善玉菌のチカラ

乳酸菌サプリメントとして有名な『善玉菌のチカラ』の効果や口コミについてご紹介します。服用した際に副作用で下痢などの症状が出ないかといった注意するポイントも解説します。
善玉菌のチカラ公式ページを見てみる
会話

乳酸菌サプリメント『善玉菌のチカラ』は便秘や腸内環境の改善に有効なことで有名な『カスピ海ヨーグルト』から生まれたサプリメントです。『善玉菌のチカラ』のカプセル一個分には20億個以上もの乳酸菌が配合されており、カスピ海ヨーグルト並の整腸作用や便秘解消の効果をサプリメントによって手軽に実感できると期待されています。

『善玉菌のチカラ』には『クレモリス菌』が豊富に配合されており、高い整腸作用が期待できると言われています。

善玉菌のチカラであれば20億個の乳酸菌のパワーと、クレモリス菌にしか実現不可能な強力な粘り気によってつらい便秘体質をすばやく改善することが可能となります。

整腸剤や下剤とは違うのでその場限りの便秘解消ではなく、根本的に体質から健康的に変えるチカラを持っているところは善玉菌のチカラならではのメリットとなります。

出典:善玉菌のチカラ(乳酸菌サプリ) | フジッコ株式会社 Online Shop
引用元URL:http://www.shop-fujicco.com/front/category/zen/

また、このページを訪問してくださったということは、『善玉菌のチカラ』の購入を真剣に検討されていると思います。そのため、当サイト編集部で生の声を調べて購入する際の判断材料となる口コミ・評判をまとめています。詳しい内容についてはブログ記事を読み進めて頂ければと思います。

『善玉菌のチカラ』の効果や口コミのまとめ

『善玉菌のチカラ』は大人気の『カスピ海ヨーグルト』のサプリメント版ということで、
数多くある乳酸菌サプリメントの中でも愛用者が特に多い商品の1つです。
会話

『善玉菌のチカラ』が整腸作用において高い効果を発揮すると言われている理由は2つあります。

  1. 『クレモリス菌FC株』が豊富に配合されている
  2. 『プレバイオティクス』を大量に摂取できる

1つ目の理由は『クレモリス菌FC株』という乳酸菌が多く含まれていることです。『クレモリス菌FC株』は腸にまで生きて届く『持続性乳酸菌』として注目されており、高い整腸作用が期待できます。

また、2つ目の理由は『プレバイオティクス』を手軽かつ大量に摂取することができることです。『プレバイオティクス』を摂取することによって、『腸内フローラ(腸内細菌叢)』と好相性の乳酸菌の整腸・増殖を促進させて腸内環境を整えることが期待できます。

『プレバイオティクス』が豊富に含まれている

会話

ポイントサイトのCM動画から、トライアルサイズ980円を購入。毎朝1カプセルを飲んでいましたが、その日の夕方頃までにはお通じがありました。成人してから慢性的な便秘に悩み、いろいろなものを試して来ましたが、さすがはフジッコさん!クレモレス菌FC株のチカラ、おそるべし!です。おなかが痛くなることもなく、自然なお通じでした。

『プレバイオティクス』とは、乳酸菌などの善玉菌の成長や増殖に欠かせない栄養源のことを指します。善玉菌に分類される乳酸菌やビフィズス菌は主に、『オリゴ糖』や『食物繊維』を栄養として増殖します。

『善玉菌のチカラ』には『アルギン酸カリウム』という海藻生まれの食物繊維が豊富に配合されています。そのため、『善玉菌のチカラ』を服用すれば、単純に乳酸菌などの善玉菌を取り入れられるだけでなく、善玉菌の働きをサポートしてくれる栄養も摂取できるのです。

さらに、『プレバイオティクス』を摂ることには他にも『腸内フローラ(腸内細菌叢)』と相性の良い善玉菌に栄養を与えて、増殖を促進させる効果も期待できます。

人間の腸の中には100種類以上もの善玉菌や悪玉菌といった数えきれないほどの菌が生息しています。腸の内部では 同じ種類の菌同士が集まって、それぞれの菌の集合体によって腸の上皮組織に壁面を作っています。

この様子がまるで お花畑(フローラ)のように見えることから、『腸内フローラ(腸内細菌叢)』と呼ばれています。『腸内フローラ(腸内細菌叢)』は同一の人間であっても、生活習慣や年齢など様々な要因によって刻一刻と変化していきます。

そして、『腸内フローラ(腸内細菌叢)』の環境によって腸内環境を整えるために効果的な善玉菌の種類も変わってきます。

『腸内フローラ(腸内細菌叢)』が刻一刻と変化していくことについては、光英科学研究所の公式ページでも以下のように書かれています。

「腸内フローラ」の様相、つまり腸内に生息している細菌の種類は、人がそれぞれ顔や個性が異なるように、その人その人でまったく違うものです。また、「腸内フローラ」の状態は生活習慣や年齢、ストレスなどによっても変化します。

出典:腸内フローラとは何か? | 光英科学研究所
引用元URL:http://www.koei-science.com/gut-flora.html

そのため、数種類の乳酸菌しか配合されていない乳酸菌サプリメントを服用し続けても、『腸内フローラ(腸内細菌叢)』と相性が悪ければ、ほとんど整腸作用が実感できないといったことにもなります。

このことから乳酸菌サプリメントを購入する際には、できる限り配合されている乳酸菌・善玉菌の種類が多いものを選ぶ方がよいと言われています。

また、乳酸菌サプリメントを選ぶ際のポイントはもう一つあって、それは『プレバイオティクス』が配合されているか否かということです。『プレバイオティクス』は善玉菌の種類に関係なく、栄養源となることで善玉菌の成長・増殖をサポートします。

つまり、どんな人であっても既に形成されている『腸内フローラ(腸内細菌叢)』で活躍している善玉菌の栄養源として確実に効果を発揮してくれることが期待できるのです。

そのため、いくらサプリメントを飲んでも整腸効果が実感できないというリスクを可能な限り抑えることができると言われています。

プレバイオティクスは大腸に共生する有益な細菌の選択的な栄養源となり、それらの増殖を促進する

出典:プレバイオティクス | ヤクルト中央研究所
引用元URL:http://institute.yakult.co.jp/dictionary/word_3.php

乳酸菌を生きたまま腸に届けられる

会話

カスピ海ヨーグルトを長年家庭で作って、食べているので、腸内環境が整って、花粉症やアトピーも軽くなりました。ただ冬になると、ヨーグルトは冷たいので進まなくなり、中断することも多かったので、その代わりにこちらのサプリメントを使ってみました。

『善玉菌のチカラ』には『カスピ海ヨーグルト』にも含まれている『クレモリス菌FC株』が豊富に配合されています。

『クレモリス菌FC株』はもともと日本に存在しなかった乳酸菌で、カスピ海近辺のコーカサス地方に存在する乳酸菌でした。現地には100歳を超える老人がとても多いことから、長寿研究が行われた結果発見された乳酸菌です。

フジッコ株式会社の乳酸菌ラボでは、『クレモリス菌FC株』の発見された経緯が詳しく紹介されています。

WHO(世界保健機関)のプロジェクトに参加した家森博士は、1986年に世界屈指の長寿地域であるカスピ海付近のコカーサス地方を訪れました。100歳以上の元気なお年寄りが暮らす村々で食べられていたのは自家製ヨーグルトでした。家森博士は研究のためにそのヨーグルトを日本へ持ち帰りました。そのヨーグルトは常温で植え継ぎできることから人づてに広まり、現在の「カスピ海ヨーグルト」が誕生したのです。

出典:クレモリス菌FC株について | 乳酸菌ラボ
引用元URL:http://www.shop-fujicco.com/lactobacillus/cremoris/

『クレモリス菌FC株』はヨーグルトなどの乳製品に含まれる動物性乳酸菌というものに分類されています。一般的に動物性乳酸菌は酸耐性がとても弱く、摂取しても胃酸や胆汁酸などの消化液によって死滅してしまいます。

しかし、『クレモリス菌FC株』には強い酸耐性があり、生きたまま腸に届くことで発酵作用を続けて乳酸菌を産出できると言われています。

乳酸菌は死滅したとしても菌体が腸内の善玉菌の栄養源となるため、全くのムダになることはありませんが、やはり、腸の中でも食物を発酵させる過程で乳酸菌を継続的に産出される方が圧倒的に高い整腸作用を期待できます。

また、『善玉菌のチカラ』であれば、高い整腸効果で人気な『カスピ海ヨーグルト』の効果を安価かつ手軽に得られるということでも注目を浴びています。

『カスピ海ヨーグルト』の効果を手軽に得られる

『カスピ海ヨーグルト』を食べることで便秘の改善・解消が実感できる方は大変多いですが、ヨーグルトを食べるとなると場所が限られますし、金銭的な負担も大きいです。
会話

真っ白なカプセルタイプで臭いやくせも無いので、無理なく続けられます。ヨーグルトと違って、お腹も膨れないので食後でも気軽に飲めて良いですし、カロリー面でも安心ですね。また、携帯できるのでいつでもどこでも飲めて、非常に便利です。旅行中などは便秘になる事も多いので、出先で飲めるのはとても有難いです。

場所の制限を受けずに摂取できる

便秘解消の方法としての高い効果を誇っている『カスピ海ヨーグルト』ですが、ヨーグルトという特性上、品質を保つためには冷蔵庫が必要なため、海外旅行中やキャンプなどで冷蔵庫を使えない状況ではどう頑張っても食べることができません

このように、『カスピ海ヨーグルト』を摂取する上では、場所的な制限を受けることになってしまいます。また、ヨーグルトは品質を維持するために冷蔵庫で冷たく冷やしておく必要がありますが、冬になると体が冷えてしまうため、屋内にいてもなかなか食べにくくなってしまいます。

その一方で、『善玉菌のチカラ』であれば水や清涼飲料などサプリメントを服用するための水分さえあれば、いつでもどこでも場所の制限を受けずに手軽に服用することができます。

『善玉菌のチカラ』に限らずに 乳酸菌サプリメントやヨーグルトによって便秘を解消していく上では、毎日継続して摂取し続けることが重要です。

こうした点においても、『カスピ海ヨーグルト』の成分を『善玉菌のチカラ』から摂取していくことには大きな価値があります。

金銭的な負担を軽減できる

会話

整腸ならば善玉菌でしょ。・・・ということで、「善玉菌のチカラ:カスピ海ヨーグルト」を購入しました。単純な考えで購入しただけですが、こちらは購入してよかったと思える良品です。通常価格よりもお得に購入でき、試しやすい価格だったことも決め手になりました。

『カスピ海ヨーグルト』を食べる上でもう一つの問題点は乳酸菌サプリメントと比較して1日あたりのコストが高いことです。以下のように、『カスピ海ヨーグルト』と『善玉菌のチカラ』、そして他の人気な乳酸菌サプリメントで金銭的なコストを比較しました。

商品名 カスピ海ヨーグルト 乳酸菌革命 善玉菌のチカラ 乳酸菌EC-12
1日のコスト 278円(税込) 96円(税込) 65円(税込) 108円(税込)
1ヶ月のコスト 8,340円(税込) 2,880円(税込) 1.906円(税込)  3,240円(税込)

以上のように、『カスピ海ヨーグルト』は1日あたりのコストが278円(税込)となっており、人気な乳酸菌サプリメントの平均価格が80円(税込)前後であり、比較するとかなり割高だということがいえます。

特に、乳酸菌による便秘対策であれば継続していくことが重要なため、こうした1日あたりのコストも年間単位で計算すると大きな差になってきます。

さらに、『善玉菌のチカラ』は他の人気な乳酸菌サプリメントである『乳酸菌革命』や『乳酸菌EC-12』よりも1日あたりのコストが低くなっています。

このように、『善玉菌のチカラ』は『カスピ海ヨーグルト』と同じ成分が含まれているにも関わらず、比較的安価に購入することができ、金銭コストを大きく下げることができます。

ここまでは『善玉菌のチカラ』を服用することによって得られる効能についてご紹介してきましたが、使用することによる副作用を心配されている方のために、『善玉菌のチカラ』を服用する際の注意点についてもまとめました。

『善玉菌のチカラ』の服用による副作用

『善玉菌のチカラ』は内服薬ではなく乳酸菌サプリメントのため、基本的に副作用の心配をする必要はありませんが、海藻による食物アレルギーのリスクは多少ながら存在します。
会話

『善玉菌のチカラ』には海藻生まれの食物繊維である『アルギン酸カリウム』が含まれており、海藻に対して食物アレルギーを持っている方の場合には、『善玉菌のチカラ』を服用することで下痢などの症状が出るリスクなどを考える必要があります。

海藻に対してアレルギー反応が生じる自覚がある場合は基本的には服用を避けることが最善ですが、『善玉菌のチカラ』を飲んでみたいと考える場合には、病院を受診して医師からの判断を仰ぐようにしましょう。