『おなかマート』で限定販売されている『善玉菌プラス』の口コミ・評判など、
購入を検討している方にとってのお役立ち情報をわかり易くまとめてご紹介していきます。
おなかマート公式ページを見てみる
会話

『おなかマート』が販売している『善玉菌プラス』は

腸にまで生きて届く生命力の高い3種類の乳酸菌と

 

乳酸菌の成長・増殖を促進させる

オリゴ糖や食物繊維などの栄養素も配合されています。

『善玉菌プラス』に含まれている植物性乳酸菌やビフィズス菌などは

熱耐性・酸耐性がそれぞれ共に高いことで有名ですが、

 

さらに、オリゴ糖や食物繊維といった『プレバイオティクス』を

配合することで体内での乳酸菌のより活発な活動をサポートします。

 

『プレバイオティクス』が乳酸菌の成長や増殖をサポートすることは、

『ヤクルト中央研究所』の公式ページでも以下のように書かれています。

プレバイオティクスは、大腸に共生する有益な細菌の選択的な栄養源となり、それらの増殖を促進する

出典:プレバイオティクス | ヤクルト中央研究所
引用元URL:http://institute.yakult.co.jp/dictionary/word_3.php

ただ、このページを訪問してくださったということは、

『おなかマート』や『善玉菌プラス』の口コミや評判を

求めてきてくださっていることだと思います。

 

ですので、当サイト編集部で調べられる限りの

生の声を集めましたので 以下を詳しくご覧下さい。

『おなかマート』や『善玉菌プラス』の
効果や口コミ・評判について

『おなかマート』が販売している『善玉菌プラス』の大きな特徴は、胃酸や胆汁酸などの消化液や体温の熱によって死滅しない3種類の乳酸菌が配合されていることです。
さらに、摂取した乳酸菌が体内でも活発に活動できるようにオリゴ糖や食物繊維をはじめとした『プレバイオティクス』も豊富に含まれています。
会話

『善玉菌プラス』には以下のように、

体温の熱や消化液のさんによっても死滅しない

生存能力が極めて高い乳酸菌が選びぬかれて配合されています。

<善玉菌プラスに配合されている3大乳酸菌>
  • 植物性乳酸菌
  • ビフィズス菌
  • 有胞子性乳酸菌

植物性乳酸菌

乳酸菌は動物性乳酸菌と植物性乳酸菌に大きく分類されます。『善玉菌プラス』には、酸耐性・熱耐性が一般的に強いとされている植物性乳酸菌が配合されています。

乳酸菌というとヨーグルトのような

乳製品に含まれているようなイメージが有りますが、

 

乳製品に含まれている乳酸菌は乳糖という

糖を主な栄養素として成長・増殖する動物性乳酸菌です。

 

ここで重要なポイントは、

動物性乳酸菌は99%体内ですぐに死滅する

ということです。

 

動物性乳酸菌は乳糖が豊富な住み心地の良い環境で生育しているため、

消化液の酸や体温の熱に対する抵抗力がほとんどありません。

 

確かに、摂取された乳酸菌が死滅しても

菌体が腸内の善玉菌の栄養素として活用されるため、

乳製品を摂取することが全くのムダになることはありませんが、

 

しっかりと整腸作用や免疫力の向上を期待したいのであれば、

腸にまで生きて届く植物性乳酸菌を摂取していくべきです。

 

どうして植物性乳酸菌は酸や熱に対する抵抗力が強く、

生きたまま腸にまで届く可能性が高いのか といった理由が

『カゴメ株式会社』の公式ページでも以下のように書かれています。

植物性乳酸菌が生育する食物は乳に比べ栄養が豊かではなく、塩分やタンニン系化合物など、その成長を阻む成分も含まれています。しかし、植物性乳酸菌は、そのような過酷な環境でもたくましく生き抜いているのです。したがって、植物性乳酸菌はその「強さ」から人間の体内の胃酸や消化液といった過酷な環境をくぐり抜け、生きて腸まで届く確率が高くなると考えられています。

出典:なぜ今、植物性乳酸菌が注目? | カゴメ株式会社
引用元URL:http://www.kagome.co.jp/nyusankin/nyusankin-univ/agri/agri03.html

ビフィズス菌

ビフィズス菌は糖を分解して乳酸だけでなく、
強い殺菌作用のある酢酸も産出することができます。

ビフィズス菌も乳酸菌と同じように善玉菌に区分されますが、

殺菌作用の強い酢酸を産出することが主な違いとなっています。

 

腸内の善玉金の働きが弱まると、

悪玉菌が活性化して有害物質を分泌するため、

 

体調不良やガンの原因物質が体内に蓄積する

といった事態にもなりかねません。

 

例えば、腸内の悪玉菌の働きで体内に

蓄積する恐れのある有害物質には以下のようなものがあります。

<悪玉菌によって分泌・生成される有害物質>
  • スタフィロコッカス属(ブドウ球菌)
  • 腐敗物質(パラクレゾール)

スタフィロコッカス属(ブドウ球菌)

スタフィロコッカス属が体内に蓄積していくと、

以下のようにさまざまな形で体に悪影響が及ぶようになります。

スタフィロコッカスによる体への悪影響
  • 体の疲労が取れにくくなる
  • ストレスや不安感を感じやすくなる
  • ちょっとした傷が可能しやすくなる

脳と腸は免疫系や自律神経など共有しているため、

腸が体調不良になると脳の思考や感情にまで

悪影響が及ぶようになると言われています。

 

反対の状況もしばしば起こっています。

脳がストレスを感じていると腸の働きも悪くなって

便秘がちになってしまうといった体調不良の原因にもなります。

腐敗物質(パラクレゾール)

悪玉菌の働きが活性化してくると、

胃液の酸性が弱まり 食物が消化しきれない状況になっていきます。

 

その結果、体内で十分に消化されなかった食物が腐敗してしまい、

腐敗物質(パラクレゾール)が生み出されることになります。

 

パラクレゾールも体内に蓄積することで、

疲労の恒常化やニキビ巨の肌荒れなどの悪影響がありますが、

 

大腸ガンの原因

にもなってしまうことが特に注意すべき点です。

 

こうした有害物質の生成を抑制して

腸内環境を良好に保つためには、

 

ビフィズス菌が産出する酢酸によって、

積極的に悪玉菌を減少させていく

ということが大変重要だと言われています。

 

有胞子性乳酸菌

一般的な乳酸菌であれば胞子を形成することがなく、

体温の熱や消化液の酸によってすぐに死滅してしまうことがほとんどです。

 

その一方で、『有胞子性乳酸菌』であれば

胞子を形成して熱や酸から菌体を守る能力があります。

 

そのため、胞子の殻によって守られることによって

摂取されたほとんどの菌が生きたまま腸に届くと言われています。

 

さらに、腸に到達した『有胞子性乳酸菌』は発芽すると、

成長・増殖に必要な栄養素を胞子から得ることで、

腸内でも活発に活動すると言われています。

 

有胞子性乳酸菌は生きたまま腸に届くほど生命力が高いことが

『やずや通販公式サイト』でも以下のように書かれています。

一般的な乳酸菌は熱に弱いうえ、からだの中に取り入れると胃酸や胆汁の影響を受けて、ほとんどが腸に届く前に死滅すると言われます。それに対し、胞子の殻で菌体を守っている「有胞子性乳酸菌」は熱や酸に強く、口から入った有胞子性乳酸菌の胞子は、生きたまま届き、栄養源となって乳酸菌やビフィズス菌を元気にします。

出典:生きて届く『有胞子性乳酸菌』 | やずや通販公式サイト
引用元URL:http://www.yazuya.com/items/kefir/premium/nyusankin.html

『購入前に確認!おなかマートの
口コミや評判まとめ』の最後に

『おなかマート』で取り扱われている『善玉菌プラス』には、
腸に生きたまま届く乳酸菌が3種類も配合されており、
プレバイオティクスも豊富に含まれています。
会話

乳酸菌をいくら摂取したとしても、

そのほとんどは摂取してすぐに熱や酸によって死滅してしまいます。

 

乳酸菌による整腸効果を高めるためには、

腸内でも継続的に乳酸や酢酸を産出させることが重要です。

今回のブログ記事では『おなかマート』で独占販売されている

『善玉菌プラス』について情報をまとめましたが、

 

他にもオススメな乳酸菌サプリメントを

実際に服用した経験からランキング形式でご紹介しています。

※ランキングは独断と偏見によってつけています。

会話

乳酸菌サプリパートナーがオススメする

サプリメントのランキングページはこちらです。

おなかマート公式ページを見てみる

 

<参考サイト>

出典:プレバイオティクス | ヤクルト中央研究所
引用元URL:http://institute.yakult.co.jp/dictionary/word_3.php

出典:なぜ今、植物性乳酸菌が注目? | カゴメ株式会社
引用元URL:http://www.kagome.co.jp/nyusankin/nyusankin-univ/agri/agri03.html

出典:生きて届く『有胞子性乳酸菌』 | やずや通販公式サイト
引用元URL:http://www.yazuya.com/items/kefir/premium/nyusankin.html