので是非チェックしてみてください。