Screen Shot 2016-08-07 at 11.39.33

『ファスコン整腸錠プラス』の下痢や便秘などを改善する効果・効能の口コミ情報や服用する際に注意しておくべき危険な副作用等についてもまとめて解説しています。
⇒ ファスコン整腸錠プラスの公式販売ページを見てみる
会話

『ファスコン整腸錠プラス』は薬品ではなく、ビフィズス菌やフェカリス菌、そして、セルロースなどの食物繊維などを配合することで、体に負担をかけずに腸内環境を整えられる整腸剤となっています。

このブログ記事を読まれているということは、『ファスコン整腸錠プラス』の効果・効能に関する口コミや使用する際に注意すべき副作用などの危険性などの情報を求められていると思います。

ですから、さっそく以下の文章でそれぞれについての情報をご提供していきたいと思います。

『ファスコン整腸錠プラス』の効果・効能

『ファスコン整腸錠プラス』に配合されている有効成分が体内にどういった効果をもたらすのかそれぞれご紹介していきます。
会話

『ファスコン整腸錠プラス』に含まれているビフィズス菌には殺菌作用のある酢酸を分泌させる機能があり、フェカリス菌や食物繊維(セルロース)は腸内フローラを整えることで高い整腸効果が期待できます。

それぞれの有効成分に関する詳しい情報については以下の文章からご確認下さい。

腸内フローラを整えて便秘・下痢を解消

腸には100種類以上の腸内細菌が生息していますが、人それぞれによって腸内細菌の種類、割合、そして分布は大きく異なっています。そして、この腸内フローラと相性の良い乳酸菌を摂取することが成長する上ではとても重要です。

まず、腸内フローラについてご存じない方もいると思うので、『光英科学研究所』で公開されている解説を参考にして下さい。

私たちの腸内にはたくさんの細菌がすみついています。これら腸内にすんでいる細菌は、腸内細菌といい、その数は100種類以上、個数は約100兆個にもなります。

特に回腸(かいちょう/小腸の終わり)から大腸にかけては、これら多種多様な腸内細菌が種類ごとにまとまりをつくってびっしりと腸内に壁面を作って生息している状態です。

この様相は、まるで植物が種類ごとに集団を作って群れている花畑の様子ともたとえられ、「腸内フローラ」(腸内細菌叢/ちょうないさいきんそう)と呼ばれています。(お花畑= flora[英])

出典:腸内フローラとは? | 光英科学研究所
引用元URL:http://www.koei-science.com/gut-flora.html

『光英科学研究所』で説明されているように腸内フローラは一人ひとりによって独自の構造が見られ、

その結果、人によって高い整腸効果が期待できる乳酸菌の種類に違いが見られます。

例えば、もし腸内フローラと相性の悪い乳酸菌を摂取してしまうとせっかく腸内にまで生きて届くことができたとしても、

腸内に長く留まれずに大便に混じってすぐに排出されてしまうといった場合があります。

しかし、『ファスコン整腸錠プラス』には腸内に存在している『フェカリス菌』という乳酸菌が配合されており、高い確率で腸内に定着して、長期間活動してもらうことができると言われています。

さらに、『ファスコン整腸錠プラス』にはセルロースという食物繊維の一種の含まれています。

食物繊維は乳酸菌などの善玉菌の栄養素となるプレバイオティクスとしての機能があります。

そのため、プレバイオティクスを摂取しておけば、腸内に生息している善玉菌の栄養素として確実に役立つため、腸内フローラとの相性に関係なく整腸できるといった効果が期待できます。

ビフィズス菌の殺菌作用でガン予防

『ビフィズス菌』には乳酸菌が生成することができない酢酸を分泌する機能があり、強い酸性によって悪玉菌を死滅させる効果が期待できます。

胃腸は胃酸によって高い酸性が保たれていますが、象徴から肛門までは8メートルもの腸が続いていて、徐々に酸性が弱まっていく過程で悪玉菌の活動が活発になり、発がん性のある『腐敗物質(パラクレゾール)』などの物質が生成・蓄積されていくようになります。

そのため、大腸ガンなどは胃腸に近い象徴ではなく、大腸から肛門にかけて発生する可能性が高くなっています。

そこで、ビフィズス菌を積極的に取り入れることで、腸内の酸性を高めていくことで悪玉菌の働きを抑えることができると言われています。

ビフィズス菌が分泌する酢酸が腸内の殺菌において重要な役割を担っていることについては、『森永ビフィズス菌研究所』の公式ホームページでも以下のように解説されています。

ビフィズス菌は乳酸や酢酸といった有機酸を生成し、悪玉菌の増殖を防いで腸内環境を整えさまざまな生理機能を発揮します。特にビフィズス菌が生成する酢酸には強い殺菌力があり、悪玉菌の繁殖を抑制すると考えられています。

出典:ビフィズス菌の働き | 森永ビフィズス菌研究所
引用元URL:http://bb536.jp/basic/basic04.html

 

『ファスコン整腸錠プラス』の注意すべき副作用

『ファスコン整腸錠プラス』には牛乳の成分が配合されているため、『牛乳アレルギー』がある方は服用を避けるようにしましょう。

『ファスコン整腸錠プラス』は主に乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌などによって構成されており、医薬品のような副作用を心配する必要はないと言われています。

しかしながら、『ファスコン整腸錠プラス』には牛乳の成分が配合されているため、

『牛乳アレルギー』がある方は服用を避けるようにして下さい。

副作用の症状としては、皮膚に痒みや発疹が出ることもありますし、腸に不調をきたして下痢や便秘になることもあります。

『ファスコン整腸錠プラスの≪口コミ&下痢便秘効果≫危険な副作用は?』の最後に

『ファスコン整腸錠プラス』は乳酸菌やビフィズス菌などが豊富に配合されており、整腸作用やガン予防などの効能を期待することができます。
会話

『ファスコン整腸錠プラス』は一般的に負担の軽い整腸剤と言われていますが、『牛乳アレルギー』のある方は皮膚や腸において副作用の症状が現れる場合があるため、服用を控えるようにして下さい。

『ファスコン整腸錠プラス』のような整腸作用が期待できるサプリメントや整腸剤には、『ザ・ガードコーワ整腸剤PC』や『善玉菌のチカラ』、そして『ガスピタンA』などの商品・サプリメントも販売されています。

それぞれについての詳しい情報については、内部リンク先のブログ記事を参照してみてください。