『モリンガの青汁in乳酸菌』の口コミ・評判などに関する情報をまとめて、購入を検討されている方の参考になるようにブログ記事を書きました。
⇒ モリンガの青汁in乳酸菌の公式ページを見てみる
会話

『モリンガの青汁in乳酸菌』の大きな特徴は、インド原産の栄養豊富な『モリンガ』という食物が豊富に配合されていることです。日本ではまだまだ認知度が高くありませんが、『森のミルク』や『奇跡の樹』と呼ばれるほど栄養価の高い食物として一部では注目されています。

また、『モリンガの青汁in乳酸菌』には栄養成分『モリンガ』だけではなく、『有胞子性乳酸菌』や『プレバイオティクス』といった、腸内環境を整える上では欠かせない貴重な物質が数多く配合されています。

今回のブログ記事では、それぞれの有効成分についても詳しくご紹介していきたいと思います。

また、このページを訪問してくださったということは、『モリンガの青汁in乳酸菌』の口コミや評判を求めて読んでくださっていることだと思います。ですので、当サイト編集部で調べられる限りの生の声を集めましたので 以下を詳しくご覧下さい。

ちなみに、今回の内容は『モリンガの青汁in乳酸菌』を製造・販売している『ハーブスガーデン』の公式ページで掲載されている情報を分かりやすくまとめたものになっています。

『モリンガの青汁in乳酸菌』の効果や口コミ・評判について

『モリンガの青汁in乳酸菌』には栄養豊富な『モリンガ』が含まれているだけでなく、有胞子性乳酸菌やプレバイオティクスによる高い整腸作用も期待できます。
会話

『モリンガの青汁in乳酸菌』を継続的に服用するだけで、心身を健康に保っていくために重要な成分を手軽に摂取していくことができます。

それでは早速、『モリンガの青汁in乳酸菌』を服用することで体に取り入れることのできる有効成分の効能についてそれぞれ詳しく解説していきたいと思います。

栄養成分『モリンガ』を豊富に配合

一般的な乳酸菌サプリメントとは異なって 腸内環境を整えるだけでなく、『モリンガ』が配合されているためにしっかりと栄養も補給することができます。

栄養・美容成分としては『モリンガ』よりも『アサイー』や『チアシード』などの方が日本ではより幅広く認知されていると思います。しかし、ハーブスガーデンの公式ページに掲載されている成分表から比較すると、モリンガのほうが圧倒的にミネラルやビタミン、必須アミノ酸などを多く含んでいることが分かります。

『モリンガの青汁in乳酸菌』の公式販売ページでも、『モリンガ』の栄養価の高さについて以下のように書かれています。

「モリンガ」はまだ日本では知名度は低いですが、栄養豊富な植物として「森のミルク」とか「奇跡の樹」と呼ばれている、大注目のインド原産の食材なのです。

出典:モリンガの青汁in乳酸菌 | ハーブスガーデン
引用元URL:http://herbs-garden.com/lp/11/

ミネラルやビタミン、必須アミノ酸をしっかりと補給することで、肌荒れを防止したり、消化や新陳代謝を活性化させることが期待できます。腸での消化にもミネラルや必須アミノ酸が必要なため、善玉菌が産出する乳酸や酢酸だけでなく、腸の働きそのものをサポートすることによっても高い整腸効果を期待することができます。

善玉菌の働きを活性化させる(プレバイオティクスとしての機能)

『モリンガの青汁in乳酸菌』には食物繊維も豊富に含まれており、便秘解消といった効能から 腸内の善玉菌の成長・増殖を促進する効果も期待できます。

腸内環境を整えるためには『乳酸菌を摂取することが重要』だと考えられていますが、それと同じくらい、腸内に生息している善玉菌に成長・増殖に必要な栄養素を与えることも大切です。

また、人それぞれの腸内環境によって、生息している菌の種類や割合は大きく異なります。同じ腸内細菌は集合してまとまる習性があるため、腸内の様子はまるでお花畑(フローラ)のように見えるそうで、腸内環境の特徴は『腸内フローラ(腸内細菌叢)』と呼ばれています。

『光英科学研究所』の公式ページでも、『腸内フローラ(腸内細菌叢)』を整えることによってガン予防や糖尿病などの生活習慣病の予防が期待されると書かれています。

腸内細菌学の研究は、戦後に始まり、未だ途上ですが、がんや糖尿病、うつ病などの医療の分野から、お肌のコンディションなどの美容の分野まで、人々の生活に深くかかわってゆく分野として、今後ますます研究が進められています。

出典:腸内フローラとは何か? | 光英科学研究所
引用元URL:http://www.koei-science.com/gut-flora.html

そして、もう一つ注意すべきポイントは、『腸内フローラ(腸内細菌叢)』と相性が悪い種類だとそこまで整腸効果が期待できないということです。『腸内フローラ(腸内細菌叢)』との乳酸菌の相性の善し悪しは人によって大きく変わってくるのですが、もし、カラダに取り入れた乳酸菌が『腸内フローラ(腸内細菌叢)』と相性が悪いと、すぐに体外に排出されてしまい、ほとんど乳酸菌の効能を発揮することができません。

その一方で、『モリンガの青汁in乳酸菌』には食物繊維が含まれており、既に腸内に存在している善玉菌の栄養素として活用されます。そのため、『腸内フローラ(腸内細菌叢)』との相性が悪いために、せっかく摂取したのに整腸効果が全く無いといった事態を防ぐことができます。

有胞子性乳酸菌も配合

『モリンガの青汁in乳酸菌』には『有胞子性乳酸菌』という種類の乳酸菌も配合されており、生きたまま腸に届いて定着する『持続性乳酸菌』として注目されています。

一般的な乳酸菌の場合は 胞子の殻によって菌体を守ることができないため、体温の熱や消化液に含まれている酸によって摂取された直後に死滅してしまいます。

その一方で、『有胞子性乳酸菌』であれば、成育に不利な環境下に置かれれば胞子の殻を生成して菌体を熱や酸から守りながら腸にまでたどり着くことができます。

さらに、腸にまで届くと胞子が発芽して腸内部の上皮組織に張り付いて、大便に混じって流されることを防ぎながら、他の善玉菌にとっての栄養成分や乳酸を算出し続けることで、一般的な乳酸菌よりも高い整腸効果が期待できます。

こうした特性から『持続性乳酸菌』としても近年研究対象として注目を集めています。

また、『三菱化学フーズ株式会社』の公式ホームページでも、『有胞子性乳酸菌』の有効性について以下のように書かれています。

口から入った有胞子性乳酸菌の胞子は、胃酸や胆汁の刺激を受けて腸管内で発芽し、活発な栄養細胞となって増殖します。その間、乳酸発酵によって乳酸を産生します。

出典:ラクリス-Sとは? 三菱化学フーズ株式会社
引用元URL:http://www.mfc.co.jp/product/rakurisu/about/

最後に

『モリンガの青汁in乳酸菌』にはインド原産のスーパーフードとして注目されている『モリンガ』や、腸内環境を整える効果が期待できる『有胞子性乳酸菌』と『プレバイオティクス』が豊富に配合されています。
会話

『モリンガの青汁in乳酸菌』を服用するだけで、ビタミンやミネラル、必須アミノ酸も手軽に摂取できますし、腸内環境もしっかりと整えていくことで、さまざまな心身ともに健康に保つ効果が期待されています。