Screen Shot 2016-08-07 at 10.36.21

『ガスピタンA』が便秘解消に効果を発揮する仕組みや
副作用に関する生の口コミなども合わせてご紹介していきます。
会話

『ガスピタンA』は消泡剤の効果によって

胃腸に溜まっているガス溜まりを取り除くことで

お腹のハリを緩和させる効果が期待できると言われています。

また、『ガスピタンA』にはビフィズス菌や

フェカリス菌という乳酸菌も豊富に配合されており、

整腸作用によって便秘解消の効果もあると言われています。

 

腸内環境を整える上では、ビフィズス菌などの

善玉菌の成長・増殖を促進させることが大変重要です。

 

『ヘルスケア大学』の公式ホームページでも、

以下のように善玉菌を増やすことが便秘解消に効果的だと書かれています。

腸内に存在し、健康な体を保つために役立っている善玉菌。腸内には善玉菌のほかに、体に悪い影響を与える悪玉菌も存在しており、善玉菌よりも悪玉菌の方が多くなると、便秘やさまざまな病気が引き起こされます。腸内環境を整えて健康を保つために、善玉菌を増やすことが大切です。

出典:腸を健康にする善玉菌の増やし方 | ヘルスケア大学
引用元URL:http://www.skincare-univ.com/article/007469/

ただ、このブログ記事を

ご覧になられているということは、

 

『ガスピタンA』を実際に使った方々の

生の口コミや副作用について求められていると思います。

 

そこで、今回は『ガスピタンA』の

公式販売ページで掲載されている情報を元にしながら、

便秘解消の効果副作用の症状などについてご紹介していきます。

『ガスピタンA』の効能

『ガスピタンA』には胃腸内部に溜まってしまっているガスを解消することでお腹をすっきりさせる効果以外にもさまざまな効能が期待されています。
会話

『ガスピタンA』に配合されている

フェカリス菌などの善玉菌を継続的に摂取することによって、

腸内環境を根本的に整えていく効果が期待できます。

腸と脳は免疫系と自律神経を共有していて、

腸内環境と脳の働きには相互作用があると言われています。

 

そして、関係性のことは

『脳腸相関』と呼ばれています。

 

例えば、仕事や勉強などのストレスを感じていると

便秘がちになったりした経験があるのではないでしょうか。

 

『ガスピタンA』を服用することによって

期待できるさまざまな効能をまとめてみました。

<『ガスピタンA』で期待できる効果>
  • 胃腸内のガスを減少させてお腹のハリを緩和
  • 腸内環境を整えて便秘を解消
  • 『脳腸相関』による不安感やストレスの解消

それでは次に、『ファスコン整腸剤プラス』が

便秘を解消する効果の仕組みや副作用について解説していきます。

便秘解消効果の仕組み・副作用

『ガスピタンA』にはいくつかの善玉菌が配合されていて、
腸内環境が整えられることで便秘解消の効果があると言われています。
会話

『ガスピタンA』に配合されている

ビフィズス菌などの善玉菌が整腸作用に効果を発揮します。

 

腸内環境を整える上で善玉菌がどのように働くのか

それぞれ詳しくご紹介していこうと思います。

ビフィズス菌

『ビフィズス菌』は胃腸内で食物を発酵させながら
『酢酸』という殺菌作用のある物質を分泌していきます。

酢酸には殺菌作用があり、

腸内で悪玉菌が増殖することを防ぐ効果があります。

 

腸内に生息している悪玉菌が減少すれば、

対照的に善玉菌の活動が活発になることで整腸効果が期待できます。

 

そのため、ビフィズス菌を継続的に摂取することによって、

悪玉菌の成長・増殖を阻害して善玉菌を増やす

といった効果が期待できます。

 

ビフィズス菌が産出する酢酸の殺菌作用によって

悪玉菌が減少して腸内環境が整えられる効果については、

 

『森永 ビフィズス菌研究所』の

公式ホームページでも以下のように書かれています。

ビフィズス菌は乳酸や酢酸といった有機酸を生成し、悪玉菌の増殖を防いで腸内環境を整えさまざまな生理機能を発揮します。特にビフィズス菌が生成する酢酸には強い殺菌力があり、悪玉菌の繁殖を抑制すると考えられています。

出典:ビフィズス菌の働き | 森永 ビフィズス菌研究所
引用元URL:http://bb536.jp/basic/basic04.html

それでは続いて、『ガスピタンA』に配合されている

『フェカリス菌』という種類の乳酸菌の効果についてご紹介します。

フェカリス菌

乳酸菌にはさまざまな種類のものが存在しますが、
『フェカリス菌』は日本人の腸内環境と相性の良い乳酸菌として注目されています。

人の腸内には数多くの菌が生息しており、

人によって腸内細菌を構成している菌の種類や割合が異なります。

 

そのため、同じ種類の乳酸菌を同量摂取したとしても、

それによって得られる整腸作用の効果には個人差があります。

 

『腸内フローラ(腸内細菌叢)』について分からない方のために、

基本的な情報について簡単に解説しておきます。

 

『光英科学研究所』の公式ホームページでは、

以下のように『腸内フローラ(腸内細菌叢)』について書かれています。

私たちの腸内にはたくさんの細菌がすみついています。これら腸内にすんでいる細菌は、腸内細菌といい、その数は100種類以上、個数は約100兆個にもなります。

特に回腸(かいちょう/小腸の終わり)から大腸にかけては、これら多種多様な腸内細菌が種類ごとにまとまりをつくってびっしりと腸内に壁面を作って生息している状態です。

この様相は、まるで植物が種類ごとに集団を作って群れている花畑の様子ともたとえられ、「腸内フローラ」(腸内細菌叢/ちょうないさいきんそう)と呼ばれています。

出典:腸内フローラとは何か? | 光英科学研究所
引用元URL:http://www.koei-science.com/gut-flora.html

また、『腸内フローラ(腸内細菌叢)』と

相性の良い乳酸菌を摂取するためには、

 

何種類もの乳酸菌を実際に取り入れて

成長効果を検証しなければなりません。

 

しかし、『フェカリス菌』

もともと腸内に生息している乳酸菌ということで、

 

腸内フローラとの相性が良い可能性がとても高い

という風に言われています。

 

『腸内フローラ(腸内細菌叢)』を整えることの重要性についても

『光英科学研究所』の公式ホームページでも以下のように書かれています。

腸内細菌学の研究は、戦後に始まり、未だ途上ですが、がんや糖尿病、うつ病などの医療の分野から、お肌のコンディションなどの美容の分野まで、人々の生活に深くかかわってゆく分野として、今後ますます研究が進められています。

出典:腸内フローラとは何か? | 光英科学研究所
引用元URL:http://www.koei-science.com/gut-flora.html

副作用などの注意点

『ガスピタンA』には胃腸内に溜まってしまったガスを分解するために『消泡剤』が配合されていますが、体質によっては消泡剤が合わない場合もあると言われています。

『ガスピタンA』を服用する目的としては、

お腹のハリの原因となる胃腸内のガスを

分解するということがありますが、

 

この効能を発揮するために『消泡剤』という物質が

『ガスピタンA』には配合されています。

 

『消泡剤』が体質と相性が悪い場合には、

皮膚に痒みを感じたり、発疹が出てしまう

といった福証が生じると言われています。

 

こうした症状が出た場合には、

副作用の可能性があるため服用を止めて

病院で医師に服用に関して相談するようにしましょう。

 

また、『ガスピタンA』を服用する際には、

公式ページでも書かれているように、

水かぬるま湯で服用しましょう。

 

『ガスピタンA』に配合されている善玉菌は

基本的に熱に弱い性質があるため、

 

熱いお湯で服用してしまうと、錠剤に配合されている

ビフィズス菌や乳酸菌が死滅してしまう可能性があります。

 

『ガスピタンAの<口コミ&危険な副作用>
効かない人も?仕組みは?』の最後に

『ガスピタンA』を服用する目的は名称からも分かる通り、
胃腸に蓄積しているガズを分解することでお腹のハリを改善することですが、
配合されている善玉菌の働きによって整腸作用といった効果も期待できます。
会話

『ガスピタンA』を服用する際に注意すべき点としては、

『消泡剤』が体質に合わなければ直ちに服用を止めることです。

 

特に、皮膚に痒みが生じたり、

発疹が出てしまった場合は医師の判断を仰ぎましょう。

今回のブログ記事では、『ガスピタンA』の

便秘解消効果に関する口コミ、副作用の危険性などについてまとめました。

 

便秘薬には、対症療法的に便を柔らかくして排便を促すものや

腸内環境を整えて根本的に原因を解決するものがあります。

 

あなたの便秘の状況目的に合わせて、

最適な便秘薬を活用していくようにしましょう。

<参考サイト>

出典:腸を健康にする善玉菌の増やし方 | ヘルスケア大学
引用元URL:http://www.skincare-univ.com/article/007469/

出典:腸内フローラとは何か? | 光英科学研究所
引用元URL:http://www.koei-science.com/gut-flora.html

出典:ビフィズス菌の働き | 森永 ビフィズス菌研究所
引用元URL:http://bb536.jp/basic/basic04.html