l137乳酸菌 インフルエンザ

2017年のインフルエンザ予防には『L-137乳酸菌』有効と言われていますが、配合されているサプリメントや効果・効能などについて情報をまとめてご紹介していきます。
会話

『L-137乳酸菌』は殺菌作用の強い乳酸菌で、インフルエンザなどの感染力の高いウイルスを撃退していく効果・効能が期待されています。

さらに、口内の雑菌を殺菌して口臭や歯周病を予防する効果もあると言われています。

『L-137乳酸菌』は乳酸菌の中でも、特に殺菌力が強い菌体として注目されています。

今回のブログ記事を読まれているということは、2017年のインフルエンザ予防・対策に効果的な『L-137乳酸菌』の特徴や配合されているサプリメントなどの情報について求められていると思います。

ですので、以下の文章で『L-137乳酸菌』の特徴をご紹介しながら、配合されているサプリメントそれぞれの効果・効能についても解説していきます。

ちなみに、『L-137乳酸菌』のインフルエンザ予防に効果的であることは、『ハウス食品』の公式ホームページでも以下のように書かれています。

小さな子供のころに、BCGワクチンを接種します(特徴的な注射痕でおなじみですね)が、あれは結核菌に対する免疫を獲得するための予防接種です。
L-137は、なんと、そのBCGよりも強い免疫活性化力を持っていたのです。本当に強力ですね!

だから、ハウスの乳酸菌L-137はインフルエンザ予防に効果が期待できるんですね!!

出典:ハウスの乳酸菌L-137はインフルエンザ予防効果が期待! | ハウスダイレクト
引用元URL:http://l-137.house-direct.jp/step1/step1.html

ハウスダイレクトの公式ページによると、子供の頃に受けるBCG注射よりも高い免疫力の向上が科学的に証明されているそうです。

それではさっそく、本題に移っていきましょう。

『L-137乳酸菌』の特徴と効果・効能

乳酸菌サプリメントのほとんどは腸内環境を整えて、便秘を解消することが目的になっています。しかし、『L-137乳酸菌』はより広範な用途で用いられています。
会話

『L-137乳酸菌』の特徴としては、なんといっても高い殺菌力を挙げることができます。

殺菌力を活かして腸内の悪玉筋を減少させ腸内環境を整えることもできますし、ガン予防や口臭予防などさまざまな効能が期待されています。

ジンジバリス菌を殺菌

『ジンジバリス菌』は口内に生息している病原菌であり、口内が乾燥して粘膜が正常に働かなくなると増殖して口臭や歯周病の原因となります。

体内の免疫が正常に機能していれば口内で病原菌が異常に増殖することはありませんが、カラダが弱っていたり、口の中が乾燥しているとすぐに病原菌が口内で増殖していきます。

特に、口内で増殖する病原菌の中でも『ジンジバリス菌』は口臭や歯周病の原因となっており増殖させないように日頃から心がけることがとても大切です。

『L-137乳酸菌』にはジンジバリス菌を殺菌する作用もあり、サプリメントや錠剤によって継続的に摂取していくことで口臭歯周病を予防する効果が期待できます。

加熱菌体に加工して強化

乳酸菌の菌体はとてもデリケートで体温の熱や消化液の酸によってすぐに死滅してしまうことがほとんどですが、『L-137乳酸菌』を加熱加工することで熱・酸耐性を飛躍的に高められます。

特殊な方法によって『L-137乳酸菌』を加熱処理すると『加熱菌体L-137乳酸菌』というものに変化して、ちょっとした熱や酸によっては死滅しない生命力の強い菌体に作り変えることができます。

この結果、生きたまま『L-137乳酸菌』を腸内にまで届けることができ、『L-137乳酸菌』の持ち前の殺菌作用によって腸内環境の整腸アレルギー症状の緩和などのさまざまな効能を期待することができます。

さて、ここまでは『L-137乳酸菌』の特徴について解説してきたので、続いては『L-137乳酸菌』が配合されているサプリメントをご紹介していきます。

『L-137乳酸菌』が配合されているサプリメント

『L-137乳酸菌』は口臭や歯周病の予防から、一般的な整腸効果やアレルギー症状の緩和作用など さまざまな目的に応じてサプリメントが製造・販売されています。
会話

『L-137乳酸菌』が配合されているサプリメントでも種類によって期待できる効果・効能が大きく変わるので、『L-137乳酸菌』が含まれるサプリメントを購入する際には、シッカリと目的を確認してから選ぶようにしましょう。

『L-137乳酸菌』が配合されているサプリメントには、主なものに『ラクデント』と『ラクトプラン』というものがあります。

それぞれのサプリメントの特徴や期待できる効果・効能についてご紹介していきます。

ラクデントの特徴と効果・効能

『ラクデント』は口臭・歯周病予防を目的として『L-137乳酸菌』が配合されているサプリメントになります。

『ラクデント』を継続的に服用することで、『L-137乳酸菌』の効能を最大限活用してジンジバリス菌を殺菌できます。

さらに『ラクデント』には、抗酸化作用のある緑茶カテキンの成分も含まれており、体内での活性酵素の分泌を抑制することでアンチエイジング効果も期待することができます。

活性酵素は体内を殺菌するために必要不可欠なものですが、年齢とともに分泌量が過剰になり老化や細胞劣化の原因になります。

活性酵素を抑えることがアンチエイジングにおいて効果的なことは『最上クリニック』の公式ホームページでも以下のように書かれています。

そもそも、活性酸素はもともとは体にとって必要なもので、体内に侵入した細菌やウイルスを撃退する役割があります。
しかし、その役割に必要な量よりも多くの量の活性酸素が私たちの体の中で作られており、余った活性酸素はからだの中の異物だけでなく、私たちの体の正常な細胞も攻撃し、病気や老化の原因となったりと、体に悪影響を与えてしまうといった面もあります。

出典:活性酵素とアンチエイジング | 最上クリニック 公式ホームページ
引用元URL:http://www.mogami-antiage.jp/category/column/01.html

会話

『ラクデント』の効果・効能に関する口コミなどの詳細についてはこちらのブログ記事を参考にして下さい。

ラクトプランの特徴と効果・効能

『ラクトプラン』には、特殊な加熱処理を施した『加熱菌体HK L-137』が豊富に配合されており、高い整腸作用による免疫力の向上やアレルギー症状の軽減といった効果が期待できます。

一般的には摂取するとすぐに死滅してしまう乳酸菌ですが、『L-137乳酸菌』であれば特殊な加熱処理をすることによって腸にまで生きたまま到達する強力な乳酸菌に生まれ変わります。

腸内環境が整えられると、免疫細胞が活性化されて免疫力が向上したり、免疫バランスが整えられて、アトピー性皮膚炎などのアレルギー症状の軽減といった効果も期待することができます。

会話

『ラクトプラン』の口コミや評判などについて詳しく知りたい方はこちらのブログ記事をぜひお読み下さい。

『<2017年冬>インフルエンザに有効と期待のL-137乳酸菌含有サプリ』の最後に

『L-137乳酸菌』は殺菌作用に優れた乳酸菌であり、インフルエンザ予防だけでなく、口臭や歯周病などを含めたあらゆる感染症予防にも役立ちます。
会話

『L-137乳酸菌』が配合されているサプリメントはさまざまな種類のものがありますが、同一の『L-137乳酸菌』が含まれていたとしても、サプリメントの製造・加工方法によって期待できる効果は大きく変わります。

サプリメント購入を検討されている場合には、ご自身の目的にあったものを選ぶようにしましょう。